カテゴリー別アーカイブ: 季節の風物詩

羽生結弦選手FaOI金沢公演後インタビューは言行一致の極み!

 

羽生結弦選手によるアイスショーFantasy on Ice 2018は

2番目の開催地となる金沢公演の閉幕により

FaOIツアーの前半は、ここで終了したことになります。

 

金沢公演について、やっと落ち着いていろいろ見返してますが

やはり公演後の放送は一気に目を通したせいか

複雑な想いを追いやっても、心の片隅でくすぶります…

 

そんな最中、昨日は関東でも梅雨入りしたらしく

少ししたらFaOIツアーのアイスショーは後半が始まることで

人生で一番幸せな梅雨が

また羽生結弦選手に再び訪れることを、ひたすら願います!

 

金沢公演も羽生結弦選手自身が、最後はけるシーンを思い出すと

いつもの生声ご挨拶「ありがとうございましたー!」から

手を振って、幕の中に消える前に

プル様の「ニジンスキー」ポーズを決めてくれます。

ちょっとおどけて、大きな笑顔を見せて

てへぺろから、ぱっちりんこピースの明るい表情になり

きっと最後は笑顔の思い出を残したいように映り

ますます羽生結弦選手のいじらしさを感じますね~

 

さらに、羽生結弦選手の心を明るく照らしてくれるのは

やっぱりプル様に対してずーっと少年時代から強く抱いた

憧れ心であったと伝わるようで、胸が熱くなります…

 

 

そのプル様と共演することが叶い続けるだけでなく

今ではお互いを尊敬しあったり

金沢公演の記念撮影時のように、めっちゃ可愛がってくれて

羽生結弦選手を心から支えてくれる人物なんだな~

そんな存在と、羽生結弦選手はずっと交流する機会が続き

66年ぶりにオリンピック連覇という歴史的快挙を遂げようと

最年少で国民栄誉賞を贈られることになろうと

いつもプル様は変わらずに友好な関係を保ち続けてくれてます…

 

あとご家族はもちろんですが、コーチをはじめスタッフさんなど

身近な周囲に支えられることに感謝する想いが

羽生結弦選手はいつも心にあるんだな~と

実感するような、金沢公演のラストシーンでした。

だから金沢公演でも、運営スタッフさんはもちろんですが

アーティストさんたちにも羽生結弦選手はサポートされ

さらにハビや織田信成さんなど、心優しい仲間たちが寄り添い

いつも見守ってくれてるんだな!

 

そんなことを改めて考えさせられるような

いろんな想いがめぐるめく、今年のFaOI金沢公演でした!

だからFaOI金沢の千秋楽後の放送では最後に

そんな羽生結弦選手の心に秘める繊細な想いが

そのまま伝わるようなインタビューになります…

 

 

演技が終わって、どんな気持ちですか?

「身体の調子もちょっとずつ

このツアーを経ることにより、状態がよくなっていますし。

もちろん練習の足りなさとか

そういったことが露出してしまう部分がありますが

1つずつを楽しみながら、今日は今日の最高のコラボレーションを

自分の中でも最高のものにしようと

すごく一生懸命できたかなと思っています。」

 

 

今日、ちょっと振り付けも変わっていましたよね?

「そうですね、最後はもうケミストリーさんたちに

サプライズとして、ありがとうございましたという気持ちも込め

やっぱりアイスショーなので、どうしても僕が滑っているときは

僕にピンスポットがあたりますし。

やっぱりみなさんも、僕に集中して

観てくださっていると思いますけど。

 

ただ、僕一人ではできなかったプログラムだと痛感してますし

やはりアーティストの方々が一緒に作り上げてくれたおかげで

こうやって自分としても

気持ちがこもった演技ができたと思っているので。

 

そういった意味で最後は、ちょっとでもみなさんの目線が

ケミストリーさんたち、アーティストさんの方々たちに

目線がいくように、また拍手がいくように

自分自身も気持ちを込めて、最後あいさつをして締めました」

 

 

アイスショーのなかでも

ジャンプの練習をしてこれたと思いますが、手ごたえは?

