カテゴリー別アーカイブ: 18-19シーズン

羽生結弦選手の新ルール初戦これからの課題と強敵ジャッジ?

 

羽生結弦選手の18-19シーズン初戦オータム・クラシック関連の

テレビ報道について日テレ系「Going」のことは

昨日分に触れるのを忘れてしまいましたが

なかなか、おもしろいゲスト出演がありました。

 

まず宮藤官九郎さんがいて、同郷の宮城だそうで

平昌オリンピックで優勝したときにお母様から連絡があり

「ゆづがやりました!」とメールしてきたそうです。

 

そして映画で共演した阿部サダヲさんも出演していて

誰がお殿様役か知らなかったけど羽生結弦選手が登場し

1日で台詞を覚えてきて、完ぺきだったそうです。

 

しかも、自分でしくじったと思ったら

「もう1回やらしてください」と頼んだり

最後の挨拶も素晴らしく、みなさん風邪などひかないようにと

上田晋也さんも、羽生結弦選手はホント気を遣うタイプだと。

阿部サダヲさんをはじめ

羽生結弦選手と映画で共演したことで、素顔に触れた経験から

今でも話題として扱われるとは

やっぱり注目度の高さからして特別な存在ですよね~

阿部サダヲ映画紹介は羽生結弦選手に黒柳徹子の声が弾む!

 

それに羽生結弦選手と同郷だと

みんな誇らしく思ってくれるみたいだし

こういう微笑ましいエピソードに、思わずほっこり!

Going! ぴのさんTwitter動画

 

 

18-19シーズンから新ルールになって

まだ充分に把握しきれてないので

一般視聴者向けに紹介する内容は、いろいろ参考になります。

だから丁寧な説明だった「ひるおび!」は勉強になりましたが

フリーFSのコレオシークエンスの基礎点が

2.00点から3.00点に上がったことを

この番組から、初めて知りましたから。

 

もちろん言われ尽くしていることも登場するけど

まだ見逃せないことが、新ルールには多いです。

それでも網羅できないのはいつもですが。

ただ羽生結弦選手の初戦を観た印象では

まだ新ルールの良さが充分に伝わりきれずに

おそらく進化した次戦は改定されたアドバンテージが

やっと理解できそうで、それも楽しみに加わりましたよ!

 

その代わり、すでに新ルールの不安視される部分は

さっそくメディアでも報じられてますね~

参考にしました詳細記事こちら!

 

 

その代表的なものが、ロシアのタチアナ・タラソワ先生が

出来栄え点GOEを警戒して高難度ジャンプに挑戦しなくなるのを

男子に危惧している意見があり

羽生結弦選手のように、今できるジャンプに挑戦してほしいと!

こういうときのタラソワ先生であれば好意的に受け止められ

確かに、例に出したコリヤダくんは4Lzに挑戦せずに

まあ、初戦を制することはできましたが

ケガなど関係してないのなら、ぜひ挑んでほしかったです!

 

そうでなくてもコリヤダくんにタラソワ先生は

いっつも手厳しいですけどね~

なんでジェーニャことメドベデワ選手に甘々で

同じ自国の選手なのに、差があり過ぎるわけですが!

でも今回のタラソワ先生の意見は、ちょっと分かる気がして。

羽生結弦選手はFSで今できる最高難度の4Loにも挑戦し

ただ4Sでは転倒してしまい、GOEマイナス5点が並び

こういうジャンプの減点を恐れるのだろうけど。

 

だからコリヤダくんは無難な技に抑えて優勝したわけですが

そうなると、同じ優勝の羽生結弦選手を讃えたくなるはわかるし

コリヤダくんみたいな戦術に、みんながなっちゃうことを危惧し

タラソワ先生がコメントしたのは納得しますけどね~

 

 

その反面、すでに羽生結弦選手はFSでも序盤の4Tであれば

GOEプラス5点がいくつか並ぶことで、結果4点近くの加点になり

以前の満点だった3点を上回ります。

というメリットはみられましたが

本来の羽生結弦選手であれば、それがもっと並ぶはず!

 

おそらく平昌のネイサンくんみたいにFSは1位に躍り出ても

たくさん4回転ジャンプを跳んだわりに

最終的なスコアは予想ほどは高くない、という演技を

なるべく少なくしたい狙いなんでしょうね~

そうなると、コリヤダくんみたいに安全策をとってしまう

というのが今後の課題になりそうだと心配されるわけですね!

これはプル様が黙っちゃーいないだろうな~

もともとジャンプの基礎点を下げることに批判的でしたからね。

 

 

それからオータム・クラシックのプロトコルをみて

ジャッジのJ1、J2に関して

なんか羽生結弦選手のときだけ低くない?というのは

すでに当日、ネットで話題になってましたが!

J1はアイルランド、J2はアメリカになるみたいです。

上下はカットして判定されるとはいえ

2か国が低い点数を出せば、どうしても残ってしまいますよね…

参考にしましたこまつだこさんTwitter

 

そうなると、どうしても平昌オリンピックによる

中国ジャッジのことを思い出してしまいますが。

 

自国の選手に得点を上げて、ライバル国を下げることをするなら

それを2か国でやるのは止めて欲しいですよね~

たまたま、この2か国がそういうジャッジだったのでしょうか?

