宇野昌磨選手TCCシニアデビュー攻めのシーズン集大成FS結果!

 

宇野昌磨選手をはじめ、宮原知子選手と本郷理華選手にとっても

チームチャレンジカップは15-16シーズンにおいて

最後の演技となりました。

 

もちろん日本選手に限らず、TCCに出場した全員の

シーズン集大成になります。

 

だからシーズンベストを記録したり

会心の演技となるプログラムが

いくつもTCCは披露されましたよ。

 

 

TCC2日目となるフリーFSで

やはり注目度ナンバーワンは宇野昌磨選手!

昨日のショートSPに続き、冒頭のジャンプに

大技の4回転フリップを成功させました。

 

またしても4回転フリップに、出来栄え点GOEが0.40加点され

むしろ初見ではFSの方がクリアな気はしたけど。

これは何度か映像で見直さないと、まだ判断しにくいですね。

 

今のところ試合で4回転フリップにチャレンジすると

着氷は踏ん張り感が目立ちます。

でも宇野昌磨選手なら、しだいに改善して

いずれクリアになるだろうと期待できるジャンプです。

 

なんといっても2日続けて成功させることに、大きな意味があり

こうやって安定感を増していくのだろうし。

 

こうなると来シーズンは、いよいよ羽生結弦選手により

さらに精度の高い4回転ループが期待できる予感!

おそらくシーズン最初から狙ってくるはず。

 

 

きっと羽生結弦選手は、TCCの宇野昌磨選手の演技に

大いに刺激を受けただろうな~

 

今シーズンも前哨戦ジャパンオープンにより

まず宇野昌磨選手が後半4T+2Tコンビネーションジャンプを

決めたことは、かなり羽生結弦選手に影響を与えたみたいだし。

 

NHK杯は、たまたまボーヤン・ジン選手がエントリーしたことで

羽生結弦選手は4回転ルッツに

刺激されたような報道が多かったけど。

 

それ以上に宇野昌磨選手や、パトリック・チャン選手が

大きな存在という感じがしちゃいますけどね。

 

 

しかもTCCの宇野昌磨選手はFSジャンプ構成がスゴ~イ!

4F、3A+3T、3Lz、3Lo、3S、4T、4T+1T、3A+1Lo+3F

 

特に後半の4T、4T+1T、3A+1Lo+3Fは他でみたことないくらい!

FSで4回転のうち、後半2本って!

もちろん4回転フリップも凄いけど

ハーフループ3連続ジャンプの組み合わせは斬新ですよね~

 

さらに4T+1Tのコンビネーションジャンプとは

ひょっとして1Tは、ザヤ回避のリカバリーなのでしょうか?

笑顔で宇野昌磨選手が演技してたのが伝わるほど!

 

ちなみに世界歴代FS最高得点は

もちろんグランプリファイナルの羽生結弦選手による219.48点。

 

そのジャンプ構成にも注目してみます。

4S、4T、3F、4T+3T、3A+2T、3A+1Lo+3S、3Lo、3Lz

これも当然ながら相当の高難度レベルですが

今回の宇野昌磨選手は、それ以上の組み合わせじゃないかな?

 

ただ残念なことにTCCは非公認ですが

スポンサーリンク

宇野昌磨選手はFSパーソナルベスト192.92点を記録します。

宇野昌磨選手にとって公認ISUパーソナルベストFSは

今シーズンのGPFによる190.32点。

 

 

今回のFS192.92点はスポーツメディアによると

またしても世界歴代最高得点の4番目になるみたい。

昨日の宇野昌磨選手によるSPは世界歴代最高得点の4番目らしく

それ以上は、すべてを羽生結弦選手が占めます。

 

今回も羽生結弦選手のFSに注目してみると

さっき書いたとおりに、まず今シーズンのGPFが219.48点。

次いでGPシリーズNHK杯が216.07点。

 

そうなるとハビエル・フェルナンデス選手の

ボストンワールドがFS216.41点、あとユーロが200.23点。

ひょっとしてパトリック・チャン選手の四大陸フィギュアは

203.99点なので、ちょっとメディア情報は間違いかも~

 

おそらく上位選手では4番目の記録とすれば

よかったんじゃないかな?

昨日のSPについても、一部スポーツメディアでは

世界2位に相当という記事があったし。

 

 

宇野昌磨選手は試合後のインタビューでも答えていましたが

シーズン最後の試合がTCCで良かったと。

 

15-16シーズンを笑顔で終えることになり

「自分でもまだまだ点が伸びると思う。上があると実感できた」

と発言しています。

 

あの世界フィギュア選手権で不本意であろう出来ながら

演技直後から出し切った感により

キスクラで放心状態のまま涙の表情に、強く心を揺さぶられ

FSの宇野昌磨選手に視線を奪われた視聴者が多いはず!

 

そこから少しだけ時間が流れ、やや緊張が解けたTCCは

さっそく次々と新しいチャレンジを試みるとは

アスリートとして、素晴らしい意識の高さですね。

 

しかもGPシリーズの会見で「守らず」を目標にしましたが

その言葉通りに、最後まで攻める姿勢を貫き

宇野昌磨選手がシニアデビューのシーズンを

笑顔で終えたことが何より、観ている側まで嬉しいこと!

 

このまま宇野昌磨選手のモチベーションを維持すれば

来シーズンはトータルスコア300点超えは

かなり現実的であり、手の届く範囲の記録でしょうから。

 

 

ただメディアを中心に不安になるのは、四大陸の直前のように

散々持ち上げておいて、表彰台に届かないだけで

手のひらを反すような真似は止めてほしい!

 

今の状態を必ずキープできるとは限らないし

選手は誰でも、調子に波があって当然ですからね。

 

さらに宇野昌磨選手が登場するたびに

メディアは4回転フリップのことばかり質問するとか

すでに想像がつくから、ホントに止めてほしいですよね!

 

とTCCについて書き始めたら

つい宇野昌磨選手のことに集中してしまいました。

なのでナムくんの衝撃的な出来事をはじめ

宇野昌磨選手以外のTCCは、まだつづく~

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。


〜羽生結弦選手と仲間たちの日々を花束にして〜