カテゴリー別アーカイブ: ボーヤン・ジン

羽生結弦選手が四大陸に出る理由か?代表作を残せること!

 

週末は、カナダナショナルがおこなわれましたが

なんと男子は大逆転劇がありました!

 

カナダナショナルの男子フリー結果は

1位 ロマン・サドフスキー 260.57点

2位 ナム・グエン 243.51点

3位 キーガン・メッシング 241.79点

 

ショート92.61点により、首位で折り返したはずの

キーガン選手が3位という結果にビックリ~

その代わりに

ついにロマン・サドフスキー選手が首位に立ちましたね!

 

今シーズンのロマンくんは

フリーで逆転という展開がもう1つあり

NHK杯でも、同じパターンでしたね~!

カナダは、シーズン後半戦は

ロマンくんとナムくんが代表という結果になるのかも。

もうショートの段階ではキーガン選手になるかと

てっきり思い込んでましたが!

 

 

今週末はユーロと全米がおこなわれるので

フィギュア界としては

19-20シーズンの、1つの山場になるでしょうね~

しかも25日(土)には「スポーツお宝ライブラリー」や

オーストラリアのラジオでゲスト出演など

羽生結弦選手の動きもあることで、これは大忙しですね!

 

いよいよアメリカナショナルがおこなわれるので

四大陸や、ワールドの代表が選出されます。

もう今の段階から

ネイサン・チェン選手は銀河点が出るだろうと

各所で予想されてますね~

 

そのくらいアメリカのナショナルはいつも甘いので

女子であれば、アリサ・リウ選手が爆盛りになるのが

今から目に浮かびますよ…

そうやってネイサンくんとアリサちゃんを持ち上げておいて

しかし、肝心のアイスショーの客席はガラガラという…

もういい加減、ジャッジにより小細工するのを辞めてくれー!

羽生結弦選手を超えたい願望が全米ナショナルFS得点なのか?

 

 

まず羽生結弦選手は四大陸が待ち構えますが

ネイサンくんは気が変わらない限り、辞退するようなので

羽生結弦選手がダントツの優勝候補になります。

あと有力選手としては、すっかり中国のことを忘れてましたが

ボーヤン・ジン選手が出場予定なので

GPS中国杯のような演技ができれば

羽生結弦選手と直接対決が楽しみですね~

 

おそらく羽生結弦選手だけが、トータルスコア300点超えをして

2位以下を50点くらい突き放す結果になるような気がする!

実際の力は、そのくらいの差があると思うし。

NHK杯からファイナル、全日本と

羽生結弦選手はハードスケジュールをこなしたこともあり

最後の全日本で、充分な力を出し切れなかったことから

四大陸により、気持ちを切り替えるきっかけにしてほしいし!

羽生結弦選手FSしんどい激動の3連戦をケガなく乗り切った!

 

 

でも宇野昌磨選手が四大陸出場を辞退することを

正式発表より早めに、友野一希選手は

本人から知らされていたことを明かしています。

そうなると

羽生結弦選手も早めに知っていたんじゃないかな~?

その方が自然に感じますけどね。

 

つまり宇野昌磨選手がワールドまでに

できるだけ本調子を戻せるように

羽生結弦選手は、四大陸に出ることを決意したのでは?

 

羽生結弦選手が出ることで

しょーまくんは安心して四大陸を辞退できるように

先輩としても、配慮してあげたのでは?

スポンサーリンク

なんとなく今シーズン、いきなり四大陸に出ることになって

どうも不思議でしたが

でもそう考えると、辻褄が合うような気がします。

羽生結弦選手は人気の定番化!宇野昌磨選手による四大陸辞退

 

 

そして、昨日ネットで目についたのは

テレビで紹介されていた耳鼻科のお医者さんのこと。

最初サンタさんのコスプレで診察してみたら好評で

それからいろんな格好で診察するようになり大人気だと。

 

さかなクン、ふなっしー、ライオンキングなどのコスプレをして

そのなかに羽生結弦選手の「SEIMEI」があったり

スタッフと手作りしているそうです。

子どもたちが治療を嫌がらず

また来たい!と思えるように、工夫しているの伝わりました。

こちらしのぶんさんTwitter動画

 

 

映像では年配の患者さんを診られるときに

羽生結弦選手の「SEIMEI」の格好をしていたので

それなら日本中でわかるだろうという考えから

きっと、このチョイスになるのでしょうね~

 

だから、ごく一般的に考えると羽生結弦選手といえば

やっぱり平昌オリンピックの

「SEIMEI」になるのだと察せられます。

まあファンになれば、そうとは限らないかもしれませんが

例えば「Notte Stellata」や「Origin」だったり。

つまり羽生結弦選手は代表作として

たっくさんあることを意味すると思います。

 

そうなると他のスケーターだと、どうでしょう?

しいてあげるなら浅田真央さんのソチのフリーが挙がり

でも「SEIMEI」に並ぶというほどは

一般的なイメージになれば、もう薄れるような~

まあ、平昌とソチを並べてしまうと

どうしても記憶に新しい平昌の方がインパクトが強いだろうし

羽生結弦選手の「SEIMEI」の方が

ごく一般的になる理由の1つでしょうね!

 

 

そう考えると、スケーターにとって代表作とは

どうしても映像として繰り返し流されるオリンピックが

いかに重要になるのか分かります。

 

そしてスケーターとして、もし代表作を残せるとすれば

オリンピックに出ることが大切になるわけで

マイナースポーツとされるフィギュアスケートで

代表作を残せるというのは、いかに難しいことかと…

こういうこともすべて分かっていて

平昌入りするとき、勝ちにこだわった理由の1つとなり

羽生結弦選手はオリンピックに臨んでいたのでしょう!

羽生結弦選手オリンピックは勝ちにいく試合と狙いを定める!

 

 

2013年の全日本前インタ ふうせんさんTwitter動画

覚えた韓国語 みじゅさんTwitter動画

受け継ぐもの みやびさんTwitter動画

 

バレエダンサーについて訳 Iron KlausさんTwitter

猫ちゃんの気持ち! バーバ母さんTwitter

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。