カテゴリー別アーカイブ: 映画

羽生結弦選手の映画サプライズ共演に俳優陣が明かす秘話!

 

羽生結弦選手が映画に出演するとは

さすがに情報解禁前は、まったく予想をしませんでした!

 

しかも時代劇とは、かなり意外性が高い出来事なので

「殿、利息でござる!」に初出演することは話題となり

羽生結弦選手が演じるのは、仙台藩7代目藩主の伊達重村公。

 

仙台のKHB東日本放送により

開局40周年記念の映画ということからダメもとのつもりで

原作本と脚本をもって、羽生結弦選手のお父様を訪ね

まず出演交渉をしたそうです。

 

仙台藩の実話ということで原作の「無私の日本人」と脚本を読み

羽生結弦選手は故郷のために役立つならと

父親とも相談して、オファーを快諾したということでした!

 

 

まさか、こんなことになっているとは

映画出演者は予想せず、共演者にもタイトルになる殿役を

誰がやるのか知らせなかったと様々なところで語られました。

 

だから撮影当日まで伊達重村公役を羽生結弦選手がやるとは

まったく出演者は知らず、リハーサルで初めて目にした場面は

映画告知にメイキング映像のサプライズシーンとして流れます。

 

おそらく仙台藩が舞台になるので

宮城出身者がキャスティングされるだろうと。

 

そこまでは出演者同士で予想したらしく

それでサンドウィッチマンの伊達みきおさんが

最有力候補に落ち着いたということでした!

 

それが、まさかの羽生結弦選手の登場とは

さすがにサプライズとなりますよね~

 

 

共演した主演の阿部サダヲさん、瑛太さんなど出席した

28日開催の直前トークイベントは各メディアに報じられました。

 

瑛太さんは、羽生結弦選手がサプライズで登場したことに

素の驚きと嬉しさのあまりに

リハーサルは自分たちの方が、ちゃんと演じられてないと。

 

さらに羽生結弦選手のことを瑛太さんは

「本当にキラキラ光っていました。美しくてびっくりしました」

 

主演の阿部サダヲさんもイベントで

「あの方が出てきて本当にビックリした。

やっぱり見ちゃいますよね。綺麗でした」

 

「表情も美しかったし、役者さんという感じですごく自然で。

本当にニヤニヤしちゃった。いいなあ、羽生くん!」

 

 

さらに阿部サダヲさんによると、驚きのあまりに

羽生結弦選手の顔をジロジロみてしまい

殿だから頭が高いことになってしまうので

所作の先生に、あんまり見ちゃダメと注意されちゃったみたい。

 

アスリートらしく、演技についても

ドンドン上手くなりたいという気持ちが

阿部サダヲさんにも伝わるほど、という発言がありました。

 

頂点を極めた人は何をやってもできると、お褒めの言葉!

だから天才肌であろうと例えてくれてますね~

 

また原作者の磯田道史さんは、羽生結弦選手が撮影当日に

楽しそうにしていたとトークイベントで話してましたね。

普段はスケート選手なんで、好きなものも我慢するだろうけど

好きなものをお食べになってと。

 

 

あと阿部サダヲさんいわくNGを出すと

「もう1回やらしてください、もう1回やらしてくださいって

何回やっても平気だったしね。プロだよね」と。

 

ここくらいまではメディア報道により目につきました。

どれも報じられたことばかりですが

一応ひと通りの流れを、まとめてみました。

 

さらに阿部サダヲさんは主役なので

ずっと映画のプロモーション活動で、メディア露出が続きます。

スポンサーリンク

 

だからラジオや関西方面のテレビ出演があり

そちらでも羽生結弦選手について

新たに、語られたこともありましたね~

 

 

阿部サダヲさんはスケートの練習について

どのくらいするのかと質問したところ

羽生結弦選手は練習を止められなくなるので

時間を区切らないと、いつまでも続けてしまうそうです。

 

しかし練習も調整しないとケガにつながりやすいので

1時間半とか、2時間とか決めて練習すると。

 

それから羽生結弦選手は気さくで出演者に混じって

普通にロケ弁を食べ、しっかり全部を食べきったみたい。

これは原作者の磯田道史さんの言葉とも重なる感じですね!

 

 

あと自分としては、おもしろいと思ったのが

阿部サダヲさんが語るきたろうさんの話題です。

 

まず関西ローカルのテレビ番組の内容になり

きたろうさんは自分の知らないことがあれば

多分ネットだと思いますが、調べ物をするのが好きらしいと。

 

きたろうさんは現場のムードメーカーらしく

羽生結弦選手の出演時でも盛り上げ役のエピソードが笑えた!

 

さっそくトリプルトゥーループやトリプルアクセルの意味を

きたろうさんは調べたらしく、それを羽生結弦選手の前でも

出演者に意味を教えていたそうですから。

 

さらに、きたろうさんは羽生結弦選手に技の意味を

たくさん聞いていたらしく、かなり興味があるみたいですね!

 

あと羽生結弦選手は挨拶が上手だと、出演者がみんな感心し

きたろうさんに、あんな風にしなくちゃ!と言われたそうです。

そう阿部サダヲさんが語るのを映像で観た気がしたけど。

 

最後のきたろうさんに言われた内容だけあやふや~

そこは1回限りのチェック、探したのに映像が見つからず残念!

 

 

そして今朝のズムサタに出演した中村義洋監督は

若手俳優に、羽生結弦選手の姿勢を見せてやりたいと!

監督がOKしても撮り直しを求めて、本来はダメだけど

ちゃんと演技プランを考えてきたのが伝わると。

 

監督も言ってましたが、ちゃんと台詞を身体に染み込ませ

それをやった上で、どのくらいのテンションでいくか

やりたいところが自分なりにあったみたいだと。

 

監督は、初めて相手役の俳優さんがいるところで演じたときに

自分の思っていたのと違う感覚があったのだろうと。

羽生結弦選手は1度やってみれば

ちゃんと考えてきたのが伝わるそうです。

 

羽生結弦選手は映画の演技は初めての経験なのに。

プログラム作りと同様に世界観を思い描いたり

映画作品にも、明確なイメージ作りができていたってことかも!

 

 

だから妻夫木聡さんをはじめ、プロの俳優さんに

役者でもやっていけるんじゃないかと発言があり

そう思わせるところが、羽生結弦選手から伝わるんだろうな~

 

それが頂点を極めた人として、演技者として

羽生結弦選手の凄味に感じさせるほどの魅力なのでしょうね!

羽生結弦選手「殿、利息でござる!」映画メイキングは決定的瞬間?

 

きたろうさんと羽生結弦選手のエピソード

羽生結弦選手「殿の春風」大吟醸よりスイーツ王子のそよ風!

羽生結弦選手「重村である」痛快時代劇ハマリ役と高評価!

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。