カテゴリー別アーカイブ: クリケットクラブ・カナダ

羽生結弦選手が治療中の靭帯損傷はバレエダンサーも多い?

 

羽生結弦選手がお殿様役で登場する初出演の映画

「殿、利息でござる!」は、ついに今日から全国公開です!

 

封切初日の今日から映画館に訪れたファンは多いでしょう。

どこも満員御礼らしい情報がネットに流れますね~

もちろん映画公開なので、羽生結弦選手のファンに限らず

いろんな方々が映画館に足を運びます。

 

さらに、幅広い映画好きの方々による感想がみられ

ネットには好意的な感想ばかりなので嬉しいですね~♪

やっぱり改めて松竹って、大メジャーな映画会社だな~と。

しかも人情ものが得意なイメージ、ますます楽しみですね!

 

 

今日は朝から「殿、利息でござる!」関連の番組を

すでに、いくつか目にしました。

あと映画情報も、いつになくチャンネルが止まっちゃう。

 

だから王様のブランチもチェックしましたが

なんか今週に限ってロードショーが豊作な感じ!

佐藤健さん主演の「世界から猫が消えたなら」もおもしろそ~

今日の封切作品であれば、この2本が観たいかな~という感じ。

 

でも「殿、利息でござる!」がダントツ魅力的。

「世界から猫が消えたなら」はテレビ公開まで待てるし。

 

 

すっかり羽生結弦選手の情報でも

どうしても「殿、利息でござる!」関連に目移りしがちですが

昨日から女性自身が発信するネットニュースが流れるんですね~

 

昨日は夜に、ベッキー関連もあったし

まったく気づかずに先ほど目に留まったばかり。

 

なぜか自分は、てっきり12日にANAから

城田憲子監督の発表があると勝手に思い込んでたけど。

5月中旬っていつだろう?

 

まあ、今回は週刊誌情報なので

一応目を通しておけばいいやって感じですが。

 

 

まず羽生結弦選手の症状についておさらいすれば

リスフラン関節靭帯損傷のため、全治2ヶ月を発表されます。

 

もし週刊誌情報で参考になるところがあるとすれば

練習拠点カナダで、松葉杖を利用していたところかな~

目撃情報とされますが、そのまま言葉通りと思えないところも

ちょこちょこあるから信憑性は不明ですよ!

 

それに羽生結弦選手の状態は思いのほか重症とか

少々深刻な怪我であると、ネガティブな煽り表現が過剰すぎ!

そもそもリスフラン関節靭帯損傷について

最初にANAから発表された時点で、軽症ではないと伝わるのに。

 

しかも松葉杖を使うなら、保存療法が可能であろうという

むしろ安心材料になるくらいだけど。

 

 

先月26日も書きましたがギブスで固定して治療できれば

オペは回避できるから、その方がアスリートに好条件です。

もちろん羽生結弦選手にとって理想の治療法です。

羽生結弦選手アイスショーを予定せずにカナダで治療専念へ

 

そのことは週刊誌にも、お母様の意志としても書かれますが

今回の治療について最重要なポイントだと思うくらい!

 

もちろんANAから発表があれば一番確実な情報だから。

メディアは的を射たことを質問して、ごく基本的なことだけど

ちゃんと正確な内容を記事にしてほしい!

 

だいたいギブスよる保護は1ヶ月らしいので

ここは週刊誌情報でも、そんなに違ってない印象はありますね。

 

その上で現状は膝から上のストレッチと

上半身の筋肉を落とさないトレーニングと週刊誌は書くけど

専属トレーナーの指導でおこなうのは、すでにANAが伝えるし!

スポンサーリンク

 

ここからは28日に書いたけど、同じ症状の経験者になる

織田信成さんの意見の方が参考になる感じかな~

羽生結弦選手スケート靴を脱いで戦士の休息は治療に専念!

 

 

それから今回くしくも

たまたまネットで知った情報が心強いかも。

 

ベッキー情報から、真矢ミキさんは名前表記を改名したのを知り

そこから旦那様も改名したのを知りました!

真矢ミキさんの旦那様は、結婚当初は「西島千博」さん。

現在の表記は「西島数博」さんだそうです。

 

西島数博さんはバレエダンサーとして知られますが

その印象が強いのか、真矢ミキさんの旦那様を

宮尾俊太郎さんと勘違いする人がネットに多いみたい!

 

宮尾俊太郎さんは、熊川哲也さんのK-バレエカンパニー所属。

で、ずっと昔だけど宮尾俊太郎さんは

北川景子さんと噂があったといえば思い出しませんか?

それで宮尾俊太郎さんの名前に懐かしいな~と。

 

以前の記事に目を通したら、ちょうど稽古中に怪我をした内容で

それは左膝前十字靱帯損傷の治療についての記事でした。

 

 

それで思い浮かんだのですが、羽生結弦選手の靭帯損傷について

報じられてから、やたらネットに医療観点から書く内容が増え

なんとかアクセスを稼ぎたいのでしょうね!

 

そういう記事に限って普段フィギュアに興味があるわけでもなく

なんか~不自然なんですよ。

実際に医療現場で働くとか、医療関係のライターならまだしも。

まったく関係ないアクセス狙いの方が多いのでしょうね。

 

そうなると靭帯損傷となれば、野球選手のことが多くを占めて

どうも違和感がありますよ!

だいたいオッサンたちが書くみたいだから

野球選手のことしか知識がないのだろうけど。

 

しかも野球選手の靭帯損傷って、ほとんど腕の怪我になります。

そうなると説得力が違ってしまい興味を持てませんでした。

知識が浅い上に、受け売りの情報っぽいし~

 

 

しかし今回バレエダンサーによる靭帯損傷となれば

かなりフィギュアスケーターと近い原因や症状かも!

バレエダンサーも、靭帯損傷は職業病のようなところがあると。

 

また宮尾俊太郎さんにとって、師匠は熊川哲也さんになります。

だから宮尾俊太郎さんが羽生結弦選手なら

熊川哲也さんはブライアン・オーサーコーチに

置き換えられるのかな~と、見た目は全然違いますけど!

 

宮尾俊太郎さんが治療中のとき、熊川哲也さんに言われたのが

バレエダンサーはケガから逃れられないからと。

上手につきあっていくことをアドバイスされたみたいです。

 

ただ宮尾俊太郎さんは、手術したくらい重症みたいですが

その後はケガを克服した内容でした。

 

 

さらに熊川哲也さんとなれば

右膝前十字靱帯を断裂したことがあると!

 

思ったより高く跳んだことで着地に失敗。

全体重が乗る状態で膝をねじり、約1ヶ月後に手術となり

復帰について、当初は手術から6ヶ月とされたそうです。

 

当時バレエダンサーの大半は、バレエのレッスンはしても

基礎的な筋力トレーニングはしないのが普通だったらしいです。

そう考えると羽生結弦選手が

もしかして今回オペを避けられた理由につながるのかな~と。

 

バレエダンサーも靭帯損傷を故障しやすいというのは

とっても心理的に参考になるのでは?

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。