カテゴリー別アーカイブ: ジョニー・ウィアー

羽生結弦選手×ネイサン平昌オリンピックからの進化と課題!

 

羽生結弦選手は、ケガにより欠場が発表されましたが

国別対抗戦に関連して

テレ朝系で「フィギュアスケート平成史」が放送されました。

 

さいたまワールドの翌日に国別は記者会見がおこなわれ

その日に、きっと収録されたのでしょうけど。

 

織田信成さんが不在なのはもともとでしょうかね。

この頃から、もう体調不良だったのでしょうか?

ちょっと気になってしまいましたが…

早く、体調が戻りますように!

 

羽生結弦選手は国別を欠場することで

どうしても番組では少なめの内容になってしまいますが

ソチオリンピックの金メダルは

夏冬の全競技を通じ、平成生まれが獲った初の金メダルだと!

平昌オリンピックでは冬季1000個目の金メダルだったり

羽生結弦選手のメダルは、いつも特別なことがあり

それだけオリンピックに愛される存在に感じちゃいます!

羽生結弦選手に勝利の女神が恋した平昌五輪の金メダル連覇!

 

 

それから昨日驚いたのはジョニー・ウィアーさんが

2022年をもって、スケートのパフォーマンスは

最後の年にすることを決めたことを明かしました。

 

前々から、スケーターとして終わりが近づくようなことを

SNSでも発言されていましたが

ホントに区切りをつける決心をしたみたいですね…

こちらご本人Twitter

このままアイスショーFaOIに出演が続いたとしても

ジョニーさん、あと4年のスケーター活動になるんですね。

いろいろ複雑な心境に陥りますが…

羽生結弦選手が継ぐ白鳥の美しさジョニー・ウィアーの言葉

 

 

そして昨日のブログに、ラヤ選手による

インスタストーリー動画について紹介しましたが

あの映像は直近のものではないみたいです。

コメント欄に、ワールド前とあったと教えていただきました。

だから羽生結弦選手が氷上練習に戻っている可能性は

もしかしたら低いかもしれませんね…

きっと今は、治療に専念しているでしょうけど。

こちらFSIgstoriesさんTwitter動画

 

そうなると昨日も触れましたが、新しい症状もあり

羽生結弦選手のケガの状態は

そこまで楽観視できる状態ではないのかも…

できれば充分に、現在のケガを治してほしい気がしてしまい

アイスショーFaOIについて

羽生結弦選手はどう判断するでしょうか?

 

もちろんケガが順調に、どんどん回復してくれることが

多くがもっとも願うことになりますけどね!

きっと羽生結弦選手本人が、一番ケガについて

もどかしい想いがあるでしょうから…

羽生結弦選手は右足首が不調なのにワールド枠取りの責任感!

 

 

それから昨日は、ネットで目に付いたことで

とっても興味深い内容がありました。

 

羽生結弦選手とネイサン・チェン選手の

さいたまワールドのフリーFSの点数は

平昌のFSの点数と、ほとんど同じだと!

参考にしましたPercyパーシィさんTwitter

さいたまワールド

ネイサン 216.02点 TES121.24/PCS94.78

羽生結弦 206.10点 TES110.26/PCS95.84

 

平昌

ネイサン 215.08点 TES127.64/PCS87.44

羽生結弦 206.17点 TES109.55/PCS96.62

 

ジャンプ構成

ネイサン

さいたま 4Lz、4F、4T、3A/4T+3T、3Lz+3T、3F+1Eu+3S

平昌 4Lz、4F+2T、4F/4T+3T、4T、4S、3A、3F+1Lo+3S

 

羽生結弦

さいたま 4Lo、4S、3Lo、4T/4T+3A+SEQ、3F+3T、3A+1Eu+3S

平昌 4S、4T、3F/4S+3T、4T+REP、3A+1Lo+3S、3Lo、3Lz

 

4回転ジャンプについて、さいたまは同じ4本ですが

平昌ではネイサンくん6本、羽生結弦選手が4本になります。

スポンサーリンク

さらにGOE総合計

ネイサンくんは平昌12.53点、さいたま26.85点 +14.32

羽生結弦選手は平昌16.99点、さいたま21.85点 +4.86

プロトコル 平昌オリンピック さいたまワールド

 

 

ルール変更があったので、一概に比較できませんが

ネイサンくんはだいぶGOEの加点がとれるようになり

効率よくトゥ系ジャンプでまとめることでも

得点が稼げたといえるのでしょうね~

この点差をみてしまうと

羽生結弦選手がトゥ系ジャンプを入れたくなるのが

さすがに、その心情は分かるような気がしちゃいますね!

 

むしろネイサンくんは、さいたまで4Sを外してることでも

エッジ系ジャンプを入れてないのが分かります。

しかも、さいたまのリンクの氷は番組で言ってましたが

エッジ系ジャンプには難しい状態だったらしく…

そういう複合的なところを含めた視点からも

ネイサンくんが今回は勝った理由に感じますね。

でもジャンプの入りや出については、見逃しされ過ぎでは?

羽生結弦選手は国別を欠場となり満身創痍で戦ったワールド!

 

 

ただ試合後に、羽生結弦選手はもっとジャンプを

綺麗に跳べるのがあったというくらいなので

ステップのレベル3といい

まだまだポテンシャルの部分では、のびしろがあります!

 

ネイサンくんは4Lzを2本にするとか考えられますが

羽生結弦選手の方が、ベースバリューを上げられる可能性が高く

ホントにケガさえ治ってハードな練習ができれば…

きっと、そういう歯がゆい思いをしているでしょうけど!

しかし、ついに手ごたえのある強い相手が現れたことでも

次に戦うのをワクワク楽しみにしながら

羽生結弦選手は最強になるプログラムについてカナダで

すでに考えを巡らせているはず!

羽生結弦選手に新たなモチベーションすでにカナダへ向かう!

 

 

日刊ゲンダイのフォトギャラリー こちら!

originのレイバックイナバウアー ふじつぼ5963さんTwitter動画

さらに腰が低くなってない? 楓さんTwitter動画

CBCの映像 海外ファンさんTwitter動画 ※要スクロール

CBCのインタビュー LaChikaさんTwitter ※要スクロール

CBCのクリケットクラブ特集 ミッツ☆さんTwitter

 

バンケットの続き 美雪さんTwitter ※要スクロール

プーあげる! ウーさんTwitter画像 Twitter

大きく頷ける意見の日本語訳 LaChikaさんTwitter

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。