カテゴリー別アーカイブ: 平昌オリンピック

羽生結弦選手が外国特派員協会の会見で世界に発信した日本

 

羽生結弦選手は平昌オリンピックにて2連覇の偉業を成し遂げ

帰国してから、金メダル報告を各所でおこなう模様は

2月27日の1日を通して、ずっと報じられるほどでした。

 

さらに後日、羽生結弦選手について

国民栄誉賞授与を最終調整することが明かされ

日本中の注目が集まりましたが、今のところ動きは伝わらず

やっと静けさを取り戻したかのような週明けになります。

 

だから改めて、見返してみたいものが多く

特に帰国直後は会見が続き、なかなか普段では

羽生結弦選手本人の言葉のままで伝わらないことが多く

ファンにとって、なおさら貴重な記録になりますよね~

そのなかでも、まず27日の最初におこなわれた

日本外国特派員協会による会見に焦点をあてます。

 

 

ただ羽生結弦選手が会見した当日や、その直後に

テレビで流れた内容に偏りがあるのが分かり

視聴者が観たい部分は、あまり放送されなかったという声が

かなりネットでも目立ちましたね~

Pyeongchang Olympic Figure Skating Men’s Single gold medalist Yuzuru Hanyu attends a news conference at the Foreign Correspondents’ Club of Japan in Tokyo, Japan February 27, 2018. REUTERS/Toru Hanai

 

さらに羽生結弦選手自身が、会見ごとに発信したいであろう

発言内容について、あまりにもテレビは汲み取ることをせず

肝心な発言こそ流さないのは、あえてそうするのでしょうか?

と思うくらい、視聴者が求める内容と食い違いが目立ちます。

 

こうやって、ほぼノーカットの会見をみてしまうと

発信メディアの都合のいいように切り取られることが

改めて、よ~く分かってしまいますけど。

その操作が発信したメディアにとって、ホントにいいことなのか

羽生結弦選手による会見から

今回は疑問が、さらに深まるほどですけど!

 

 

特に外国特派員協会の会見は、それが鮮明に現れるようで

もう1度ノーカットの映像をリピートすると

羽生結弦選手自身が、もっとも主張したいであろう発言が

ほぼテレビで流れてないに等しいのでは?

視聴者が観たいのは、羽生結弦選手が主張したいことであり

テレビ局が勝手に、ここに興味あるんでしょ!みたいな

ところは的外れな選択肢になると

むしろ実感する結果になってしまいます。

 

とはいえ、羽生結弦選手の映像でカットすべきところは

一か所もないくらいの充実した内容ですから。

その答えを入れつつも、そこは軽めでいいんじゃね?

 

ほぼ全局が、4回転半や5回転ジャンプの難しさを

一般的にも分かる例えで教えて欲しいという質問ばかり

熱心に流さなくても、いいような気がしちゃいますね~

もちろん羽生結弦選手の考え込む表情とは貴重な上に

めっちゃ可愛いので、流してほしいものであり

ひねり出した答えも、本人が思う以上に秀逸だけど

ごく軽~くで充分なのでは?

 

 

むしろ今回であれば、高難度ジャンプの難しさが

羽生結弦選手の言葉でも伝わりやすい部分がありました。

ただ一般視聴者向けには

どうしても難しいと、判断されてしまうのでしょうか?

「前向きで降りることはフィギアスケートのルール上

ステップだとかスピンとか、そういうこと以外ありえないので

絶対に後ろ向きで降りなくてはいけません。

なので、アクセルジャンプは前側から跳んで半回転多い

ということになってしまうんですね。

だから一概にクワドルプル、4回転といっても

4回転『半』回らなくてはいけないので

普通のジャンプよりも難しいんです」

 

「もっと具体的に技術的な説明をすると

後ろ向きで跳ぶジャンプというのは

手を横に回しながらジャンプできるので

回転をすごくかけやすいんですね。

アクセルジャンプというのは、手を後ろにもっていって

そのまま前に出さなくてはいけないので

遠心力をすごくかけづらいんです。

その上で4回転『半』回らなければいけないので難しいんです」

吉川彗さんTwitter動画 参考にしました詳細記事こちら!

 

 

でもそれ以上に、羽生結弦選手自身が伝えたかったのは

前半に司会のイギリス人記者が音楽の質問として

次のプログラムに使いたい楽曲は?という内容から始まります。

 

しかし次のプログラムについて、まだ考えてないので

今回オリンピックで使用した曲について触れたいと

あえて羽生結弦選手から言葉にする内容になり

そこからフリーFS「SEIMEI」のことを語ります。

「これまでの歴史を考えると、アジア人がフィギュアスケートで

勝つということがほとんどなかった。

ヨーロッパで発展し、日本に渡ってきて

実際にヨーロッパと日本では歴史も、長さも違う。

表現や美しさ(を競う)というスポーツにおいて

アジア人は圧倒的に不利だと思われてきました」

 

「そういった中で、日本の音楽を基調とした曲で

金メダルを取ることができたのは

非常に歴史的なことだと思いますし

自分の国の音楽だったり、独特な文化を持つ曲であったり

そういったものが増えていくきっかけになればなと思います」

参考にしました詳細記事こちら!

 

 

ここから、さらに会見当日にも書き残しましたが

羽生結弦選手は表現力について、今までにない明確な言葉により

正しく、高い技術があってこそ芸術性に結びつくことを発言し

フィギュアスケートの表現力について解明してくれます。

その言葉から、なぜ羽生結弦選手が美しいジャンプを跳ぶのか

その理由までも伝わる発言になりますよね~

 

この羽生結弦選手の主張に、他のジャンルの芸術家の方々から

ネットに共感の反響がみられるほどなのに。

それをテレビを中心としたメディアが、あまり伝えてないことが

一番残念な報じ方という印象を与えてしまいます。

これは何かを習うような子供たちにも必要なほど

とっても意味がある、大切な言葉なのに!

