カテゴリー別アーカイブ: 宮原知子

羽生結弦選手による和プロ最高傑作SEIMEI燦然と輝く金字塔!

 

羽生結弦選手のクリケットクラブでの様子が

昨日は早朝から届き、注目が集まりましたね!

 

スペシャリストのアン・シェルターさんにより

エッジクラスを開催されたらしく

ブライアン・オーサーコーチからの発信になります。

 

やっとオーサーコーチも本拠地に戻るのか

いよいよ19-20シーズンが始まってますね!

 

羽生結弦選手は横顔になってしまいますが

元気に練習しているみたいで

ただネットによると、手にケガを負ってるかもしれないと…

大事に至らない負傷であることを願うしかありませんが

シーズン前の大切なときですから

どうか羽生結弦選手が集中できますように!

撮影の裏側? まゆさんTwitter画像 ※要スクロール

こちらオーサーコーチのInstagram画像

 

 

昨日はジェーニャこと、メドベデワ選手による

フリー「SAYURI」についても発信があり

振付は、シェイ=リーン・ボーンさんらしいので

今シーズンはデヴィッド・ウィルソン先生とは組まないみたい。

昨日ブログに書いたアヴェルブフさんのインタビューが

まるで予告編のよう、やはり注目を集める術を心得てますね~

まあ、そのアヴェルブフさんがショートで

シェイ先生がフリーということみたい。

 

でも動画でみると、音楽は確かに「SAYURI」だけど

無音にすると、まったく「SAYURI」っぽくなくて

やっぱり動きが和プロらしからぬような~

振付の影響もあるかもしれませんが、ただそれ以上に

ジェーニャはもともと日本人気質とはだいぶ違い

それが鮮明になった印象を与えます。

羽生結弦選手なぜかスキャンダルに巻き込まれる理由なのか?

 

 

ネットでは情熱的という評価が多くみられましたが

和プロにしては激しく、攻めてる感じがあり

日本女性を演じるわりには、しとやかさが無いような~

 

どうしても和プロ「SAYURI」となれば

平昌オリンピックで、宮原知子選手が演じたこともあり

そのイメージが強烈に残るので

あまりにもジェーニャの「SAYURI」は別物だった!

改めて、さっとんの「SAYURI」はイメージにぴったりで

もう少し時間を置いてから演じた方が、まだマシかもな~

 

まあ、オリンピック後の2年目は

チャレンジしやすいシーズンとされるからこそ

ジェーニャは選んだのかもしれませんけど。

こちらジェーニャのInstagram動画

 

 

こうやって外国人が和プロをやると

こんなにも、イメージと違った作品になるものかと…

 

ただ今シーズンは、日本女子も中東系のプロをやるので

やっぱり中東エリアからみると

そういう違和感を避けるのは難しいのでしょうかね?

そうなってしまうから、外国人が和プロをやるとなれば

そもそも違うものという意識で観ないと厳しいかもね~

 

そして、羽生結弦選手が「SEIMEI」をやったことで

和プロの最高傑作となる芸術作品とされるのが納得で

スポンサーリンク

今後もフィギュアスケートという枠だけでなく

ジャンルを問わず、あれ以上の作品は難しいのでは?

 

そう感じさせられるほど「SEIMEI」は

ルーツプロにおいても、傑出した作品だと思います。

だからこそ平昌オリンピックでも

羽生結弦選手は、金メダル2連覇にふさわしいと

世界が絶賛する演技として残り続けるのだろうし!

羽生結弦選手SEIMEI和のプログラムを極めた最高傑作の条件

 

 

おそらくジェーニャのことだから

オリンピック後2年目に羽生結弦選手が「SEIMEI」を発表し

シェイ先生の振付だったことでも

同じような路線で、新プロはそろえてきたのだろうけど。

 

しかし羽生結弦選手は、なぜシェイ先生を振付に選んだのか

「和のテイストに偏り過ぎないことを意識して

あえて振付をシェイ=リーン・ボーンさんに依頼した」

と、当時のインタビューで答えています。

つまり世界的な視点で、和のプログラムを描けたことが

「SEIMEI」の成功となる理由につながる気がします。

 

確かに「SEIMEI」には

日本を象徴するような振付などみられますが

それでも、最小限に抑えられる印象があります。

 

さらに従来の日本のイメージとされがちな振りとは

異なる和を取り入れたことでも

シェイ先生の振付は、斬新なものとして届きました。

そして日本人の魂が宿る羽生結弦選手が演じることで

より日本をストレートに描き出したことでも

ますます和を、鮮明に浮き彫りにした理由に通じるのでは?

羽生結弦選手の新SEIMEI百鬼夜行を手なずける陰陽師に憑依!

 

 

まだジェーニャのプロは一部分しか公開されませんが

シェイ先生が外国人に和プロを振り付けるとなれば

そこに「SEIMEI」のような

日本の雰囲気が、はたしてどれくらい残るのでしょう…

今のところ、そんな印象を与える内容として伝わり

いかに羽生結弦選手が和プロを演じたこと自体が

「SEIMEI」に息吹を吹き込むには

重要なことだったかと伝わる気がします。

 

もし今後、誰か日本人スケーターで和プロを選ぶとき

そこでも「SEIMEI」は別格扱いにしないと

羽生結弦選手が演じたイメージが残る意識で鑑賞してしまうと

芸術性など、物足りなさを感じるのではないでしょうか?

そのくらい羽生結弦選手による「SEIMEI」は

強烈なインパクトを与え、燦然と輝き続けるほど

和プロの金字塔をうちたてた作品という印象が残ります。

羽生結弦選手SEIMEI衣装は三代目!和風を追求するデザイン変更

 

 

羽生結弦の「会見力」 通訳使わず英語で応対、一瞬で「ゆづ色」

プル様と戦った唯一の試合! 桂花さんTwitter動画

「火の鳥」秘話 ジェニフさんTwitter画像 ※要スクロール

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。