カテゴリー別アーカイブ: 鈴木明子

紀平梨花選手×三原舞依選手の四大陸FSは大逆転劇の展開!

 

羽生結弦選手とゆかりの深い

野村萬斎さん主演映画「七つの会議」は封切られ

すでに1週間以上が経ちましたが

もちろん映画ランキングでは、見事1位を獲得します!

 

さらに、初日満足度ランキングでも1位を飾り

内容の良さを称賛する意見が目立ちます。

 

萬斎さん、ただでさえ東京2020オリンピックで忙しいのに

それを縫うように精力的にプロモーション活動をしたのが

すべて報われたような結果につながってよかったです!

これで萬斎さんは、オリンピックの開閉会式について

集中する時間を送れそうですよね~

羽生結弦選手がどう関係するのか、めっちゃ楽しみです!

羽生結弦選手ローレウス賞候補にノミネートと野村萬斎さん!

 

 

そして、リアルタイムでは昼におこなわれた

女子フリーFSの結果になります。

 

四大陸の女子FS結果

1位 紀平梨花 221.99点

FS153.14/SP68.85 TES82.74/PCS70.40

 

2位 エリザヴェート・トゥルシンバエワ 207.46点

FS139.37/SP68.09 TES75.97/PCS64.40 減点1.00

 

3位 三原舞依 207.12点

FS141.97/65.15 TES74.64/PCS67.33

 

4位 坂本花織 206.79点

FS133.43/PCS73.36 TES66.24/PCS67.19

 

5位 ブラディー・テネル 202.07点 アメリカ

6位 マライア・ベル 193.94点 アメリカ

女子FSの動画集フジの公式 blue cosmosさんTwitter

女子FSのプロトコル こちら!

 

 

なぜかフジテレビの地上波では韓国女子から放送され

韓国の新星として紹介されましたが

カナダ女子も同じグループにいたから流せばよかったのに!

まず、ショートSPで8位となる三原舞依選手に注目します。

 

滑らかなスケーティングを活かしたプログラムに

ふんわり舞い上がるようなジャンプが調和して

エッジワークは細やかでありながら、明確な滑りにより

会心の演技をみせてくれました!

ジャッジスコアでは冒頭ジャンプのコンボによる

セカンドに回転不足がつきましたが

あとは、すべてのジャンプが美しく決まりましたね~

舞依ちゃん天使! ごま油のつくねさんTwitter動画

 

スピンに1つ取りこぼしがありますが

他はレベル4をそろえ、後半のステップに入るところから

新しい展開になる感じが伝わることが工夫され

単調になりがちだった弱点を、ちゃんとカバーしましたね~

舞依ちゃんの大きなガッツポーズがでたことでも

滑りに満足なことが伝わり

そのまま結果にちゃんと結び付き、パーソナルベストを更新!

FSでは2位につけるという快挙を引き寄せました。

 

 

最終グループのトップを飾るのはツルちゃんでしたが

冒頭ジャンプで転倒してしまいますが

なんと、4Sに挑戦してきているー!

 

クリケットクラブ時代から

練習で4Sは成功しているのは知っていましたが

回転は足りるのに、惜しい結果に終わります。

しかし、このジャンプ以外は大きなミスもなく

次々決まり、内容的にいい感じでしたが

荒川静香さんいわく空中姿勢がよくなったと。

SPの得点差により、舞依ちゃんを上回る点数を叩き出します。

 

ツルちゃんは国際大会のチャンピオンシップでは

結果に、なかなか結び付きにくい印象でしたが

舞依ちゃんとはごく僅差ながら

これで上位に躍り出る可能性が高まります。

 

続くイム・ウンス選手は、ジャンプに精彩を欠く感じで

どうやらコンボに苦戦する結果でしたから

あまり点数が伸びずに総合7位に終わり

せっかくSP4位につけた好成績を活かせず!

イム・ウンス選手のFS「ロキシー」は

なんと振付が鈴木明子さんという説明があり驚きましたが

カッコいい系のプロにも挑戦し、新鮮ですね!

 

 

そして、いよいよ注目の紀平梨花選手の登場になり

冒頭ジャンプ3Aは見事に成功しますが

次のコンボは2A+3Tを選び

フランス大会と同じ展開になります。

紀平梨花×三原舞依FSワンツーGPファイナル進出者が決定!

