カテゴリー別アーカイブ: 季節の風物詩

羽生結弦選手パパラッチに仕事をさせない「見とけ、世界!」

 

羽生結弦選手は19-20シーズン初戦を終え

カナダとは時差が13時間あることで

昼夜逆転した生活から、やっと解放されました!

 

オータム・クラシックはチャレンジャーシリーズCSなので

グランプリシリーズ初戦のスケートカナダでは

もう少し観戦しやすい時間に開催されることを

ひたすら願うしかありませんけど。

 

ちょうど季節の変わり目になることでも

体調を崩さないように、乗り切りたい季節になりますね!

まだ暑かったり、油断すると肌寒かったり

なにかと温度調節が大変な時季になりましたね~

テレビで羽生結弦選手の試合を報じると

いよいよ、そういうシーズンがやってきたのかという感想が多く

すっかり羽生結弦選手は秋の訪れを伝える存在となり

風物詩として季語にも使われて、おかしくない感じです。

 

 

テレ朝では、羽生結弦選手のシーズン初戦ということもあり

昨日も「ワイドスクランブル」で

オータム・クラシックACのことをやってくれました。

 

ゲスト解説者に、佐野稔氏を迎え

その佐野稔氏によるとACの羽生結弦選手の出来栄えは

シーズン初戦にしては「抜群」だったと言ってくれてる~!

そうですね、ついシーズン初戦というのを忘れがちになり

そもそも羽生結弦選手はスロースターターで

毎シーズン、初戦の出来栄えはいまいちが普通かも。

改めて、そのことを思い出しました。

 

今回ACのジャッジには、ジャンプの回転不足をとられましたが

佐野稔さんは完ぺきだったと勝手に思ってます!

という発言で、なんとも頼もしく心強いこと。

あくまでもCSは調整が目的だから、ここで甘く採点される方が

本来の意味の調整や、課題がみつけにくいことにつながり

その方が今後には悪影響が及ぶかもしれないし!

羽生結弦選手の初めての告白は北京五輪を視野に入れる心模様

 

 

つい羽生結弦選手のように、本来であれば

なかなかジャンプで回転不足をとられない存在ですから

今回のジャッジに驚きが大きくなってしまいがちですけど。

ただ演技構成点PCSについても、何故こんなに点数が低いのかと

腑に落ちないことからインパクトは強く

それに関してネットに、とても参考になる意見がありました。

 

「ルール改定による重大エラーのPCS上限適応」だそうで

つまり冒頭ジャンプにより「ステップアウト2つが重大エラー」と

判断されたことで、この採点になるみたいですね~

参考にしましたちーこさんTwitter ※要スクロール

PCSは、すぐ上がる点数ではないけど

代わりに、今回のように急激に下がるということは

なかなか考えにくい点数という印象があります。

 

PCSについても、今回の採点はとっても不可解だったわけですが

それがやっとヒントらしいものを知ることができ

これは早めに知っておいて良かった気がします。

まあ、そういうすり合わせをする意味合いでも

初戦にCSで調整するわけですけどね。

このことからも、おそらく羽生結弦選手にとっても

今回ACのシブい点数により、収穫が多かったのでは?

 

 

そして羽生結弦選手は、試合後のメディア取材に対して

印象深い言葉がまだまだあります。

 

「まあ、修行僧みたいな感じ。

だからパパラッチの方とかが来ても

面白くないんだろうなと思う。

リンクに行って、練習して、帰ってきて、ご飯を食べて

スポンサーリンク

トレーニングして、お風呂に入って、寝る、みたいな。」

参考にしました詳細記事こちら!

この発言に対してなのか

「リンク以外の楽しみは?」という質問もありました。

 

「凄い悲しい人みたい(笑い)。

ファンタジー(・オン・アイス)の期間で

アーティストの方々と触れ合えた。

表現者として学べる機会ですし、刺激があって楽しかった。

今年は全然休養を取ってないが、スケートに集中している日々。

まあ、ゲームは楽しいですけど」

参考にしました詳細記事こちら!

ここでの発言からも

羽生結弦選手はオフシーズンに休むことなく

ファンを喜ばせるように

いろいろ時間を使ってくれたのでしょうね…

 

 

それでもアイスショーFaOIがあることで

アーティストの方々とのふれあいにより

羽生結弦選手にとって刺激が大きいことが伝わり

ちょっとホッとする言葉でもありますが。

 

「ワイドスクランブル」でも、修行僧に関連して

イチローさんが努力し続けられる天才であれば

羽生結弦選手もまさにそう、同じ天才であると。

常にモチベーションを持ち続けることができるのは

本当に非凡であると

コメンテーターの方が発言してくださりました。

羽生結弦選手イチロー現役引退により影響力が明かされる!

 

 

そして、もう1つ昨日になって目に付いた記事になります。

「幼い頃に描いた未来予想図は

平昌五輪で金メダル獲得後のプロ転向だったが

『環境が変わりすぎた』とも口にした。

『あまりにも、いろんな方々に支えられすぎている。

支えてくれている方々の期待に

応えられる演技をしたいという思いが強い』。

4回転半込みのパーフェクトパッケージで

恩返しをしたいという思いが強い。

今季のフリーは

『4回転5本でいけるようにしたい。

それのトレーニングも積んでいる』。

ルッツ再投入、クワッドアクセル成功へと夢は膨らむ。

『今は本当に(世界初となる)4回転半ジャンプをやるために

スケートをしてるなって思う。そのために生きている』

と語り、去り際に言った。

『本当にきれいなのを跳んでやるからな。見とけ、世界!』

一歩ずつ進んだその先に

94年ぶりの快挙があるかもしれない。

参考にしました詳細記事こちら!

 

 

自身の苦戦に驚いた羽生結弦。「ぜんぜん引退しないです」と明言

ワイドスクランブル ぴのさんTwitter動画 ※要スクロール

昼のニュースまとめ ぴのさんTwitter動画 ※要スクロール

インタビューまとめ ゆづマミさんTwitter動画

子供の目に映るもの! ウーさんTwitter

海外の解説 CocoさんTwitter① Twitter② Twitter③

オーサーコーチのインタ訳 LaChikaさんTwitter※要スクロール

 

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

19-20シーズンのACエピソード!

羽生結弦選手の中性的な魅力を生かしたオトナル新しい衣装!

羽生結弦選手は薔薇の精の彩りにより耽美を極めるFS新衣装!

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。