カテゴリー別アーカイブ: ソチオリンピック

羽生結弦選手オリンピックまでアスリートの時間の使い方とは

 

羽生結弦選手は練習拠点クリケットクラブのスケートリンクにて

氷上の練習風景により、順調に回復するのであろうと。

やっと実感することで、ますます新シーズンが楽しみです!

 

そんな矢先に、今日は朝からハビが手術をするとか、したとか。

いろいろな情報がネットで、ちらちら流れる感じ。

 

世界フィギュア選手権で足の不調だったことが関係するのかな?

メディアで情報発信が、何も見当たらない感じなので

なかなか詳細は分かりませんけどね。

 

でも手術は成功ということで、ひと安心ですが。

ただメスを入れたのか、やっぱりアスリートなので

さすがに、そこは心配になっちゃうけど。

ハビについて何かしらニュースが届くことを期待します。

 

 

そしてGPシリーズのアサインが、明日くらいに発表かな?

それとも時差の関係で、日本時間では

明後日の可能性も考えられそうですが!

 

いよいよアサインが発表されると

新しいシーズンが始まる気がするけど。

でも今週末は、アイスショーDreams on Ice が開催予定だし!

きっと新プログラムを初披露する選手が現れるだろうし。

 

やはり宮原知子選手と本郷理華選手をはじめ

無良崇人選手と田中刑事選手、山本草太選手あたりが楽しみ~♪

もちろんシニアデビューになる樋口新葉選手

それからジュニアの本田真凜選手も!

 

もしかしたら他のアイスショーで

すでに新プロは、お披露目が済む選手がいるみたいだけど。

 

 

そして羽生結弦選手の新プログラムとは

もっとも世界中から注目を浴びるだろうから楽しみですね!

 

注目度の高さは世界規模なので

どうしても大騒ぎになってしまいがちなので

それまで、じっと我慢我慢…

 

浅田真央選手の新プロはショートSP、フリーFSともに

「Ritual Danceリチュアル・ダンス」だから、これも楽しみ~♪

この浅田真央選手の選び方をみると、オリンピックシーズンまで

持ち越しの選曲になる可能性が高い感じですね!

 

そうなると平昌オリンピックは

タチアナ・タラソワ先生の振付じゃなくて

ローリー・ニコル先生になりそうな。

 

ん~でもオリンピックでは、できればFSで浅田真央選手により

タチアナ・タラソワ先生の振付が観たいんだけどな!

でも16-17シーズンは真央ちゃん、エキシビションナンバーまで

ローリー・ニコル先生の振付だもの。

 

バッハの「チェロスイート」って

どうも、甘~いお菓子が思い浮かんでしまう!

 

 

浅田真央選手は、26日に出演したフジテレビ系スポーツ番組

「LIFE HERO’S」での言葉が、すっごく印象に残る!

なぜかスポーツメディアの記事で、あまり注目しなかったけど。

 

それは「ロンドンオリンピックが終わってから

ソチまで、あっという間だったから。

もう、あまり時間が無い」っていう発言です。

 

そうなると、ますますSPとFSともに

「リチュアル・ダンス」にした意味が、よく分かるな~と。

 

振り返ると浅田真央選手は

まず10年バンクーバーと前年に「仮面舞踏会」の持ち越し。

そして14年ソチではSPに、過去プロから「ノクターン」だし。

 

さらに「仮面舞踏会」はタチアナ・タラソワ先生。

「ノクターン」はローリー・ニコル先生の振付。

 

 

羽生結弦選手もオリンピック前年から変則スタイル。

羽生結弦選手のSPは、まさにソチオリンピックへ

スポンサーリンク

ジェフリー・バトルさん振付「パリの散歩道」を持ち越し。

 

さらにFS「ロミオとジュリエット」は

こちらはすべて別バージョンだけど、テーマは同じだから。

別の視点により、異なるプログラムの描き方ができるし。

 

でも、そうなると羽生結弦選手の新プログラムはどちらか

まあ~SPの可能性が大きいけど

ジェフリー・バトルさんの振付じゃないかな~と。

どうも理想を含めて、つい期待しちゃいますが!

 

 

浅田真央選手による時間の使い方とは

きっと全スケーターが参考にしていると思うな。

それから、もう1つ平昌オリンピックまでの時間について

このところ男子サッカー日本代表選手の結婚報道が続きました。

 

だから男子サッカーの日本代表候補の選手にとって

もうロシアW杯は、それぞれのなかで

すでに始まっているんだろうと感じます。

 

そんな気がして、しかもロシアW杯とは

平昌オリンピックの年じゃないですか!

 

冬季オリンピックと、男子サッカーワールドカップは

必ず同じ年に重なるんですよね~

その年は毎回スポーツイヤーとされるくらい。

スポーツイベントや、その関係が充実します。

羽生結弦 新ロミジュリ衣装

だからフィギュアスケートの次に

男子サッカーの動向も、ついつい興味をもちますね~

まあ、もともと日本代表のサッカーが好きなんですけどね。

 

 

さらに長友佑都選手は会社を設立、その会見をおこないました。

長友佑都選手だとアモーレの方ばかり意識が向かいがちですが。

 

でも経済誌系のインタビューにも対応しているのを

仕事関係の資料で知り、驚いちゃいましたよ!

しかも長友佑都選手の答える内容がとっても参考になり

かなりクレバーだと伝わりますね。

 

ごく簡単に言うと、セカンドキャリアについて

ビジョンがしっかりしていて

すでに、それを形にした会社設立になります。

 

かなり本格的なビジネス参戦なので

だから経済誌が普通にインタビューしてたわけですけどね!

しかもファッション誌ならまだしも、経済誌なんぞ見ませんが

たまたまた仕事でも珍しく関係しただけですけどね。

 

 

でも、これって町田樹さんの引退時を思い出し

やはりセカンドキャリアを視野に入れることから

研究者の選択でしたから。

 

それを、さらに先回りするのが

もしかしたら長友佑都選手のビジネス展開かも!

もし機会があり、長友佑都選手のインタビューを目にしたら

読んでみると、アスリートの考え方が参考になると思います。

 

だから、まだまだ言葉にはしないだろうけど

羽生結弦選手も平昌オリンピック後のことまで考えて

すでに時間を使っているのでは、ないでしょうか?

それは多くが、きっと分かっているつもりだろうけど。

 

浅田真央選手をはじめ

男子サッカー日本代表選手たちの決断をみても

さらに、リアルな感覚が迫る感じがしました。

羽生結弦と浅田真央の新シーズン「LIFE HERO’S」25歳の恋愛観とは

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。