カテゴリー別アーカイブ: 18-19シーズン

坂本花織選手FS初制覇を果たす平成最後の全日本女王の逆転!

 

一夜明けて全日本とロシアナショナルの波紋が広がり

まず、そちらから注目します。

 

アリーナ・ザギトワ選手の不調を取り上げる

メディアが多いですけど

どうやらケガの影響があったとみられます。

 

心配ですが、ザギトワちゃんも早く完治しますように!

参考にしましたゆらさんTwitter

 

それからユーロについて

ザギトワちゃんとコンスタティノワ選手は内定が決まり

残り1枠は、協議会で決定するということです。

 

おそらくロシアナショナルで上位順になる

サモドゥロワ選手、メドベデワ選手、リーザ様から

残り1枠は決まるとみる意見が目立ちますね~

それに今回のロシアナショナルの結果が

そのまま来シーズンを予告するような試合結果になったのでは?

ジュニア勢の上位がみんなシニアデビューしますが

来シーズンから、かなりロシアの勢力図が変わりそうですね~

 

 

そして昨日は、もう1つ気になったことは

ブライアン・オーサーコーチのインタビューにより

夏頃の出来事のようですが

羽生結弦選手がこの先について語る内容が注目を集めます。

いろんな方が訳されていますが

だいたい「あと1年スケートをやりたい」と訳されていますが

ただ原文をみると、1年ごと気持ちを確かめていく

という意味にもとれるそうです。

 

なので今シーズン限りとはなかなか受け止められませんが

期待も込めて、まだ結論は羽生結弦選手のなかで

出てない気がして、そう理解しようと思います。

参考にしましたうさぎぱんさんTwitter

でもロステレ杯でFS「Origin」を決めたくて

ビールマンスピンも練習してたとか健気、胸に響きますね~

参考にしました、いずれも要スクロール

LaChikaさんTwitter ミッツ☆さんTwitter

 

それに羽生結弦選手は、時流に乗らずに

自分で波を作り出そうとしているという部分にも

期待を持てそうな言葉に感じますよね!

とりあえず今は、とにかく右足首のケガを完治させることに

羽生結弦選手が専念していることだけは事実なので

そこを信じて、待ち続けたいと思います。

羽生結弦選手が全日本欠場で代表入り異論はソチ当時の影響?

 

 

ロシアナショナルに続き、全日本の女子も大波乱ありで

フリーFSの結果になります。

 

全日本の女子FS結果

1位 坂本花織 228.01点

FS152.36/SP75.65 TES79.11/PCS73.25

 

2位 紀平梨花 223.76点

FS155.01/SP68.75 TES82.95/PCS72.06

 

3位 宮原知子 223.34点

FS146.58/SP76.76 TES71.49/PCS75.09

 

4位 三原舞依 220.80点

FS147.92/SP72.88 TES78.15/PCS69.77

 

5位 樋口新葉 197.63点

6位 山下真瑚 197.14点

女子FSのプロトコル こちら

 

 

最初だけBSの放送をチラッとみましたが

第1滑走は、今季限りで引退を表明する中塩美悠選手の登場で

演技後の涙は胸に迫るものがありました。

あと、なんと織田信成さんがコーチで帯同していて

キスクラにも登場してましたよ!

先日の安藤美姫さんといい、こういうシーンがみられるのも

全日本ならではの光景ですね~

 

それから男子SPは見かけなかった気がするのに

女子はなぜか、フジは地上波にカトパンを出してきました。

フィギュア関連には出てくるんでしょうかね?

またしても、他の誰かでもいいような役回りですけどね~

 

 

まず地上波で印象に残ったのは細田采花選手で

冒頭ジャンプ2本、トリプルアクセルをきめてきました。

しかも紀平梨花選手とチームメイトらしく

一緒に練習しているエピソードを明かされましたね~

あと、青木祐奈選手を久しぶりに見たような気がして

確か3年ぶりの全日本という説明があったと思います。

 

だから成長して、すっかりお姉さんになっていて

今も頑張っていることが感慨深く

キスクラ隣には都築先生が並んで、微笑ましい光景でした。

上位選手で最初に登場したのは、山下真瑚選手になりますが

SPとは打って変わり、安定感のあるジャンプが戻り

好調な演技をみせますが

ただ、ジャッジスコアでは2本の回転不足をとられてますね~

 

 

最終グループは、第2滑走に紀平梨花選手の登場となり

SPではスケート靴の足首辺りのテーピングに苦戦してましたが

FSでは靴を脱ぐ必要のない、早い滑走順ということでも

ここから好調な波をつかんでいたかもしれませんよね~

注目の冒頭ジャンプは、トリプルアクセル2本が続き

どちらも順調に着氷することで

出来栄え点GOEは、どちらも3点に近い高得点を叩き出します。

 

さらに梨花ちゃんの場合、毎試合のように修正力の高さがみられ

今回も3Lzのステップアウトを咄嗟に1Euにして

最後に2Sをつけて3連続にしたところは、さすがです!

他はノーミスに見える演技、予想通りにFSは高得点となり

一気にトップに踊り出ることで逆転となり

これで梨花ちゃんが優勝候補かと思われたのに

スポンサーリンク

今年の全日本は、さらなる大逆転劇が待ち受けました!

