ピンクムーン満月の今宵は羽生結弦選手の衣装ピンクの彩り

 

今宵は満月の夜、なんと年に1度のピンクムーンだそうです!

朝からネットでも話題になり

ピンクムーンとは初めて知ったかも~

 

このブログを始めるとき

実はピンクムーンもタイトル候補に考えたので

なおさら自分としては感慨深いです。

 

しかし羽生結弦選手について書きたいことが多いから

やっぱりイメージ的に、蒼い月になりますね~

 

と自分なりに試行錯誤があり、蒼い月にテーマを集約しました。

でも事前に知っていたら

もしかしたらピンクムーンになっていたのかな~?

 

 

今宵の月の出は18時20分とされ

きっと今頃は見上げると

夜空にピンクムーンが現れる時刻かもしれませんよ!

 

だからと夜空のお月様が、ほんのり桜色に染まる現象

というわけではないみたいです。

いろんな方が解説されますがピンクムーンは4月の満月を意味し

アメリカのネイティブ・インディアンの語源に由来するみたい。

 

ますます神秘的な語感として伝わり

ピンクムーンは1年で、もっとも小さな満月になるのだとか!

だから月が地球から一番離れた位置でみられる満月らしく

まさに遠い彼方で光り輝く、儚げな月になりそうですね~

 

ピンクムーンという言葉の響きだけでも

ちょっぴりロマンチック気分に浸れる今宵は

羽生結弦選手もカナダのトロントから

彼方に小さな満月が浮かぶ、夜空を見上げるのでしょうか?

 

 

もちろんトロントは半日近くの時差があり

日本の明け方から、羽生結弦選手はピンクムーンを

夜空に観られるのかもしれませんね。

 

羽生結弦選手なら月の光に照らされ

月光浴をする姿が、きっと幻想的で美しいでしょう~♪

 

だからピンクムーンにちなみ、月の光景が思い描きやすく

さらにピンクなら衣装として「花になれ」が象徴的なイメージ!

まさに「花になれ」衣装は桜の花を散りばめたピンクの彩りと

流星が煌めく青空が織りなすような、和風デザインですね。

 

日本人がイメージするピンク色とは

きっと羽生結弦選手の「花になれ」衣装の色彩でしょう。

そして意外にもピンク色は

羽生結弦選手と縁が深いと知り驚きました。

 

むしろ羽生結弦選手について

ピンクのイメージが伝わりにくい印象さえありますから!

 

ただ衣装デザインを担当したことがある

ジョニー・ウィアーさんの発言なので

ピンクの概念は、少々異質に伝わるのが興味深いですね~

 

 

ジョニー・ウィアーさんいわく

羽生結弦選手にとってピンクはラッキーカラーだそうです。

しかし、その理由はわかりません。

 

羽生結弦選手にとってラッキーカラーがピンクとは

素肌の美しさからも似合うので、素敵な発言に感じました。

 

まず羽生結弦選手がシニアデビューした年に

FS「ツィゴイネルワイゼン」衣装を

ジョニー・ウィアーさんがデザインしたことから始まります。

 

ジョニー・ウィアーの発言によると

羽生結弦選手にとってピンクはラッキーカラーなので

ピンクの衣装を着るように勧めたと。

 

シニアデビューしてから羽生結弦選手は

毎年ほぼピンクを身につけていると。

しかし自分的に「花になれ」衣装以外では

羽生結弦選手の衣装にピンクのイメージがないんですよね~

スポンサーリンク

 

しかもシニアデビュー以来、ジョニー・ウィアーいわく

ほぼ毎年ピンクを身につけているとすれば

ひょっとして「ツィゴイネルワイゼン」衣装も

ピンク色に含まれるってことか~

 

 

まだ12-13シーズンFS「ノートルダム・ド・パリ」衣装や

オリンピックイヤーの13-14シーズンFS

「ロミオとジュリエット」衣装についてなら納得します。

 

まず新ロミジュリ衣装ならビジューのような

装飾のストーンに、鮮明なピンクの彩りがみられます。

 

ただダムパリ衣装になると、ややピンクでもラズベリーとなり

ここからしてピンクについて日本の色彩感覚では

なかなか直結しない感性のような印象はありますが。

 

でもダムパリ衣装をピンクと称するのは

ジョニー・ウィアーさんの感性でなら理解できます。

 

まず海外のファッションでピンクは濃い色調がメインになり

フューシャからローズくらいが

ピンク色を代表する色彩感覚という概念だと伝わります。

 

 

特に微妙なのが「ツィゴイネルワイゼン」衣装となり

日本人の色彩感覚で、ピンクに直結させるのは難しい印象かな。

もちろん照明が発色に影響しやすい

淡いピンク色が選ばれるというのは分かります。

 

それにデザインしたジョニー・ウィアーさんが

ピンク色というなら、それは納得しますよ!

しかし言葉通りにそのまま日本人の感性でピンク色

というのは、少々疑問が残ってしまうのが本音です。

 

しかも「ツィゴイネルワイゼン」衣装を

ローズピンクと称する意見があり

ジョニー・ウィアーさんの発言が影響するのでしょうか?

 

できればファッションなど、サンプルで使われる

カラーチャートを目にしてほしいかな~

ローズピンクとはシアン系に、やや近いくらいの色調でしょう。

 

「ツィゴイネルワイゼン」衣装のベージュに近い色彩を

ジョニー・ウィアーさんはピンクと例える印象ですね。

つまり色の基本となる三原色では、シアンによる青系ではなく

むしろイエローに近いピンクに感じます。

 

だからベージュピンクという色調が存在するわけで

その視点から、ピンクの色彩範囲に含まれると納得します。

しかし日本人が「ツィゴイネルワイゼン」衣装を

ローズピンクと発言してしまうのは残念かな~

 

 

せっかく日本は、世界でも類まれな

繊細なる感性をもちあわせる民族なのに。

だからこそ単純明快に分かりやすい、濃いピンクより

日本人は桜色のような、ほのかに淡いピンクを好みます。

 

ピンクは色彩の幅が広く、色調によって甘く可憐になったり

危うさや儚さを強めたりとイメージの広がりは無限でしょう!

ピンク色は多彩に感じられ、それが特徴的な色彩に映ります。

 

この変幻自在な印象は、どこか羽生結弦選手と重なるような…

だからこそピンクのようなデリケートな色彩について

日本人特有の表現をしてほしいと思ってしまいますけどね。

 

その方が羽生結弦選手の素敵さについて

日本人ならではの視点や感性から

より深い魅力として、伝えられるのでは?

 

羽生結弦選手は自分で感じたこと、考えたことを

丁寧に積み重ね、それを表現できる知性が備わる逸材です。

さらに日本人特有の繊細さにより、感性が研ぎ澄まされ

多くを夢中にさせるほどに魅了する秘密に感じます。

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。


〜羽生結弦選手と仲間たちの日々を花束にして〜