『6分間練習が終わるまで決めていなかった。

終わった時に、やっぱり思った以上に試合のリンクに

慣れ切っていなかったので

トリプル(3回転)アクセル2本は難しいかなと感じた」と説明。

「無理することなく、安全にいい成績を残せるように考えて

1本と。6分間が終わった時に考えました」と語った。』

 

取材にそう答えているので、直前の判断だったと伝わります。

「SPがあまりいい演技ではなかったので

ミスは許されないと感じていて、いつもより集中できていた。

そこがすごくよかった」

参考にしました詳細記事こちら!

スポンサーリンク

さらにスピンステップは取りこぼしのないことでも

ノーミス演技により、高得点を叩き出したことと

3Lz+2Tのセカンドを3Tにしたことでも

この結果に結び付いたようですね~

 

 

紀平梨花選手が高得点により、トップに躍り出たことで

それ以降の滑走順となる選手はミスが許されなくなり

一気に緊迫感が高まりました。

次に登場のマライア・ベル選手はジャンプに精彩を欠き

転倒もありましたが、コンボに手こずるようで

さらにスピンに取りこぼしがあることでも

残念ながらキスクラで点数が伸びませんでした。

 

テネル選手もSPと打って変わり、FSはジャンプに苦戦し

こだわりのセカンドループが失敗に終わり

だいぶ回転不足をとられてしまうことでも

こうなると、なかなか点数は伸びない結果となります。

せっかく地元のアメリカ開催で

どちらもSPでは好位置をキープしたのに

それを活かせずに、これは地元ファンも残念な結果でしょうね~

 

 

これで優勝候補は、トップに躍り出る紀平梨花選手と

最終滑走の坂本花織選手に絞られたことになりましたね~

坂本花織選手は序盤はとても良かったのに

後半、2Aからの3連続ジャンプのところで抜けてしまい

1Aになってしまうところから

いきなり調子を落とした感じになってしまいます。

 

このところ安定感が目立っていたのに…

その後も、リカバリーしますが追いつかずに

FSだけだと4位につけることになってしまい

そのままトータルスコアに響きます。

キスクラで結果が分かるとき

舞依ちゃんが表彰台に残ることを中野コーチが気づき

最後の最後で、史上初の連覇を逃してしまい

花織ちゃんにはホロ苦い試合になってしまいましたね…

 

 

結果、SPでトップ3だった選手は全員順位を落としてしまい

上位につけた梨花ちゃんと舞依ちゃん

あとツルちゃんによる大逆転劇になり

またしても女子は、意外な展開の試合になりましたね~

だからFSしだいで

男子もどうなるのか、まだ分からない感じですね!

坂本花織2位と宇野昌磨SP表彰台は射程圏内の四大陸が開幕!

 

そして地上波の途中に、エアウィーヴCMが流れ

いきなりザギトワちゃんとマサルちゃんが登場して

思いがけずにテンションがあがってしまいましたが

そんな、ほのぼの場面に癒されましたよ!

 

 

10日(日)

男子FS 12:00~

14:04 第3G

14:27 友野一希

14:50 田中刑事

14:58 第4G

15:06 宇野昌磨

15:14 キーガン

15:22 ジェイソン

15:30 ヴィンセント

15:38 ジュンファン

15:46 ボーヤン

フジテレビ公式の男子SPノーカット配信 宙さんTwitter

11日(月・祝)

午前11時00分ごろエキシビション

ライストこちら!

 

 

美津代につきまして(追記あり)

羽生結弦選手が苦しい時こそ力になりたい美津代の応援が理想

Photo by David Carmichael

世界一受けたい授業! ぴのさんTwitter動画

クリケ3兄弟による至宝の4S! ふじつぼ5963さんTwitter動画

ステップのニュアンス違いとは ぱてぃこさんTwitter動画

プーをキレイキレイに整えて! 海外ファンさんGIF

 

仙台放送×能登さんコラボ四大陸! ひ~ちゃんさんTwitter画像

最終的には勝つことがあるある! 永遠のまっつんさんTwitter

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。