カテゴリー別アーカイブ: 羽生結弦

羽生結弦選手FaOIボイスメッセージが響く神戸のアイスリンク

 

羽生結弦選手の出演が叶わなかったアイスショー

Fantasy on Ice 2016 in KOBEは、2日目を終えました。

 

そして今日はFaOIアイスショーの模様が

BS朝日で放送される予定でした。

ただ、羽生結弦選手による肉声のメッセージが流れるのか…

それは放送されるまで、誰にも分からないことでした。

 

その結果BS朝日は、やるなテレ朝!

さすがファンの気持ちを汲んだ放送をしてくれました。

映像により、羽生結弦選手のボイスメッセージが観られると

まったく気持ちが違ったものになりますね~

 

実際に神戸の会場へ、足を運んだファンの方も

放送を観て、羽生結弦選手の声を現地で聴いたときより

メッセージの言葉が聞き取れたという意見がありました。

 

 

あと初日の会場で、最初メッセージを聴いたとき

羽生結弦選手は元気がない印象という感想もみられましたが

少しでも気持ち的な覚悟があって聴くと

放送は、また違って届いた気がします。

 

もし羽生結弦選手のボイスメッセージが流れると知らないまま

いきなり耳にしたら、少し力の無い声に届いたという

その心理は分かる気がしました。

 

いつもに比べると、やや声にハリのない印象はありますが

もしかしたら録音状況による影響も考慮できる範囲かな~と。

 

おそらく羽生結弦選手のことだから

フリー「SEIMEI」の冒頭に、息の音を吹き込んだように

自分で録音して、メッセージ音源を送る可能性が考えられそう。

 

だから羽生結弦選手のボイスメッセージを聴くことが

一番安心する理由になるのかも!

 

 

FaOIの後半ツアーについて出場は叶わなかったけど

これまでの羽生結弦選手を振り返ると

欠場に納得する想いは、心のどこかに覚悟としてあります。

 

もちろんボストンワールドの結果など理由になりますが

それだけでなく、多くのことから思い返すことができます。

分かりやすいのは羽生結弦選手が初出演した

映画「殿、利息でござる!」のオファーのこと。

 

主演の阿部サダヲさんをはじめ、そうそうたるメンバーにより

ベテラン俳優からも、あれだけ台詞がキッチリ入って

完ぺきに準備が整えられていたことに称賛がありました。

 

さらに、中村義洋監督の言葉は分かりやすいと思いました。

ちゃんと事前に考えてきたのが伝わると。

 

台詞を身体に染み込ませた上で

羽生結弦選手はやりたい演技プランを自分になりにイメージして

現場にやってきている、という趣旨の発言がありました。

 

だから羽生結弦選手の姿勢を、若手俳優に見せてやりたいと

中村義洋監督にいわしめるほどの凄さが伝わります。

羽生結弦選手の映画サプライズ共演に俳優陣が明かす秘話!

 

 

また身近なスケーター仲間が、羽生結弦選手はアイスショーでも

練習からまったく力を抜かないというくらい。

 

これら様々な場面を振り返っても、かなり準備に確信がないと

スポンサーリンク

そもそもオファーを受けないタイプに映ります。

しかも自分自身で判断して、最終的に決めて取り組むのが

これも映画出演に関してなら分かりやすいと思います。

 

あと紅白歌合戦の出場についても、その場で100%楽しめるように

ちゃんと気持ち的にも整えて参加する印象でした。

本業ではない紅白の舞台で、ゲスト審査員という立場であろうと

手を抜かないのが羽生結弦選手だと、改めて実感しましたから!

 

だから紅白歌合戦は、どの場面も楽しむのが伝わり

慣れない場所なのに、どのシーンであろうと

羽生結弦選手が魅力的に映る理由に感じました。

 

 

もともと羽生結弦選手が基準とするレベルとは

準備段階であろうと、すべてにおいて水準値が高いことも

おそらく今回の欠場に何かしら影響するような。

 

最初に、FaOI神戸の現地レポから印象に残るのは

羽生結弦選手のボイスメッセージを知り、まず怪我の回復に努め

なかなか思うように回復できずが、ポイントなのかな~と。

 

さらにDOI2012でも、アイスショーこそ上手く滑れないと

申し訳ない想いが強くて、裏で泣いていたというし。

そうなると少しでも不安要素があれば

なかなか気持ちにゴーサインが出せないような。

 

そこで妥協しない選択をするのは、もっとも難しい気がします。

ただただアイスショーに出場すればいい!っていうのは

羽生結弦選手のなかでは、きっと違うんじゃないのかな?

羽生結弦選手DOI2012まだ殿でも王子でもない庶民のハロラブ?

 

 

もちろん競技に関して、体調の影響を考えるのは当然だけど。

無理してアイスショーに出場し不安を残すのは避けるだろうし。

 

もしリンクで練習ができる状態まで戻ってきていても

それでは羽生結弦選手がアイスショーに出る条件を

まだ満たしてないのでは?

 

それが、思うように回復できないという言葉になるのなら

とっても納得する気がします。

 

 

あとボストンワールドが終了してから、平昌オリンピックまでは

1年ごとのシーズンという区切りでなく

2年が区切りと、考える必要があるでしょうから。

 

ほんの小さな違いに思えても、2年単位で考えると

ますます羽生結弦選手の選択が分かりやすい気がします。

序盤でつまずくと、あまりにも先が長いので

取り戻すことの方がもっと難しくなるだろうと。

 

しかも2年単位で考えた方が、羽生結弦選手を待つにも

心にゆとりのような幅が広がる気はします。

 

 

それにしてもバンド系のロックが好きなので

実のところ川畑要さんのCHEMISTRYって、よく知らなかった!

でも「You Go Your Way」は、さすがにサビを聴いて分かった~

 

あの楽曲の感じで滑れば

きっと羽生結弦選手の演技は、さぞかし素敵でしょうね!

羽生結弦選手FaOI神戸にメッセージ再び、キティちゃんの謎?

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。