ただ今回は自国の選手に、目立つほどは甘くないけど

それでも当然ながらスコアは高めにつける感じですね。

こういうの選手は関係ないのに、印象だけは影響を及ぼすわけで

疑惑になるようなジャッジはホントに止めて欲しいですよね~

 

 

ただ、平昌オリンピックにおいて

不正ジャッジと処罰をうけたのは中国だけですが

「ナショナルバイアス」(自国びいき)とされたそうです。

でも処罰はされないとしても、他にも疑惑の目を向けられ

その1つがアメリカ、男子シングルでは自国選手3人に

極端に高いスコアを与えたことを指摘されています。

 

アメリカは、なぜか羽生結弦選手に対して

厳しいジャッジをすることが慢性化すると有名ですが

自国選手に甘いのは、アメリカやロシアなど強豪国では

ジャッジの間で常態化していると定評があるそうです。

参考までに林檎の花さんTwitter

こういうのを知ると、なぜロシアは北米と確執があるのか

スポンサーリンク

それがちょっとだけ分かるような気がしちゃいますね!

 

今回ジェーニャがオータム・クラシックに出たのは異例で

特にチャレンジャーシリーズでロシアが

もし、北米の試合に選手を派遣しない理由だとすれば

ちょっと分かるような気がしちゃいますね!

そして日本は、強豪国のなかでも

自国上げがもっとも少ないとみられるデータがあり

だからロシアと北米

どちらとも友好的な関係を築く理由でしょうか?

参考にしましたSiennaさんブログ

 

 

それに宮原知子選手は

ジャンプで回転不足をとられやすい理由かな?とか

ちょっと勘ぐってしまいますけど

でもジャッジはどこの国であろうと、不正をしないのが一番!

さっとんとは対照的に、ジェーニャはジャンプで

エラーをとられず見逃されがちと定評はありましたが

移籍騒動により、思いっきりフルッツのことを指摘され

そのイメージが定着しちゃいましたからね~

 

そうなると、さっとんは回転不足でジェーニャはフルッツを

試合ごとに注目されてしまうという現象が

すっかり浸透してしまった印象があります。

同じように両者について、ジャンプの弱点だと伝わりますが

さっとんの方がフェアプレイで挑んでる印象になって

怪しいジャッジとは、選手にとっても敵になるわけで

マイナスのイメージしか残りませんからね~

 

そういう想定外のダメージになってしまうので

どの選手も、不透明なジャッジに関わることは

無い方がいいに決まってる!

 

 

そうなると、どうしてもジャッジの人選を

ちゃんと正当にやってほしいと思ってしまいますが

ジャッジは、どうやら抽選により選ばれるそうです。

参考にしました詳細記事こちら!

 

そしてISUの中に、ジャッジの採点を監視するように

「OAC」として機能が存在しているとされます。

あくまでも平均値とかけ離れた採点には

ジャッジの警告が送られる仕組みになっているそうですが

ただ、平昌オリンピックのような処罰がないと

警告だけだとすれば、有効性について疑問ではありますが!

 

 

だいたい羽生結弦選手のスコアジャッジをみて

なんで1人だけ低いスコア何だろうと思うと

それがアメリカだとわかることがいつもで

同一人物でなくても、そういうことをやりがちなようです。

羽生結弦選手を低くして、自国の選手を上げていたら

正確なジャッジがされてない結果に通じてしまいそうですから

できれば中国だけじゃなくて

他国に今からでも、厳しい目を向けてもらいたいものです!

 

でも羽生結弦選手であれば、そういうジャッジにさえ

いちいち心を揺さぶられることも無く

ひたむきに練習に打ち込んでいることでしょうね~

オータム・クラシックの男子プロトコル SP FS

羽生結弦選手の初戦はネコから眠れる獅子を起こした目覚め!

 

最後にネーベルホルン杯の女子SP滑走順です。

23:01~ Group 3

23:09~ 本田真凜

23:22~ 三原舞依

23:36~ ザギトワ

もちろん今日の夜が試合になります。

参考にしましたblue cosmosさんTwitter

 

 

想像を絶する難易度! オータムクラシックの羽生結弦のプログラムに込めた「思い」とは…

「やっぱり勝ちたい」羽生結弦。初戦優勝も悔しさを胸に次戦へ

挑戦し続ける五輪王者、羽生結弦。オータム・クラシックでの新境地。

 

羽生結弦、また異次元へ。ファイナルSPの世界最高得点演技を分析

おすすめ!Origin高画質スケカナ 笹山さんTwitter動画

オトナルのあかん集(公式練習) バーバ母さんTwitter

2014~17年GPSオープニング 夕陽さんTwitter動画

そういうばどこかで見たような~ 夕陽さんTwitter動画

新シーズンどちらも好きなとこ 華鶴さんTwitter動画

プル様と楽しそうなフィナーレ! ゆらさんTwitter動画

 

 

羽生リスペクトの子どもたち!

24時間テレビで活躍した! ぷりん奥さんTwitter画像

ほっぺムギューの千葉百音選手! ばかりんごPさんTwitter画像

羽生結弦選手が白鳥ならブラックスワン新プロで女子は競演!

 

まるで絵画のような一瞬! NinnyさんTwitter画像

クリケット当初インタ ジェニフさんTwitter画像※要スクロール

ナイス仕分け! isofuraさんTwitter画像

やっぱり草太くんはぶれない! snowさんTwitter

ACライスト視聴者数 林檎の花さんTwitter ※要スクロール

各局に伝えて欲しい進化! RukaさんTwitter

 

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

18-19シーズンのオータム・クラシック!

羽生結弦選手SP「秋によせて」蒼い衣装のフリル密かに復活!

羽生結弦選手FS「Origin」黒リスペクト衣装とは魔王降臨!

羽生結弦選手×シェイ先生の振り付けに込めるトリビュート!

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。