 

 

次に登場したのは、やはり上位候補の樋口新葉選手になりますが

SPの好調さを維持することが難しく、ジャンプにミスが目立ち

しばらく試合から離れていたのを感じさせる

そんな演技になってしまったかもしれません…

でも新葉ちゃん、FSの衣装を変えてきましたね~

白地に赤で模様が入っている以前のより

今回の方がプログラムにあっている印象があるし

変更した衣装の方が好きですね!

 

 

続いて登場は、三原舞依選手になり

ノーミスに見える内容といい、会心の演技に映ります。

上位でジャンプに回転不足やエラーがないのは

舞依ちゃんだけになるクリーンな内容でした。

 

前回の大会、GPSフランス大会から

FSで課題だった単調になりがちなところが解消され

ステップとスピンのメリハリが効いているような印象をもち

緩急や柔らかさと硬さの変化がついたのかな?

内容通りに、キスクラで高得点が出たことから

舞依ちゃんは2位に浮上することになり

一気に試合は接戦の雰囲気が高まりましたよね~

 

 

次に登場は、全日本5連覇のかかる宮原知子選手。

演技は好調な滑り出しをみせますが

終盤になり、ジャンプに乱れがみえます。

 

トリプルの予定が2Fになり

最後の2アクセルを3連続にしてコンボにリカバリーしますが

その最後のジャンプだけ、回転不足を取られてしまいます。

FSのみの得点では、三原舞依選手を下回りますが

僅差によりSPの得点差で逃げ切り

坂本花織選手を残して、さっとんは2位に留まります。

 

 

いよいよ最終滑走の坂本花織選手の登場となり

昨シーズンのオリンピック選考に続き

またしても最終滑走という、かなり緊張する場面を迎えます。

 

序盤から安定感のある演技をみせ

ほぼノーミスに見える内容でしたが

3本目のジャンプ、3Lzだけ!をとられてますねー

ただミスらしいミスはそれだけで

特にFS「ピアノ・レッスン」は後半にかけてが素晴らしく

今回ブラッシュアップをしたということで

さらに良い内容に、仕上げてきましたね~

 

コレオシークエンスのスパイラルで畳みかけるところとか

いつも感情が高まるシーンで見入ってしまいますが

花織ちゃんは上質な演技をするだけでなく

勝負強くなったな~と実感してしまう場面にもなりますね。

そしてキスクラでは、期待通りに点数が伸びて

ついにFS150点台に突入します。

花織ちゃん自身が一番驚いたくらいのリアクションでしたね~

 

緊張の場面で、さらなる大逆転劇が繰り広げられるとは!

キスクラ ごま油のつくねさんTwitter動画

 

 

今日の男子FSが終わってから、すべての代表について

また発表になるのだろうけど

女子は、このまま上位3人がワールドの候補になりそうな予感!

試合後の「Mr.サンデー」でも、そんなことを言われてましたが

でも四大陸は、三原舞依選手がまた選出されそうな予感!

ただ、そうなると誰が抜けることになるのか…

 

その場合、順位からしてさっとんになっちゃうのかな?

まあ、あくまでも予想ですが

昨シーズンはワールドの代表を変えることでも成功しているので

それも考えられそうな気がしちゃいます。

それにミラノワールドで活躍したのに

樋口新葉選手が選ばれないのは、少々ツラいところでありますが

これも勝負の世界だから仕方ないですね…

 

 

試合後の「Mr.サンデー」は今回、表彰式まで流してくれたけど

橋本聖子代表が不在になっている!

ということは、高橋大輔選手が表彰台に届くことを想定して?

 

なんとなく、毎年しゃしゃり出てた印象があるくらいで

今年の判断はモヤモヤしたものがありますけど

橋本聖子議員が不在な理由は

それ以外の理由は考えられないほど、確信的だったりして~

今日も男子FSの結果は注目されますが

宇野昌磨選手は、昨日の公式練習は休養に充てた模様。

それだけ怪我の状態はよくないのだろうけど

優勝がかかっているので、それに備えたのでしょうね~

 

ただ女子は、大逆転劇が続いたことでも

FSの結果次第で勝負の行方はわかりませんから

しょーまくんの優勝は硬くても

他の結果はだいぶ変わってきてしまうのではないでしょうか?

むしろFSの結果しだいで、順位は変わるものなので

表彰台争いも顔ぶれが変わったとしても驚かないし

第3の男問題は、むしろその方が歓迎される状況でしょう!

 

 

それにしても試合後の「Mr.サンデー」は

梨花ちゃんの特集ばかり用意していて

優勝候補は、梨花ちゃんと絞りすぎて失敗するパターンですね!

まさに坂本花織選手が初制覇とは予想外だったわけで

この裏切りはカッコいいですね~

宮根さんも肩透かしを食らったことを

素直に認めざるおえないほど、見事な結果でした!

 

それから男子FSが終わってから、代表発表もありますから

その結果にドキドキですが

羽生結弦選手が選ばれることを、もちろん期待しちゃいますよ!

羽生結弦選手のケガに関する異論の特別扱いに強い違和感とは

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

 

18-19シーズン全日本の関連エピソード!

宮原知子選手が首位発進の全日本ロシアの女子SP一夜の戦い!

宇野昌磨選手アクシデントもSP首位独走とロシア女子FS結果!

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。