カテゴリー別アーカイブ: ボーヤン・ジン

羽生結弦選手の世界フィギュア男子ボストンに散る日本の桜

 

羽生結弦選手について夕べのランキングは

今日になって詳細の記事がみられるので

もう1度注目しちゃいます。

 

もちろん17日の深夜フジテレビ系

「スポーツLIFE HERO’S」で流れた内容です。

 

結婚したらガッカリな独身スポーツ選手の続きですが

この記事は7月4日に発信されたみたいだけど

全然気づかなかった~

 

実際は「結婚したらガッカリしてしまう独身スポーツ選手」

について、独身女性206名を対象にアンケートしたみたい。

 

記事ではもう少しプラスアルファな内容があったので

一応、記録的に残しておこうと思います。

実際は5位まで発表されていました。

 

1位は羽生結弦選手 29.6%

2位が錦織圭選手 10.7%

3位が水泳の入江陵介選手 9.7%

4位が野球の大谷翔平選手 7.8%

5位がサッカーの香川真司選手 7.7%

羽生結弦 LIFE HERO’S

え~5位が香川真司選手なの!と、ちょっと驚いてしまった~

予想以上に香川真司選手が上位だったこと。

さらに、大谷翔平選手との僅差に驚き!

 

香川真司選手はテクニックは高いけど

どうもメンタル最弱のイメージだからな。

 

5位に香川真司選手が入って、しかも僅差なら

大谷翔平選手の方がもっと上になっていいんじゃないの~

と改めて思っちゃいましたよ。

 

 

そして当然ながら注目は

1位の羽生結弦選手は29.6%ってダントツ~

他は団子状態で1%か、2%の差とは微妙すぎる!

 

羽生結弦選手と、大谷翔平選手は若いからな。

まだ結婚にリアル感が薄い感じだし。

多くの女子が、まだまだ結婚しないで!

という視点からランキングまではよかったけどさ~

 

今年1月には、高校の同級生との結婚話が浮上したとか

余計なことをメディア記事なのに書き残しよって!

 

なんで羽生結弦選手は完全否定してるのに

しかも、人間不信に陥るほどなのに。

きっちり否定した!と書かないかな~

と、そこだけはイラッとさせられた内容でした。

 

 

さて、昨日の引き続きはイタリアンフォーラムも同様に

「ロシア人エキスパートによる男子上位選手の

フリープログラム難度分析」に関連して。

 

せっかくなので15-16シーズン集大成の舞台となる

世界フィギュア選手権について、自分なりに整理しようかなと。

探したら、自分でまとめた情報が残っていたので

今のうちに記録に残しておきたいし。

 

羽生結弦選手の集大成と、関連する選手についても

新シーズンを占うには参考になりそうなので。

 

 

15-16シーズン ボストンワールド

ショートSP3月30日/フリーFS4月1日

 

1位 ハビエル・フェルナンデス選手 スペイン 総合314.93点

SP 「マラゲーニャ」

SP2位/98.52点 TES53.06点、PCS46.46点、減点1.00点

ジャンプ構成4T+3T、4S、3A

 

FS 映画「野郎どもと女たち」より

FS1位/216.41点

技術点TES118.05点、演技構成点PCS98.36点

ジャンプ構成

4T、4S+3T、3A+2T、4S、3F+1Lo+3S、3A、3Lz、3Lo

※総合FSともにISUパーソナルベスト

 

 

2位 羽生結弦選手 総合295.17点

SP 「バラード第1番」

SP1位/110.56点 TES61.52点、PCS49.04点

ジャンプ構成4S、4T+3T、3A

 

FS 「SEIMEI」

FS2位/184.64点 TES93.59点、PCS92.02点、減点1.00点

ジャンプ構成4S、4T、3F、4S、3A+3T、3A+1Lo+2S、3Lo、3Lz

 

 

3位 ボーヤン・ジン選手 中国 総合270.99点

SP 「タンゴ・アモーレ」

SP5位/89.86点 TES52.08点、PCS37.78点

ジャンプ構成4Lz+3T、3A、4T

 

FS 映画「ヒックとドラゴン」より

FS3位/181.13点 TES104.99点、PCS76.14点

ジャンプ構成

4Lz、4S、3A+1Lo+3S、4T、4T+2T、3Lz+3T、3A、3F

 

 

4位 ミハイル・コリヤダ選手 ロシア 総合267.97点

SP 「Nightingale Tango」

SP6位/89.66点 TES51.06点、PCS38.60点

ジャンプ構成4T+3T、3A、3Lz

 

