羽生結弦選手とリーザ様の共通点スケーターの心の持ちよう!

 

羽生結弦選手と縁のある兵庫県淡路島の諭鶴羽神社にて

全国的にも貴重な原生林の森となる「アカガシの森」が

虫害に遭っていることが判明したそうです。

なんと、羽生結弦選手ファンが発見したのだと!

 

このアカガシの森を未来へ残すために

5月19日に作業がおこおなわれますが

寄付へ、ご協力のお願いもされてます。

詳しくはこちら公式サイト

 

諭鶴羽神社のアカガシは

推定樹齢300年を超えるものも多数あるそうで

どうか、アカガシの森の保存がうまくいき

ずっと未来へと続いていくといいですね~

 

 

さて、最近のネット記事で気になったものから

橋本聖子氏についての内容になりますが。

 

「しかし、橋本氏の出世を苦々しく思う人もいる。

橋本氏はスピードスケートでの絶大な実績によって

2006年から2019年まで

日本スケート連盟の会長を長く務めていた。

しかしスケート連盟はスピードスケートだけでなく

フィギュアスケートも管轄していた。

そのフィギュア界では、橋本氏の評判は極めて悪いのだ。

フィギュア取材が長い現役の中堅新聞記者は

『あのときのことは今でも許せません』と怒りを露わにする。」

参考にしました詳細記事こちら!

中堅新聞記者の怒りの矛先は

ソチオリンピックでのスキャンダルから始まり

さらに浅田真央さんに、当時の安倍晋三首相との

ハグ強要についても及びますが。

 

ただ「フィギュア界では、橋本氏の評判は極めて悪いのだ。」

というところ、そうでしょうかね~

ここのところはどうしても疑問になってしまいますが!

羽生結弦選手を皮肉る橋本聖子氏は新会長の手腕が問われる!

 

 

日本スケート連盟では、橋本聖子氏の会長の後任に

息のかかる長島昭久議員を迎えていますから

むしろ橋本聖子氏は、自分の影響力を色濃く残すことに

ちゃっかり成功しているようにしか見えませんけどね。

だから長島昭久議員が会長に就任してからも

USM事務所を懇意にしてるのは明らかですし

副会長の荒川静香さんがいるだけの

影響力だとは、とても思えないけどな~

 

高橋大輔選手の特別扱いといい

アイスダンスへの力の注ぎようといい

橋本聖子氏の影響がまだ、ありありと伝わりますが!

羽生結弦選手は特別扱いされるという意見が腑に落ちない!

 

それでも

「フィギュア界では、橋本氏の評判は極めて悪いのだ。」

というのであれば、そういう一部の方々によって

ソチのスキャンダルは暴かれたと考えるのが自然でしょうね~

まあ、橋本聖子氏が一部から反感を買うのであれば

そちら側の方が良心はあるように感じられるし

ソチのスキャンダルが、あのまま闇に葬られていたら

今頃フィギュアスケート界はどうなっていたのだろう…?

 

 

話題変わり、ロシア女子のことになりますが

平昌オリンピック後にエテリコーチのもとを飛び出した選手は

結局は全員が出戻りましたね!

メドベデワ、トゥルソワ、コストルナヤ…

 

このことについて、ロシアの重鎮たちは北京オリンピックに向け

彼女たちは正しい選択をしたと評価するみたいですが。

それなら、ずっとエテリコーチのもとにいた

ザギトワちゃんとシェルバコワは

もっと称賛され、高評価されてもいいような~

 

特に、プルシェンココーチから誘いがあったとされる

ザギトワちゃんは褒め称えられていいでしょ!

まあ、だからと来シーズンに

ザギトワちゃんが戦いの場に戻ってくるかは不明ですが。

スポンサーリンク

でも、ザギトワちゃんはギリギリまで

4Fの習得に頑張っていたみたいですから。

だからこそ一度戦いの場を降りたら

なかなか戻る気にならない理由かもしれない…

 

 

そう考えると、ますますリーザ様が偉大に思え

今は4Lzにもチャレンジしているみたいで

練習であれば4Tも決めてるし!

 

結局リーザ様、ザギトワちゃん、メドべのなかでは

唯一トップ争いに残れた存在ですからね。

メドべは平昌前から、4Sを練習するような発言をするけど

実際に跳んだ映像とか一度も上がってないし

セカンドループも使いこなしてないし

どこか自分で限界を決めてしまった気がする!

 

せっかくメドべはカナダに練習拠点を移したのに

北米色の強いプログラムをやったのは1シーズン目だけで

しかも、途中からロシア色の強いプロに戻しちゃったし

フィギュアに関しては、かなり保守的だと思う。

そういう線引きが、リーザ様からは感じられず

自分で限界を決めてしまわないから

トリプルアクセルを再び成功させ、使いこなすまでに至り

さらに4回転ジャンプにも挑み続けられる理由でしょうね~

 

 

そこが羽生結弦選手とリーザ様の共通点に感じられ

ホントは年齢的なもの以上に

自分の中で限界を作らない心持ちのあり方が

高難度ジャンプの挑戦には、比重が高いんじゃなかろうか?

 

さらに羽生結弦選手は、レミエンと「天と地と」のように

プログラム選びにも振り幅の広い特色を出して

スケーターとしてのイメージを狭めないことも

心の柔軟性が、よく表れていると思うし。

そうやって、いつまでもチャレンジ精神が旺盛なことでも

羽生結弦選手は生き生きと成長することにつながり

自然発光するかのごとく

ずっと輝きを放ち続ける秘密でしょうね~

羽生結弦選手の今年の運勢!人に対して好意的な感性の持ち主

 

 

やっていて感じるのは、まだまだ自分は成長できるなということ

ドイツ解説に字幕入り! アイスベアさんTwitter動画

鍵山優真選手とプレカン! 華鶴さんTwitter動画

始球式まとめ! yosihideさんTwitter動画

 

友野一希選手の卒論! CocoさんTwitter画像

11年前の発言! ばぶうさんTwitter画像

力作コレクション! yuzumiyuzuさんTwitter画像

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。