「そうですね、まあ状態がよくなってきているのもありますが…

今までは一生懸命やって、ぎりぎりジャンプが跳べているって

状況だったのが、だんだん身体の状態も良くなってきて

ちょっとまたコントロールしないと回りすぎちゃったり

まあミスが出てくるようになっていて。

自分の中ではもっと分析して

もっといいジャンプを跳ばなくちゃ

となってきていると思います。

 

ただ、そういう意味ではジャンプのキレとか

上がり方とか、あとは軸のとり方とか

そういった面で1つ1つ状態は戻ってきつつあるし。

それにプラスアルファで、ショーという場で

いろんなことを経験させていただきながら

成長できてると思うので。

 

まあケガする前、オリンピック前以上に

強くなった自分になりたいなあと思いながら

このショーをやらさせてもらいます。」

 

 

この先どういう風に

シーズンに、つなげていきたいと思いますか?

「そうですね、やっぱり自分の演技の幅とか

自分の好きな動き、気持ちを込めやすい動きというのも

いろいろあったりとか。

あとはジャンプの入り方でも

まだまだいろんな工夫ができるところがあったり

降り方も工夫できるところがあったり。

またスピンに関しても、いろいろ試行錯誤中なので。

 

やっぱりオリンピックのとき以上に殻を破りつつ

まあ、ホントに薄い殻を少しずつかもしれませんけど。

また新たな自分として

今回のコラボ曲は翼ということもありますし。

しっかりとその翼を伸ばしきれるような自分になりたいなあと

思いながら、滑らせていただきました。」

 

 

最後の挨拶は、最近ではお客さんが先に言ってくれますが…

「おめでとーと言ってくださってて

国民栄誉賞ということで、受賞おめでとうということを

すごくみなさん言葉として投げかけてくれますし。

それにプラスアルファ、バナーとか

急遽、多分作ってくださったんだろうなと思うんですが

非常に多く見受けられましたし。

 

まず自分自身ほんとに、よりありがとうという感謝の気持ちが

一層強くなったなあという風に思いました。

ありがとうございました、お疲れさまでした!」

 

 

この健気な羽生結弦選手の想いを知り、安堵する気持ちと

意に反して、思いがけないアクシデントといえる事態に

巻き込まれてしまったわけですけど…

しかし羽生結弦選手は最後、できるだけアーティストさんたちに

脚光があたりお客さんの目線が向かうように

大きな声援が贈られることを、心から願い

ああやって行動に移したことは確かなようですね…

 

だからこそ、その流れを断ち切るような真似をされてしまい

羽生結弦選手の表情が曇った心情が察せられ

その真心の美しさに反するとは、せつないものがありますけど…

でもサプライズで、そうやって共演してくださった

アーティストさんができるだけ注目を浴びるように

そして大きな花を持たせようとする感謝の伝え方が

羽生結弦選手の可愛らしくも、魅力的な人間性ですね!

 

千秋楽公演の最後には、そうしよう!と

おそらく心に決めていたような明確な発言に感じられます。

羽生結弦選手の隠し切れない心の内かわいい表情が物語る!

 

 

そういう思いやり方も、きっと尊敬するプル様の言動から

羽生結弦選手は学んだことがあるのでは?

 

プル様って、いざ周回で羽生結弦選手から先頭にされちゃうと

めっちゃ謙虚に遠慮しちゃうところがあると思えば

それが、いきなり自分のソロ演技のときの自信満々ぶりと

まったく正反対というくらい、驚くほどに違いますよね~

スポンサーリンク

むしろ演技のときは、俺様をみろ!くらいな勢いで

視線を独占するようなパフォーマンスであれば大胆になり

確かに、その場を支配しちゃってますね!

嬉しそうな表情! BBI蒼☆さんTwitter動画

 

そういう圧倒的な存在感を放つと思う矢先に

周回で先頭にされると恥ずかしがるほどの極端さを持ち合わせ

主役になるばかりでない、その幅広いプル様の魅力を丸ごと

羽生結弦選手は強い憧れを抱く気がしちゃいますね!

そのプル様の意図や心情を、繊細な部分まで理解することで

羽生結弦選手は受け継ぐことができるのだと思います。

そこが真似や模倣だけとは違う印象を与え

もう自分の意志と組み合わせた独自のスタイルを確立しますね。

 

すでに、自主的にいろいろ発想の広がりを感じられるところは

羽生結弦選手ならではの確固たる考えが成立することで

どちらも共存する相乗効果へ結び付くことになった気がします。

 

 

そして、改めてインタビューを目にして再確認したのは

羽生結弦選手は本当の意味で「言行一致」な人であると。

この金沢公演のいろいろな出来事により

ますます、そう実感する気持ちが強まりました!