FS 映画「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」

サウンドトラックより

FS5位/178.31点 TES93.67点、PCS84.64点

ジャンプ構成

スポンサーリンク

4T、3A、3A+3T、3Lz、3Lo、3Lz+2T+2Lo、3S+2A、2A

※総合FSともにISUパーソナルベスト

 

 

5位 パトリック・チャン選手 カナダ 総合266.75点

SP 「マック・ザ・ナイフ」

SP3位/94.84点 TES48.63点、PCS47.21点、減点1.00点

ジャンプ構成4T+3T、3A、3Lz

 

FS ショパンメドレー

「スケルツォ第1番~前奏曲第4番~革命のエチュード」

FS8位/171.91点 TES79.31点、PCS92.60点

ジャンプ構成

3T、3A、4T+3T、1A+2T、3Lz+2T+2Lo、3Lo、3S、2F

 

 

6位 アダム・リッポン選手 アメリカ 総合264.44点

SP 「リヴ・フォーエヴァー」

SP7位/85.72点 TES43.96点、PCS41.76点

ジャンプ構成3F+3T、3A、3Lz

 

FS ビートルズメドレー

「ビコーズ~ゲット・バック~イエスタデイなど」

FS4位/178.72点 TES93.08点、PCS85.64点

ジャンプ構成

4Lz、3A+2T、3Lz、3A、3F+3T、3Lo、3Lz+2T+2Lo、3S

※FSはISUパーソナルベスト

 

 

7位 宇野昌磨選手「トゥーランドット」 総合264.25点

SP 「Legends」

SP4位/90.74点 TES47.17点、PCS43.57点

ジャンプ構成4T、3A、3F+2T

 

FS 「トゥーランドット」

FS6位/173.51点 TES87.93点、PCS86.58点、減点1.00点

ジャンプ構成4T、2A+1Lo+3F、3Lz、3Lo、3S、4T、3A、3A+3T

 

 

そして羽生結弦選手について

ロシア人エキスパートのフリープログラム

難度分析をみてみます。

羽生結弦 FS SEIMEI

改めてFS「SEIMEI」

FS2位/184.64点 TES93.59点、PCS92.02点、減点1.00点

ジャンプ構成4S、4T、3F、4S、3A+3T、3A+1Lo+2S、3Lo、3Lz

 

4Tの入り方は

ベスティ>シャッセ>Chotcaw>スリーターン

 

3Fは出も高難度 チェンジエッジ、カウンター、スリーターン

 

3A+3T のコンボを繋ぎ要素、両足のトランジション

2ステップ(スプレッドイーグル、ロッカ―、スリーターン

モホーク、シャッセ)を含む複雑な入り方から実施

 

3A+1Lo+3Sの入り方は

スプレッドイーグル>バウアー>スリーターン>スリーターン>

スリーターン>チェンジエッジ

 

※3A+1Lo+2Sについて、記事では3A+1Lo+3Sになってますが

一応プロトコルは2S。

 

 

ステップでは片足のトランジションと繋ぎ要素を使っている。

 

プログラムにおけるトランジションの難度は非常に優れ

ステーティング・トランジションから片足のトランジションと

その他の繋ぎ要素へつながっていく。

 

これらのトランジションは常に頭と身体の動き

方向転換を伴って実施されている。

 

各要素の間にトランジションを入れている。

身体の動きを使ったトランジションからのポーズ

両手を高く上げてスリーターンを2回

アウトサイドエッジでのベスティ、カウンター。

 

 

羽生結弦選手のフリープログラムのトランジションは

もっとも多彩である。

 

片足スケーティングによりトランジションの

スリーターンが多く、難しいターンとなるロッカー4回と

カウンター2回を駆使している。

 

最小限数のクロスオーバーしか入れず

多様性に富んだ様々な繋ぎ要素。

 

ベスティ2回、スプレッドイーグル2回、イナバウアー2回

ピボット、ループ、ハーフアクセルを伴うステップを

ふんだんに盛り込み、トランジションの多様性は非常に良い。

羽生結弦 FS SEIMEI ボストンワールド

技術レベルの知識として

全部は把握することは、まだ自分には難しいですが。

しかしトランジションだけで、これだけ多彩ですから。

 

これだけの多くのことを演技中の羽生結弦選手はやってのけると

改めて感覚的にも伝わることから、驚きがあります!

羽生結弦選手ジャンプの凄さと美しい流れを伝えて新シーズン!

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。