カテゴリー別アーカイブ: 山本草太

羽生結弦が内村航平ら体操選手を研究したくなる共通点?

 

羽生結弦選手の練習風景について練習拠点カナダの

クリケットクラブから、昨日は早朝より

最新情報の発信が続いた模様。

 

ブライアン・オーサーコーチをはじめ

リンクメイトのラヤ選手など

立て続けに、動画をアップしてくれてました!

 

ラヤ選手のinstagramによると

Fun seminar today. Lots of expression

たくさんの表現について、今日は楽しいセミナー。

みたいな感じ、セミナーがあったから発信してくれたのかな?

 

羽生結弦選手はピラティスを続けるみたいだから

きっと体幹の安定性について、鍛えているのでしょうかね?

羽生結弦 クリケットクラブ練習着

しかしネットに気づいたのは、午後になってからでした。

今回は鮮明に羽生結弦選手と分かり

特にオーサーコーチの画像が好き~♪

羽生結弦選手ワイルドなくまのプー進化形アスリート男子!

 

 

なぜか羽生結弦選手は、片足の素肌が出てる~

なんで練習着をめくってるんだろう?

 

それに腕まくりも、してるんかな?

でも五分袖は個人的に、デザインとして大好き!

もし五分袖なら、このデザインはあり~

 

ファンの方によると、腰に巻くのは

クリケットクラブのジャージらしい。

羽生結弦 クリケットクラブ

このジャージが、今の羽生結弦選手のお気に入りなのかな~?

やっぱり羽生結弦選手はカッコいいな~と、再確認してしまう!

 

オリンピック初日から予想以上に観戦が楽しめました。

ただ筋肉の付き方など、羽生結弦選手のボディメイクは

改めて芸術的な美しさにより奇跡的な存在だな~と。

 

なかなか夏季オリンピックをみても美しさにおいて

敵うであろうアスリートとは、競技を超えて見当たりませんね~

理想のスタイル標準装備の美しさ羽生結弦選手に芸能人も注目?

 

 

まず初日は、体操と柔道の予選が重なるから

どちらを観戦するか迷いましたが。

 

でも深夜すぎに、柔道の決勝だから。

それさえ見逃さないようにすればいいわけで。

予選は体操でいいかもということに、我が家ではなりました~!

 

でも、その観戦の選択で良かったみたい。

体操を予選から全部の放送を観たの

もしかしたら初めてかもしれないけど。

予想以上に楽しめて、あっという間だった~

 

しかもフィギュアスケートと体操、共通点が多くないですか?

もちろん体操について、にわかですが。

着地が乱れないことは基本だし、ジャンプやひねりがあるし。

 

まず技をつなぎ合わせることで、得点を重ねるので

採点競技の特徴が似てないですか?

羽生結弦×内村航平 ビッグスポーツ賞

体操競技について普通レベルには、理解するつもりでしたが。

改めて注目すると男子の演技に共通点が多いし。

なぜ内村航平選手が日本のエースとされるのか、すっごく納得~

 

まず初日の体操は団体予選でした。

最初あん馬から始まりましたが

あん馬の最後に演技した内村航平選手を観てビックリ!

すごい、動きがしなやか~

スポンサーリンク

 

つまり羽生結弦選手に通じる要素を、少なからず感じられ

これは内村航平選手の演技は別格と

称賛されるのを納得するような。

 

あれれ、ロンドンオリンピックでも夢中になって

体操は観戦したつもりが、やっぱり決勝だけ流れを追うと

結果ありきで注目する心理だからかな~?

 

体操の演技をみているようで

そんなに、今までしっかり観てなかったかも~と反省!

 

 

あん馬、つり輪、平行棒、跳馬、鉄棒、ゆかの種目があり

団体予選は各種目4人が演技し

上位3人の得点合計で争う競技になります。

 

あと自然と、白井健三選手にも注目していますが

得意種目の跳馬とゆかに出て

すっごい勢いがある演技、やっぱりそれぞれに特徴がある!

羽生結弦×白井健三

だから体操競技をみていたら

フィギュアスケートの技術点TESの積み重ねで

得点を獲得するのが体操競技って感じがした!

 

それともフィギュアスケートから

演技構成点PCSを抜いた感じ、ともいえるような気がする~

 

 

しかも内村航平選手は技を重ねていくにしても

技と技のつなぎが自然に流れる感じだから、演技が綺麗だなと。

ここもフィギュアスケートにとって大切なポイントですよね?

まさにここも内村航平選手の演技は、羽生結弦選手っぽい!

 

もちろん、にわかの体操競技の感想に過ぎませんけどね。

だから年明けのビッグスポーツ賞で、羽生結弦選手と顔を合わせ

内村航平選手が質問攻めにされたのが

よく分かるような気がしました!

 

これだけ共通点があれば、つい競技として

羽生結弦選手が研究したくなるのかも。

羽生結弦 東京オリンピック

内村航平選手は羽生結弦選手から

「海外に行くと、床などの跳ね方が違うんですか?」

と質問されたそうです。

他にも体操のひねりとか、技術的なことをたくさん聞かれたと。

 

しかも体操選手にしか言っても分からない内容なのに

羽生結弦選手の研究熱心さに、驚いていました。

今になって当時の記事を読む方が

より羽生結弦選手に質問された内容について納得するような~

 

 

だから内村航平選手も、羽生結弦選手の演技に

刺激をもらっているとも答えてますね。

 

羽生結弦選手が昨シーズンに

2度も世界歴代最高得点を塗り替えてことについても

内村航平選手は、発言してます。

 

自分の演技の完成度を、毎回上げることだから

それは内村航平選手もやりたいことだと!

ビッグスポーツ賞の当時は

ぼんやりとした意識で記事を読んじゃったかも~

テレビ朝日ビッグスポーツ賞

それから団体予選の選手を、フィギュア選手に当てはめると

それぞれの特徴がわかりやすいかなと。

 

内村航平選手は、やはり羽生結弦選手。

加藤凌平選手は器用さがあり

トップバッターを任せられるタイプだから、宇野昌磨選手。

 

山室光史選手は職人っぽさがあり

見た目も男臭いので、無良崇人選手。

 

田中佑典選手は、今回ホームのブラジルの声援に

やや影響されてしまう感じなので。

肝心な全日本で、安定性に欠ける村上大介選手か

まだ未知数の田中刑事選手。

 

白井健三選手は唯一の10代選手で

オリンピック初出場だから、山本草太選手。

 

つい初日の体操競技をみてたら

こんな印象を連想しちゃいました!

羽生結弦選手オリンピック夏季競技への関心度カナダで観戦?

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。