カテゴリー別アーカイブ: クリケットクラブ・カナダ

羽生結弦選手、一夜明けロングインタビュー夢の続きがはじまる!

 

羽生結弦選手は世界フィギュア選手権が終わり

一夜明けてから語るロングインタビューの映像が

夕べ「フィギュアスケートTV」により放送されました。

 

15-16シーズンはボストン開催の舞台です。

すでに幕を閉じ、1ヶ月以上の時間が流れるとは感慨深い!

 

世界フィギュアが終わりオフシーズンになってから

もう1度15-16シーズンをプログラムを通して

初戦からリピートしようと思うのに、まだできないまま。

 

なんとなくフリーFS「SEIMEI」であれば

NHK杯とグランプリファイナルなら、何度かリピートしたのに。

まだ他は世界フィギュアの悔しさを思い出しそうで

ずっと手つかずのままに、時間だけが流れます…

 

 

優勝したハビエル・フェルナンデス選手のFSは

素晴らしいからこそ、目にすると悔しさが込み上げ

でも、いつか何でもなくなり鑑賞できるんだろうな~

 

しかしハビ自身に対してなら、まったく悔しさはないし。

そもそも好きだから、嫌な感情が全然ないし。

やっぱり羽生結弦選手は親近感が湧くというのは

実際に交流をもつからこそ、なおさら当然だろうと感じます。

 

昨シーズンは世界フィギュアで同じような展開となり

ハビに抜かれてもFS「オペラ座の怪人」は

なぜか抵抗なく、リピートできたのにな~と。

 

おそらく予想するに四大陸フィギュアは

パトリック・チャン選手による会心の演技が予想以上の展開!

素晴らしいFSにより優勝したことで幕を閉じ

あのくらいから期待が、無意識に高まりすぎていたのかな?

 

どうしても根気強く待った分だけ

心理的に自然と、期待を引き換えにしてしまう。

 

 

そういう無言の膨大なプレッシャーをず~っと感じながら

羽生結弦選手は1試合ずつ挑むのだから

すべてが終わったら、放心状態になるのは当然のこと。

一夜明けただけ、その時間が流れたにすぎないのに。

 

いつもながらロングインタビューにしっかり答えて

その羽生結弦選手の姿だけでも感動してしまいますね!

さすがに、試合前にみせる強気な態度ではなく

終わったばかりの安堵と、結果に複雑さが入り混じるような。

 

なるべく繊細な脆さは人目に触れないようにするのだろうけど。

羽生結弦選手なりに、今シーズンは出し切った雰囲気があり

いつになく力ない口調に感じられ、切なさが胸に迫ります…

 

 

完ぺきさと緊張の質の違い、確かにインタビューのたびに

今シーズンは何度も羽生結弦選手が発した言葉だと実感します。

そしてインタビューの記事を

羽生結弦選手自身も読み返すことを知り、これは興味深い!

 

多分ファンブログの多くは、最新情報に徹して発信するので

ほぼコピペする人が大多数を占めるみたいだけど。

一応は自分なりに、なるべく記事を読み返しながら

毎回書くので、その代わり発信にスピード感はありませんが。

 

映像でインタビューに答えた言葉を再確認しながら

こういう心情だったのかと、改めて気づく発見があり

記事により言葉のまま読み返した方が、感じることは多いかも。

 

それと似たようなことを、羽生結弦選手自身もやっているとは!

スポンサーリンク

驚くような、当然だろうな~と納得するような。

 

 

どちらの気持ちも入り混じり、羽生結弦選手はそのときどきに

自らの発した、それぞれの言葉を確認しながら

改めて気持ちを整理するのだろうな~

 

ここはとっても理解できることで、その方が考えがまとまり

次に意識が向かいやすい理由になるのかな。

 

たまたま知ったのですが、記憶を定着させる方法として

なるべく経過しない短時間のうちにインプットとアウトプットを

繰り返すことをしておくといいそうですよ!

 

無意識ながらブログを書くようになり

羽生結弦選手についてなら、唯一やってるな~と。

もし羽生結弦選手も同じような行動に移すなら

すでに有効性の高い方法を、自ら取り入れているわけだ!

 

さすが現役の大学生だけあり、勉強法の秘訣を心得てますね~

それを積み重ねることで羽生結弦選手の意識の高さを築くなら

かなり広く、参考になるであろう方法に思うけど。

 

その代わり、あれってどこでの発言だっけ?と

思い出すことが多く、それを探し当てられないと

ず~っとモヤモヤしちゃいます。

 

確かに、そういうことは何度かありました!

だから自分なりに記憶が深く刻まれるのを実感します。

 

 

羽生結弦選手が語るに、今シーズンについて

完ぺきだと想えてしまったことが腹立たしく

また技術的な難易度についても理想的に評価され

記録として残せたことに達成感があり、満足してしまったと。

 

だからこそ、もっと上をめざす気持ちが必要だったとも!

あれだけの評価は、羽生結弦選手以外は誰もされてないのに。

それでも油断したり、気を抜けない現実って

過酷さのレベルがケタ違いだなとしみじみ~

 

さらに一夜明けた時点の羽生結弦選手はまだ力なく語り

夢の続きを追い求めることは、自分でしかできないと。

 

プログラムの完成度は表現を含めて

深めていくことができたり、極めることもできたり

その方向は多種多様に広げられる。

 

羽生結弦選手は自分が感じるままに、自分が何をしたいか

自分がどう演技をしたいのかを考えてやりたいと。

 

それに対して、周囲の期待が膨らむのが嬉しいと。

やっぱり世界フィギュアが終わる時点で、これを言えることは

たくましくもあり、いじらしくもあり

ひたむきで一途だからこそ、心に染み渡る言葉ですね…

 

 

最後に羽生結弦選手は、今月半ばを目安に

痛みがなくなるのを確認してから

練習を再開する予定だと最新情報がありました!

新しいプログラム作りも、これからスタートすると。

 

ただ、2022年の北京オリンピックのとき

もしかしたら滑るかもしれないという海外メディアへの

羽生結弦選手が発言する映像まで掘り起こされていましたが!

 

そこに周囲が期待しちゃうのは酷な気がして

いくらなんでも、あまりにも気が早過ぎるかな。

 

まずは来シーズンに向けて、着実な1歩になりそうですね~♪

羽生結弦選手の夢の続きが始めるのは、すぐそこに近づきます!

田中刑事選手の新プロ羽生結弦選手を意識する和風ジブリ衣装?

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。