羽生結弦選手FSダムパリ満身創痍プレオリンピックの未知数

 

羽生結弦選手の16-17シーズンについて新プログラムのことが

ほんの少しずつですが、伝わる出来事が続きました。

そのなかでも注目してしまうのが

ジェフリー・バトルさん自身の言葉で発せられたTwitterです。

 

詳細は昨日のブログに残しましたが

願望も含めて、新シーズンも引き続き

ジェフリー・バトルさんがSPの振付ならと期待しちゃいます。

羽生結弦選手×ジェフリー・バトル名コンビSPバラ1最後の閃光

 

また、一昨日23日放送になったテレ朝系CSの

「スケーターたちの記憶~羽生結弦編~」にも関連しますが。

 

これもブログに書きましたが、12-13シーズンのフリーFS

「ノートルダム・ド・パリ」が、なぜか放送に含まれず!

平昌に続く羽生結弦選手プレオリンピックシーズンの戦い方

 

その理由は、ちょっとわかりませんが

ダムパリの振付師はデヴィッド・ウィルソンさん。

16-17シーズンのエキシビションナンバーでは再び

羽生結弦選手の振付を、担当すると明かされています。

 

 

しかもジェフリー・バトルさんは現役時代のプログラムの振付は

ほぼ、デヴィッド・ウィルソンさんというくらい目立ちます。

もしかしてジェフリー・バトルさんの振付の師匠は

デヴィッド・ウィルソンさん?

 

そこらへんは詳しく知らないのですが

とにかく深い結びつきがあること。

それから放送から抜けたことで

どうもダムパリを観たい欲求に駆られました。

 

おそらく同じようにダムパリについて消化不良から

多くのファンが、映像を振り返りたくなったみたいです。

羽生結弦 ダムパリ

そのせいかダムパリについて、翌13-14シーズンによる

GPシリーズのフランス大会で演じたエキシビションについて

やたら高評価される意見が目立ちました。

 

エキシビションナンバーのダムパリって観たかな~?

いつもながら記憶に残っていませんでしたが、映像を目にすると

またしても羽生結弦選手の演技は

どうやら、これもまた観たことがあるみたい。

 

照明が独特なので、なおさら思い出しやすい印象でした。

しかもインタビューでフランスに関係する曲だから

パリでやりたいと思った、みたいなことを答えていたので

そちらは、かなり鮮明に覚えてました!

 

しかし、何故インタビューの方が演技より

記憶として残っているのだろうか、これに関しては不思議~

 

現時点であれば、冷静な視点でダムパリが観られるので

多くが高評価するプログラムだと納得!

羽生結弦選手もエキシビションであれば

気持ちに余裕がある上での、演技になるでしょうね。

 

 

エキシビション用にアレンジしたそうですが

確かに、かなり競技プログラムよりシンプルになって

メリハリが伝わりやすい!

だからストーリーとして理解しやすい演技に映ります。

 

しかもダムパリは大好きな耽美系お衣装なので

まず自分は衣装にばかり、視線が向かっちゃいますが。

でも今なら衣装だけでなく、落ち着いて鑑賞できる心情でした。

 

なんせダムパリは胸の十字架が好きで、気を抜くと衣装ばかり

当時は意識がいってたからな~

今観てもアシンメトリーになるデザインが精彩を放ち

特に左手の袖口のラッフルが視覚効果として魅力的です。

羽生結弦 FSダムパリ

さらに胸元のラッフルのボリュームや、配置するバランスだとか

トータルで素晴らしい衣装デザインだと思います。

普通の立ち姿であろうと美しい羽生結弦選手ですが

なお一層に幻想的で、素敵に映りますからね~♪

 

ダムパリ、悲愴、新ロミジュリは競技用の衣装では

自分的に3大耽美系お衣装と思っております。

 

 

でもエキシビションのダムパリを観たら

我慢できずに競技もグランプリシリーズとファイナル

世界フィギュア選手権、あとフィンランディア杯と映像を鑑賞。

 

12-13シーズンのGPシリーズは、スケートアメリカとNHK杯。

もちろんGPFにも羽生結弦選手は進出します。

しかし「スケーターたちの記憶~羽生結弦編~」には

スケートアメリカとGPF、どちらも採用されず!

