羽生結弦選手ジャンプの凄さと美しい流れを伝えて新シーズン!

 

羽生結弦選手について

深夜に流れたテレビが、ネットで注目されてました!

それはフジテレビ系「スポーツLIFE HERO’S」の放送です。

 

ただテニスの錦織圭選手がメインの内容により

羽生結弦選手について豆知識で触れた程度なので。

ほんのチラゆづだから、見逃した視聴者は多いかも!

 

まず2015年スポーツ選手国内テレビ報道量ということで

こちらはさすがに錦織圭選手が1位107時間04分。

続いて2位が五郎丸歩選手の77時間37分。

3位が羽生結弦選手で64時間03分。

 

自分的には羽生結弦選手しか観てない感じなので

ダントツ1位ですけどね~

 

 

そしてもう1つ、どちらかというとネットでは

こちらが大注目でした。

結婚したらガッカリな独身スポーツ選手とは

もちろん1位は羽生結弦選手!

 

2位が錦織圭選手、3位が水泳の入江陵介選手

4位が大谷翔平選手。

羽生結弦 LIFE HERO’S

やっぱり羽生結弦選手がこういうのだと

ぶっちぎりで1位だろうな~

でも2位が錦織圭選手なんですね!

上位は納得だけど、入江陵介選手の方が上かと思った。

 

入江陵介選手も根強い人気だし

水泳選手が好きな人たちには王子様的な存在みたい。

 

 

でも自分的には、大谷翔平選手かな~

あんまり野球選手に魅かれることはないけど。

 

そもそも野球ならイチロー選手くらいだけど

なんか大谷翔平選手はいいですね!

ただ、授賞式で羽生結弦選手と並んじゃうと

さすがに大谷翔平選手はオッサンぽいけど。

 

でも野球選手のなかであれば

イチロー選手並みに、異色の存在に映るし。

 

ただしリオオリンピックが近づくから

また、入江陵介選手の人気が高まりそうですね!

つい先日、入江陵介選手のことを思い出そうとしたのに

すぐ名前がでないくらい、自分のなかでは存在が薄いけど。

羽生結弦×大谷翔平

でも、こんなランキングがでると

ますます羽生結弦選手の熱愛なんて報道されたら

また、日本中がパニックになりそうだからな~

 

ホントにホントに、ガセだけは止めて!

羽生結弦選手を人間不信に陥らせるのは

あまりにも罪深いですよ。

 

モテ度でも飛び抜けた羽生結弦選手というのは

フィギュア好きなら周知の事実ですが。

 

羽生結弦選手のモテエピソード集

羽生結弦選手は外国人スケーターにアイドル視される人気?

FaOI長野ビデオ羽生結弦選手ANAと小塚崇彦トヨタ最強モテ説!

セーラームーンDOI羽生結弦選手を月に代わってお仕置き!

 

 

もちろんモテ系だけでなく、羽生結弦選手は規格外だと実感。

発信があるとネットで毎回注目度が高いイタリアンフォーラム。

 

ただ更新前の「ロシア人エキスパートによる

男子上位選手のフリープログラム難度分析」を

また、読み返したくなりました。

 

ちょっと自分の技術レベルの知識だと

まだ正直なところ厳密には、難しい部分もありますが。

それでもトータルで理解できるから

ここまで緻密に書いてくれると、かなり興味深い!

 

しかも男子の上位選手でも、誰が誰と同レベルくらいか

正確な基準により確認できる感じ。

 

 

おそらく自分の知識レベルでも試合を観るのを重ねると

感覚的に何点くらいだろうと、予想できるようになります。

スポンサーリンク

 

最近は、だいたいハズれることがないくらい

点数については読み取れるようになりました。

ただプロトコルを観ないと、正確には把握できているのか不安!

 

観戦にも試行錯誤を繰り返すと

スケオタさんの意見は、ほぼ理解できるくらいにはなれました。

 

でも、それをまったくフィギュアスケートに詳しくない人に

そのまま伝えるのは、まだまだ難しいな~と。

だから解説者の大変さも、多少は理解するつもりだけど。

 

競技について解説は織田信成さんや本田武史さん。

荒川静香さんなど、経験者のコメントでないと

あまりにも物足りないことは確か!

 

例えば、今回も宇野昌磨選手が4回転フリップを成功させたので

それに注目することは分かるんだけど。

なんというか4回転フリップだけの単独で前人未到と煽ると

確かにそうだけど、宇野昌磨選手もやりにくいんじゃないかな?

羽生結弦×宇野昌磨 全日本2015

しかもロシア人エキスパートの記事を読むと

すっごく納得することだらけですよね!

 

羽生結弦選手のフリー演技について

まず8つのジャンプ要素はすべて多様性に富み

難しい入り方から実施。

 

トランジション(つなぎ)のクオリティが高いからこそ

身体に手と頭まで含めて、音楽と動きがピッタリ調和すること。

 

PCS演技構成点の条件について、すべての基準を評価した結果

もっとも高難度プログラムは羽生結弦選手であり

それに続くのがハビと、パトリック・チャン選手。

 

さらにショートとフリー共に4回転ジャンプと3アクセルを含み

全種類のジャンプをすべて違う入り方から実施しているのは

羽生結弦選手が、唯一のスケーターであると。

 

 

羽生結弦選手はジャンプに複雑な入り方をしながらも

すべての要素にトランジションが散りばめられた

高難度なプログラムの流れで、すべてのジャンプを跳んでいる。

 

よりリスクの高い選択だけど、プログラムに一体感を与え

ジャンプ要素を振付けの一部のように見せる効果がある。

特に、この部分が羽生結弦選手について納得なんですよね~

 

高難度ジャンプなのに華麗な秘訣でもあり

なおかつプログラム全体の流れの美しさが際立つ理由は納得。

しかも羽生結弦選手は勝ちにこだわれば

もっと簡単な選択がいくらでもできるのに、それをしないと。

 

妥協をせずに、あくまでも難しい道を選び

プログラムの完成度を高めることで、自分の滑りを追求する。

ん~、ここまで伝えるのは難しいかもしれませんが。

羽生結弦 FS SEIMEI

まったく羽生結弦選手のプログラムは

異質の高難度であることが、もっと一般的に広く伝わればと。

 

ジャンプ以外の美しい技の結集や、トランジションによっても

芸術性が高められ、表現力としても有効である理由など

もっと魅力として知りたいですよね。

 

これだけ世界的にみても、1人だけ飛び抜けた才能が

せっかく日本にいるのだから!

 

それをもっと広く知る術を、メディアに頑張ってもらえたらな~

羽生結弦選手の凄さはジャンプはもちろんだけど

それだけに限らないことを、もっともっと日本全体にも

貴重な演技を鑑賞できる機会だと広めてほしいですよね!

 

ロシア人エキスパートのフリープログラム難度分析つづき

羽生結弦選手の世界フィギュア男子ボストンに散る日本の桜

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。


〜羽生結弦選手と仲間たちの日々を花束にして〜