羽生結弦選手パーフェクトパッケージ芸術と技術力の関係とは

 

 

また、FS「SEIMEI」によって

金メダルを獲れたことの意味の大きさを伝えた上で

なぜ、羽生結弦選手が「SEIMEI」を選曲したのか

その意図さえ読み取れる内容に感じます。

しかも、それを外国特派員協会の会見で

あえて羽生結弦選手が発言をしたことを考えると

世界に向けて伝えたいであろう、象徴的な想いでは?

日本を愛する気持ちが秘められる選曲であったと!

 

いかに難しい挑戦により、オリンピック2連覇を果たしたか

ますます歴史的な偉業であると思い知らされる気分になり

やはり国民栄誉賞授与を検討されるなら

羽生結弦選手ほど、最適な存在は他にいないのでは?

この外国特派員協会の次に、日本記者クラブの会見が続き

つまり外国人記者クラブという表現もあります。

どちらも、また違う内容をメインにして

それぞれに最適な言葉により、羽生結弦選手は発言しています。

 

 

さらに会見では、験を担ぐ行為について質問されたとき

羽生結弦選手による答えになります。

 

「ただ絶対に気をつけていることは

これは日本人だからかもしれませんけれども

(遠征先などのホテルで)掃除をされる前から

ベッドのシーツであったり、枕であったり

スポンサーリンク

そういったものは綺麗にしてから出る。

また荷物の整理だとか、そういったものもしっかり綺麗にして

心残りがない状態で試合に行くようにしています」

この部分を、ちょうどリアルタイムで流す情報番組を

目にしましたが、出演者が驚くのはもちろんですが

武士道に通じる意識の高さだと感心してました!

 

 

ここは、他のアスリートであっても

羽生結弦選手ほど徹底している意見は、なかなか聞けないので

特に影響力の大きいテレビで会見のどこの部分を選んで流すか

とっても重要であると、ちゃんと認識していたのかと疑問!

これら放送により、流れているだけでも

国民栄誉賞授与について報道されたときに

どうしても賛否が出てしまうのは世の常だとしても

否の主張について、印象が違う視聴者は多いでしょうね~

 

だから今回、外国特派員協会の会見についての報道は

テレビを中心にメディアのミスリードのような印象を受け

安易に、報道までがウケ狙いに走る実情が残念です…

Figure skater Yuzuru Hanyu, who won the men’s figure skating gold for Japan at the 2018 PyeongChang Winter Olympic Games, speaks during a news conference at the Foreign Correspondents’ Club of Japan on February 27, 2018, Tokyo, Japan. The hugely popular double Olympic champion returned from PyeongChang yesterday along with his Olympic teammates. Hanyu had suffered an injury 4 months prior to the Games which prevented him from training and competing but returned to become the first men’s figure skater to defend an Olympic gold in 66 years. (Photo by Rodrigo Reyes Marin/AFLO)

それとは関係なく、羽生結弦選手が国民栄誉賞授与について

検討されるに、ふさわしい人物であるということを

羽生結弦選手本人の言葉で語られる映像をみるほどに

ますます納得してしまいます。

 

ただ、すんなり今回の受賞が進むのか

あとは羽生結弦選手の心のタイミング次第でしょうから。

そこから導かれる答えであればどうであれ

それを、支持する気持ちしかありません! わふさんTwitter

羽生結弦選手の国民栄誉賞テレビの腑に落ちない報じ方とは

 

 

号外スクープ狙います! ぴのさんTwitter動画① 動画②

予告 norakuroさんTwitter動画

アップ① ゆづマミさんTwitter動画

アップ② スケ垢のM姐さんTwitter動画

アップ③ 柚香さんTwitter動画

ボッテガのヘリンボーンのコート blue cosmosさんTwitter画像

さっそく記事に① 詳細記事こちら!

さっそく記事に② 詳細記事こちら!

蜷川実花さんinstagramこちら LINEブログこちら

羽生結弦選手AERA表紙は絶妙なタイミングで蜷川実花の耽美

 

外国特派員協会の会見ノーカット映像 THE PAGE動画こちら!

※前半、一か所音声が途切れるところがありますが

少し待つと復活しますので。

 

 

成功の遺伝史 ぴのさんTwitter動画

萬斎さん対談 ぴのさんTwitter動画

Going! ぴのさんTwitter動画

応援メッセージ JOC公式Twitter動画

応援メッセージ みさchinaさんTwitter動画

プリンス3Aハイキック! maimaiさんTwitter動画

 

ソチでバブ飲み! スケ垢のM姐さんTwitter動画

ぴょん! ももさんTwitter動画

かわいいジュニア時代 あ~るさんTwitter動画

かわいいロミジュリ時代 miyokoさんTwitter動画

羽生結弦の金に感謝 福島原発事故の語り部遠藤さん

 

 

閉会式で男子と なっしゅさんTwitter画像

ランビエール先生と! ランチママさんTwitter画像

しぇーめーMACへ! もんじろさんTwitter画像

なんとなくスホラン! まっつんさんTwitter画像

スホランの休日 オリンピック公式Twitter画像

羽生結弦選手チャンピオン連覇かわいすぎる五輪セレモニー!

 

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

FS「SEIMEI」代表的なエピソード

羽生結弦選手は勝負曲を温存SEIMEI和風へこだわり、見たか世界!

羽生結弦選手の新SEIMEI百鬼夜行を手なずける陰陽師に憑依!

羽生結弦選手SEIMEIしゃなりステップは安倍晴明マジカルステップ?

三原舞依選手フリーPCS課題に羽生結弦選手SEIMEIがヒント?

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。