カテゴリー別アーカイブ: 村上佳菜子

羽生結弦選手は言葉のマジックは要らない潔いアスリート!

 

羽生結弦選手のロシア入りはいよいよ近づきますが

18-19シーズンのグランプリシリーズ初戦のフィンランド大会は

ショートSPフリーFS、トータルですべて世界記録を更新し

いつもながら収穫の大きな大会でした。

 

またGPS第2戦のロステレ杯では、どんな挑戦がみられるのか

世界中が楽しみに待ち焦がれる時間に突入しても

まったく姿を現さないことが、ますます気分を高めてくれます!

 

どうしても初戦はFS後半、世界で初めて決めた

新大技4T+3Aの報道で占められましたが

できればSPの4Sは出来栄え点GOEがプラス4.30点とは

世界記録であることも、ちゃんと伝えて欲しかった!

 

ジャンプでGOEプラス4点台を出しているのは

今のところ、羽生結弦選手だけでは?

数多い記録保持者は、こういうところで見落とされがちなのが

とっても残念な傾向になってしまいますよね~

そういうところこそ、メディアは丁寧さを期待され

いつも羽生結弦選手について充分でない印象を

どうも与えてしまう理由になる気がしちゃいますけどね~

羽生結弦選手フィンランドSP頂点を極めた美しさは世界最高!

 

宮原知子選手のSPレイバックスピンについてGOE満点と

どちらもメディアが報じてない、残念なところです。

宇野昌磨×宮原知子SP男女とも接戦の日本ロシア対決NHK杯!

 

 

NHK杯は4位の結果となり、惜しくも表彰台を逃したことで

やや女子ではメディアの扱いが目立たない三原舞依選手ですが

それでも、とてもいい記事がありました。

こちら詳細記事

舞依ちゃんは10月上旬に

ウイルス性の風邪で体調を崩したこともあり

調整で出場した、2週間前の地方の大会でも

まだ不調なままだったことが明かされます。

 

さらにアスリートとしての成長についても

一歩ずつ前進しているのを感じさせる内容で

そのなかに、印象的な言葉がありました。

「どこから見られていても美しい姿勢だったり

どの瞬間を写真に撮られても

絵になるような選手にならないといけない」

 

これって、羽生結弦選手も子供の頃から

360度どの角度から見られても、美しい姿勢をを維持したい

みたいな言葉で語られた印象があります。

それが身につくことを、荒川静香さんから対談で明言されたり

羽生結弦選手はどこを切り取っても正しい姿勢を保つことで

例えプロカメラマンでないファンが撮っても、ビジュアルを含め

とっても美しい被写体でもありますよね~

 

 

フィギュアの選手はこういうことを考えてる人が多い気がして。

スポーツでありながら、美しさや芸術を意識することが

フィギュアスケートならではの競技性だと思います。

だからスポーツでも圧倒的に、女子に支持されるという

独特の文化が築かれた理由に感じます。

おそらく、それは日本に限らず

世界中のスケーターがそう考えているのでは?

 

それなのに写真は、カメラマンの意識によって

映りがいまいちと感じることがあり

プロなのに、ガッカリすることは正直あります。

その代表例が、平昌オリンピックの女子で

アリーナ・ザギトワ選手のことは

どうも念のため抑えで撮ったカメラマンが多いのでは?

という写真が目立つ印象は、今見ても悲しく感じます。

 

メドベデワ選手が金メダルだろうと予想するのか

そちらはピントがあっていたり、メインに撮影されがちで

さらに良いショットを、あえて選んで出してる印象が強く…

アスリートにとって、一生に一度あるかないかの晴れ舞台で

金メダリストなのにこの扱いがとっても悲しく

ザギトワちゃんに神経を払って撮ってなかったことを

プロなら、ずっと悔やんでほしいくらいです!

 

 

かつてソチ当時はそういう意識でみてなかったのですが

多分ソチは、それが日本男子でもおこなわれていたのでは?

と、つい疑りたくなる格差のある扱いを感じますけどね~

羽生結弦選手と同じく理不尽な不遇に遭うオリンピック女王!

もはやソチは記憶だけでなく、記録としても残っているのは

羽生結弦選手の金メダルだけになるでしょうから。

むしろ、他の男子は誰がいたのか

スケートファンでないと覚えてないくらいかも…

 

それなのにメディアとは、ちょっとした印象操作がつきまとい

それさえ吹き飛ばすには圧倒的な結果を残すしかなく

それを実力で見せつけることができるのは

まさに羽生結弦選手の偉大さの1つでもあると思います。

なぜ勝つことにこだわるのか…

羽生結弦選手はこの部分を、特に意識してないかもしれませんが

それでも時間が経過するほど記憶として刻まれる要因として

きっと影響力は絶大であろうと察せられます。

 

 

そして昨日、朝から「スッキリ!」に村上佳菜子ちゃんが出演し

宇野昌磨選手についてゲスト解説してましたが

フリップにでかでかと「色気」と出しているだけで

詳しく観る気が、すっかり失せましたが。

だからネットでも、またざわついてましたが

この「色気」問題は根深いものがありますね~

もし技術的な部分でフレーズにできるものがあれば

この場面で「色気」という言葉が出てくるでしょうかね?