 

さすがにスケートアメリカを抜かしたのは理解できるけど

スポンサーリンク

なんでGPFも入れてないんだろうか?

 

後半に3A+3Tと、3連続ジャンプが決まってるし

その結果GPFの羽生結弦選手は総合2位。

プレオリンピックにより、くしくも会場はソチですけどね!

 

 

確かにスケートアメリカと、NHK杯のダムパリは

いまいちの出来かもしれません。

スケートアメリカは4回転がトゥループ、サルコウ共に

冒頭ジャンプは不発だし。

 

NHK杯はステップアウトしちゃうし

なんとかサルコウは踏ん張る感じ。

しかもNHK杯では有名ですが、スピナーの羽生結弦選手なのに

途中で止まってしまうくらいスピードがない。

 

スタミナ不足が、当時の羽生結弦選手の課題でした。

だからダムパリを観ると、いつもハラハラした心情で。

見守る気分がリアルタイムでよみがえる感じ!

 

それで、気を紛らわすこともあり

やたら衣装の十字架にばかり視線が向かっていたのかな?

羽生結弦 FSダムパリ

シニアデビュー2年目だと、無意識に期待しちゃうのだろうし。

羽生結弦選手のダムパリは不安になる演技が多かったかも。

ダムパリをみると、なぜか仲良しのクラスメイトを

まるで応援するような気持に陥る。

 

なんとなく「しっかりせんか~い!」くらいの

叱咤激励の視線になっちゃう!

羽生結弦選手DOI2012まだ殿でも王子でもない庶民のハロラブ?

 

でもGPFでは、かなり滑りが見違えるくらい!

この当時から羽生結弦選手は演技を観る度に

進化が明らかになるほど、向上するスピードが速かったし。

 

しかもダムパリは、ちょうど前回のプレオリンピックの年。

つまり今シーズンがダムパリの年に重なるわけだ!

羽生結弦 FSダムパリ

ただ羽生結弦選手はフィンランディア杯は調子いいのに

なぜか、GPシリーズ第1戦で不調になるような~

 

プレオリンピックの年に限って

羽生結弦選手は右足首の捻挫が、支障となる場面が多かった!

さらにカナダに練習拠点を移したばかりで

調子がつかみきれてないのか、どうも体調不良が目立ったし。

 

そう考えるとプレオリンピックで、これだけ不調だと

かなりプレッシャーが大きいはずと今なら察せられます。

 

それなのに、この年の世界フィギュア選手権は

羽生結弦選手の孤軍奮闘ぶりが目立つ気がします。

表彰台は逃しちゃうけど、4位に飛び込むことで

なんとかオリンピックのチケット3枠を確保したからな~

 

やるべきことは必ずクリアし、日本男子の躍進に

結びつく結果を羽生結弦選手はもぎ取ってくる頼もしさ!

羽生結弦 FSダムパリ

まずパリのエキシビションは観る価値があり

さらにダムパリはプレオリンピックの演技ということでも

競技を通して観ておくと、広い意味で意識の準備になりました。

 

正直なところ初戦のスケートアメリカの頃の演技だと

ソチオリンピックで羽生結弦選手が活躍しそうに映らないし。

しかしプレオリンピックからの期間で

羽生結弦選手くらい進化する可能性を、選手は秘めるのかも。

 

羽生結弦選手は、前回のプレオリンピックの演技から

かなりレベルアップしたことを改めて実感できることでも

現時点だからこそ、ダムパリはいろんな基準になりそう!

羽生結弦 クリケットクラブ

そして流行りにのって、可愛いお写真アップしちゃいます!

ちょうどダムパリ衣装と彩りが似てる~かわいい♪

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。


〜羽生結弦選手と仲間たちの日々を花束にして〜