カテゴリー別アーカイブ: ハビエル・フェルナンデス

羽生結弦選手のFSTVインタ!トゥルソワの衝撃シニアデビュー

 

羽生結弦選手のインタビューが流れた

4日深夜「フィギュアスケートTV」は良質な内容でした。

初戦オータム・クラシックで優勝した直後の

インタビューだそうです。

 

まず羽生結弦選手は、4Tが2本とも

アンダーローテーションをとられるのがイタいですと。

4回転のLo、Sはしっかり決めるべきところと反省する様子。

 

ただ3Lzに、結構加点がついていたりだとか

予測できない入り方でやってるので

そういうところで評価されているのなら

やった甲斐があったかなと思います、と。

 

最高難度でクリーンに滑らなくちゃいけないというのが

一番に考えていること、それが何度も出てきます。

羽生結弦選手は今シーズンのテーマにすることのようで

「自分史上 最強の自分!」と書いていますね~

まったく無駄のない、濃縮された内容で

何度も観たくなるようなインタビューでした!

一部書き起こし snowさんTwitter

FSTVインタ! チャイティーさんTwitter動画

 

 

そしてジャパン・オープンにいく前に

終わったばかりの上海トロフィーについて少々。

 

女子は、エフゲニア・メドベデワ選手が優勝してますが

フリーの3Lzでエラーをとられていることで

かなり今回のテクニカルは公正な気がします。

今まで見逃されることが、あまりにも多すぎましたから。

しかしジャッジについて、出来栄え点GOEのつけ方が

まだまだ忠実じゃなく甘い印象はありますが

それでも今回は、まだ評価できる判定に感じます。

 

詳細こちらTwitter動画

女子フリーのプロトコル こちら!

女子の演技動画集 Sandra BisencoさんTwitter

 

 

さてジャパン・オープンは、関東ローカルだけかもしれませんが

地上波では、ゲストのステファン・ランビエール先生から始まり

織田信成さんの演技「トップ・ハット」を流してくれました。

昨年まで試合の方に出てたくらいですから

軽快な動きで、まだそのまま出場できそうなくらい。

スケートしているときは、いつもの明るい感じで

織田信成さんの演技がみられてホントに良かった~♪

 

他には、チームごとの登場シーンが流れたけど

ここは全国ネットでは放送されなかった気がする。

いつも登場シーンではオリジナリティあふれますが

ただ今回アングルのせいか、はっきり映ってない場面が多く

各チーム何を表現しているか、いまいち分からなかったし

ここにも織田信成さん不在は大きい気がした!

 

 

まず男子から始まり

トップバッターのデニス・ヴァシリエフス選手は

昨シーズンあまり奮いませんでしたが

今年フリーは現時点、わりとまとまっている印象でした。

続く、ヴィンセント・ジョウ選手は

またしてもジャンプの回転不足を結構とられていますね~

それに対して島田高志郎選手はPBだそうで

シニアデビューで健闘してますね!

 

男子後半トップバッターはハビエル・フェルナンデスさんですが

やっぱりハビは現役引退したんだな~と実感してしまい

もっと演技の流れとか、スムーズだった印象がありました。

それだけ実戦から離れたのを感じさせられ

でもハビの「セビリアの理髪師」懐かしかった~

もう5年くらい前のプログラムになりますね!

この衣装の印象が、すごく残っています。

 

 

そして注目のネイサン・チェン選手ですが

衣装は、このままの路線で行くんでしょうかね?

まだ幾何学模様っぽく色が入っていたけど

アメリカ男子のフリーは、どちらも北米スタイルでした!

 

でも流れでみると、一番ジャンプの調子が良さそうで

今シーズンもネイサンくんはライバルになるでしょうから

きっと羽生結弦選手がカナダで燃えている気がするー

最後のアクセルがパンクしちゃって1Aになっちゃいましたが

トリプルアクセルで、ネイサンくんが失敗するのも

かなり久しぶりな気がしますね~

待ってろ羽生結弦!全米フィギュア男子トリプルアクセルの謎

 

 

男子の最後を飾るのは宇野昌磨選手でしたが

第一印象で、だいぶガッチリした印象がありました。

パンツもやや余裕がある感じのデザインに見えたけど

ちょっと今までと路線の違う衣装の気がしました。

プログラムの難易度を落としたのは

そこまで調子が上がらなかったことを理由にしてましたが

しょーまくんはやっぱり

コーチをつけた方がいいんじゃないかな~?