 

やはり曖昧で、どうしても稚拙な表現に感じられてしまい

無理してでも誉め言葉を絞り出したような

そんなときに、いつも目にする印象があります。

佳菜子ちゃんのことは好きだけど

この言葉を使い始めると、それだけで信頼性が薄れるような~

解説者として、どうしても残念な言葉選びに感じてしまいます。

羽生結弦選手のことを伝える解説は競技への愛情を感じたい!

 

 

それと今回に限ったことではないのですが

宇野昌磨選手が登場すると、ざわつくことが多くなりましたが

その理由の1つになりそうなのが

「回りすぎる」という言葉のチョイスが引っかかります。

本田武史さんを中心に使われやすい表現になりますが

NHK杯では、やたら何度も耳にした印象があるわけで

ジャンプを回りすぎるんじゃなくて

ただ単に、コントロールができてないだけでは?

 

なんでコントロールできませんでした、じゃないの?

それとも、回ったことだけは伝えたいんだか

「回りすぎる」になるのでしょうか?

スポンサーリンク

でもさ、回りすぎるんなら頑張って5回転にすれば

っていう考えにもつながりませんか?

それだけ「回りすぎる」は潜在能力の高さを秘めるかのごとく

ちょっと言葉のマジックを感じるものが隠れているような~

 

ジャンプの上手い人は既定の回数を回って止められ

さらにそこから降りられるそうで、それが技術力じゃないの?

だから止める技術の方が難しいという説もありますよね~

今回のNHK杯でも回転不足をとられることがあったり

この「回りすぎる」には、なんとなく矛盾を感じるんですよね~

回る技術だけを強調させる言葉の選び方は

この場合、どうしても不適切に感じちゃいますけど。

 

 

ごく普通に使われるようになり、ついスルーしがちですが

よく考えると解説としても正確ではない気がするし。

コントロールができてない、その状態がどうなのかを伝えるのが

みんなが知りたい解説じゃないのかな?

「回りすぎる」と「回転を止められなかった」では

視聴者の印象がだいぶ違ってしまいませんか?

でも、ほとんどが後者だという印象があり

なんとなく腑に落ちない言葉に、ますます感じちゃいますけど。

 

これも色気と同様に解説者としてはよく使われがちなので

ひょっとして本人は、うまい言葉選びに思うのかもしれませんが

受け取る方としては違和感が強く、疑問がくすぶりますよね~

 

しかも解説者による印象操作という危険性をはらむので

そこまで意図的なものがないにせよ

まず正確に伝えてないことは、どうも腑に落ちない理由では?

こういう部分が、宇野昌磨選手の試合になると

テレビの解説で耳にする機会が多い気がして。

試合後に、どうもネットがざわついてしまう

その理由に考えられませんかね?

 

 

やたら色気もフィギュアでは使われがちですが

以前にも書きましたが、色気は媚びを売る意味も含みますから

そう指摘されると使いたくない言葉では?

それが競技の解説で使われること自体

やっぱり、そぐわない印象を与える理由ではないでしょうか?

羽生結弦選手に色気という手垢をつけたがる悪しき習癖とは!

 

きっと無意識に言葉選びをしてしまうのだろうけど

作為的でなくても「回りすぎる」といい

印象操作にもつながる危険性が高いわけで

そこのところを、もっと自覚して解説してもらわんと。

だからこそ羽生結弦選手が

「色気という言葉は大嫌い」と言い切る潔さは

本来であればアスリートとして

ごく自然な感情から発せられる主張ではないでしょうか?

 

そういう感情を、現役引退したら忘れてしまうことのないよう

解説も配慮のある言葉選びをしてくれることになれば

いちいちネットがざわつくことを避けられる気がしますけどね~

メディアも「回りすぎる」など、安易に便乗しないで

羽生結弦選手による4SのGOEプラス4.30点という世界記録とか

もっと、そちらを熱心に報じてほしいのにな!

羽生結弦選手は関与してないのに別世界を切り取るマジック!

 

 

織田信成×松岡修造ロステレ杯の番宣 ぴのさんTwitter動画

ロステレ杯15秒の番宣CM ぴのさんTwitter動画

メダルもってニコニコシーン! さかれいさんTwitter動画

2015スケートカナダのイーグルサンド3A くまさんTwitter動画

NHKどーもくんカメラなごなご ふじつぼ5963さんTwitter動画

NHK杯さっとんと懐かしの記念撮影 yuzuhiさんTwitter動画

羽生結弦NHK杯バンケット総集編で宮原知子をモデルに抜擢?

 

共同通信社フォトギャラリー 公式サイトこちら!

練習風景エッジ系ジャンプの確認 ハニー・ザ・プーさんTwitter動画

EX放送で流れなかったスライドショー yuzumi7さんGIF

ゆづリフトのスライドショー さきそさんGIF

NHK杯せつない思い出… 会長さんTwitter

フィギュア史上に残る名スケーター 事務課リーさんTwitter

 

本日のマサルちゃん~♪

マサルちゃん弟 naokoさんTwitter画像

マサルちゃん妹 naokoさんTwitter画像

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

 

18-19シーズンNHK杯関連のエピソード!

宇野昌磨×紀平梨花NHK杯の初優勝ファイナル進出者が続々!

羽生結弦選手ファイナル進出の最有力!決戦直前の最新予想は

悪しき習癖の色気問題の関連エピソード!

羽生結弦は別次元の現在メディアは高橋大輔セクシーのまま?

羽生結弦選手は芸術性の曖昧さを色気より明確な言葉で語る!

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。