皮肉にも、あまりな「言行不一致」をみてしまい

なおさら、その印象を強めたわけですけど…

 

おそらく今回の核心的な出来事になりそうな一部始終が

放送されるか、まったく分からない状況だろうに。

羽生結弦選手として伝えたかったことだけは

インタビューで、ちゃんと発言している印象があります。

 

自分1人では成立しないプログラムだからこそ

一緒に作り上げてくれたアーティストさんに

感謝したい想いだけは、必ず伝えたかったのでしょう!

その羽生結弦選手のひたむきな想いは、いろんな形で広がり

まず共演してくださったアーティストさんたちに

いち視聴者ながら、改めて感謝したい想いが強まりますね~

 

 

そしてインタビューにより嬉しいことが読み取れるわけで

リハビリ中でも、だんだん身体の調子が上がってくることや

調子が少しずつ戻りつつあると明かされる言葉があります!

だから羽生結弦選手は、今回ジャンプの着氷時に

ステップアウトが多めだった理由が察せられますね!

 

まあ、羽生結弦選手に限らずですが。

アイスショー序盤ならジャンプのステップアウトは

どの選手も多めになりますよね~

あとジャンプで、身体が回り過ぎちゃうのはありがちですが

やっぱりコントロール不足が影響するんだ!

 

 

ここは、どうも宇野昌磨選手を思い出しちゃいましたが。

しょーまくんは調子がいいとジャンプで回りすぎる

その心配があるっていってたから

ある意味、近いものがあるのかもしれませんね。

 

それだけコントロール調整はスケーターにとって誰しも

微妙な感覚により、難しいってことかも~

出来栄え点GOEの高いジャンプを跳ぶとなれば

しょーまくんはなかなか安定しない印象がありますから

そこの部分が、おそらく今後は課題になる技術面でしょうね!

 

 

羽生結弦選手もまだ現時点であれば

コントロールが足りず、ミスが出やすい課題が残るわけですが

これから分析していくとのことで

そこが分析王だから、むしろ頼もしい言葉の気がしちゃいます。

しかも分析して、ジャンプをよくしていきたい!

と思えるところまで調子が戻っているということは

それだけ身体と共に、心理的に自信が出てきたって証拠では?

 

さらにスピンについても試行錯誤中とか

ジャンプの入りや出についても

羽生結弦選手なりのアイデアが膨らむようで

まだまだ進化は止まることはなく、むしろ無限大だー

それにケガをする前や、オリンピック前以上に

強くなった自分になりたいと言うあたり

もう本来の羽生結弦選手のメンタルにも近づきつつあるみたい!

 

きっと殻なんて、卵の薄皮程度にしか

羽生結弦選手は感じられないくらいに

バリバリと、次々に打ち破ってくれそうで

また来シーズンに向けて、ますます楽しみだ~♪

それからコラボプロで羽生結弦選手は翼を表現するような

背後に伸ばす腕が、すでに凛々しいほど力強く

金沢ではピーンと張り詰めるくらい伸びてましたよ!

羽生結弦選手FaOI前半は終了アイスショーツアー金沢の異変!

 

 

インタビュー 秀さかえさん動画 ※限定公開

金沢の詰め合わせ Lorando Muffinさん動画

 

国民栄誉賞関連ぴのさんTwitter動画集!

報道ランナー

弓弦羽神社・晴明神社

おはあさ

キャスト

ミヤネ屋、NHKお昼、ワイスクなど

every、Jチャン、Nスタなど

報ステ、NEWS7など ※報ステは発表直後の演技ノーカット

ZERO、ウォッチャー、NEWS23など

ブランチ、ズムサタ、めざど

サタステ、7days

サンデーLIVE、シューイチ、アッコにおまかせ

ジャンクsports、初耳学

ZIP!

ビビット

バイキング

ひるおび

※つべは限定公開なので、お早めに!

 

 

FaOI幕張2日目の詰め合わせ ぴのさんTwitter動画

お久しぶりです 織田信成さん最新ブログこちら!

※羽生結弦選手の画像あり

みんなの癒し、本日のマサルちゃん MILKさんTwitter画像

 

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

FaOI金沢の関連エピソード

羽生結弦選手の国民栄誉賞は桔梗の開花と共に正式決定発表!

羽生結弦選手は最年少の国民栄誉賞スワンの幸運が舞い込む!

羽生結弦選手FaOI金沢千秋楽でプー耳!スリーショットの疑問

羽生結弦選手クリケットクラブ所属選手で名前が出ないのは?

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。