 

オリンピックシーズンとか、安定感が特徴だった気がするのに

スポンサーリンク

だいぶ調子を落としている印象に映りました。

表現力も単調で、ちょっと一本調子の演技に感じちゃいました。

フィンランド杯までに

どのくらい調子は上がるか分かりませんが

できるだけ早くコーチをつけようよ!

男子のプロトコル こちら!

 

 

女子はアメリカの長洲未来さんから始まりましたが

まだ引退してないけど、現役も続けているのでしょうかね?

ブランクがあるのに頑張っている感じでした。

 

続く宮原知子選手は、衣装を変えてきましたね!

USインターナショナルでは

背中にダビデの星が入るデザインでしたが物議をかもし

それを変えたのは好判断のような気がします。

演技では、表現力豊かで秀でていましたが

今回もジャンプの回転不足をいくつか取られてしまい

それが点の伸びない理由になってしまい、やっぱもったいない!

 

そして登場したのが、ロシアの新星トゥルソワ選手になり

テレビ画面で初めて演技を観ましたが

これからドンドン演技構成点PCSが上がっていきそう!

もちろんシニアデビューで、まだまだ表現力は劣りますけど。

 

でも4回転ジャンプを次々と決めてしまい

4S、4Lz、4T+3T、4T+1Eu+3Sを跳んだことで

なんとスコア160.53点を叩き出しました!

男子のクワドジャンパーより、楽々と決めている感じで

技術点TESだけだと、トゥルソワ先輩97.51点!

ネイサンくんのTES98.67点に負けただけで

やっぱり女子なのでライバルは体型変化になりそう。

 

 

後半トップバッターは、アメリカのテネル選手で

7月中旬に右足の甲を骨折したとはビックリ!

だからオータム・クラシックを欠場したんですね。

 

2週間前に、ジャンプ練習を始めたばかりだとは

今回がんばって出場してくれたんですね…

次は紀平梨花選手ですが、4Sに挑戦か!

とメディアは煽る、煽る。

トゥルソワ先輩をみたら、これからますますそうなりそうで

そういうの止めてあげて~

 

昨シーズンより梨花ちゃんは、3Aを軽々と決める印象があり

この2試合観ただけでも確率が上がってますね!

スピンステップすべてレベル4でとりこぼしがなく

表現力も昨シーズンより上がってるし~

でもトゥルソワ先輩がノーミスしたら

今シーズンから、女子は誰も勝てなくなってしまうかも~

そのくらい鮮烈なシニアデビュー戦になりました!

羽生結弦選手のFaOIツアーにエテリ3人娘の旋風は影響する?

 

 

最後に登場したのは、女王アリーナ・ザギトワ選手!

というくらいザギトワちゃん「クレオパトラ」がなじみ

貫禄の演技という感じでしたね~

スコアは154.41点で、トゥルソワちゃんに太刀打ちできるのは

今回のジャパン・オープンではザギトワちゃんだけ!

 

しかも初めてフリー「クレオパトラ」をみましたが

黒とターコイズブルー、金色がテーマカラーという感じで

目元にストーンを着けたり、バングルが蛇っぽかったり

胸元の翼といい、めっちゃゴージャス!

全体的に大人っぽい衣装で

成長期を経て、ザギトワちゃんに似合ってましたね~♪

演技もエキゾチックな振付が多く

どんどん表現力が磨かれ、見ごたえのある内容でした。

 

ジャパン・オープンの最終結果は

1位ヨーロッパチーム、2位は日本、3位はアメリカでした。

女子のプロトコル こちら!

そしてジャパン・オープンを観ながら

やっぱり解説は、技の名前をいうだけじゃない

織田信成さんがいいな~と再確認しちゃいました!

織田信成氏すっかり渦中の人ジャパン・オープン前日の模様!

 

 

天使が天使にいたずら! M姐さんTwitter動画

プロトコルをみてる表情! ezzyさんTwitter画像

ちびゆづちゃんを思い出す表情! きばやんさんTwitter画像

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。