カテゴリー別アーカイブ: 樋口新葉

羽生結弦展グッズのシュシュ大好評いつでも目をそらさない!

 

暦は、いよいよ12月を迎え

2020年も、あと残すは1ヶ月になりました。

 

スポーツ庁が発表した、国際競技大会優秀者に

羽生結弦選手はブライアン・オーサーコーチと共に

選ばれたのが伝わり、おめでとうございます!

こちら詳細 blue cosmosさんTwitter

 

さらにユースオリンピック競技大会優秀者に

鍵山優真選手と共に

吉田唄菜選手と西山真瑚選手の名前が挙がっているので

こちらも、おめでとうございます!

それからロッテでは、新たなキャンペーンが始まり

羽生結弦選手のオリジナルマルチケース全4種が

対象商品4個お買い上げで、4枚プレゼント!

 

ただし、オンラインでは受注生産となりますので

キャンセルは固くお断わりさせていただきます、ですと。

2020年12月1日(火)10:00~12月7日(月)23:59:59まで。

こちらロッテ公式サイト

 

 

それからノッテステラータ・プロジェクト

「羽生結弦 展 共に前へ」東日本大震災 あの日、そして今

では、オフィシャルグッズ第10弾が紹介されました。

 

ノッテステラータ、レクイエム、悲愴の衣裳デザインを

モチーフとしたシュシュになります。

ワンポイントアクセントとしても取り入れられる

お洒落なアイテムです! 各1,870円(税込)

オフィシャルグッズに、なんとシュシュがくるとは

これは予想してなかった~嬉しいサプライズ!

どれもデザインからして可愛いので、大好評ですね~♪

 

これは欲しい人が多そう、大切に身に着けたいし

シュシュとは、もしかして羽生結弦選手のアイデアでしょうか?

防災グッズとしても見落としがちだから、いいアイデア!

こちら公式Twitter画像

 

 

20-21シーズンのグランプリシリーズが終わり

いつもなら、ここでファイナルの話題で持ちきりになるのに

今シーズンは開催について不透明のまま!

 

だからなのか、まだ高橋大輔選手の話題が目立ち

だからと、あまりにもメディアが推しすぎると

ごく一般的なフィギュアファンからも疑問視する声が…

ずっとアイスダンスのファンだった人からみると

こんなに脚光が当たって嬉しいという意見はありますが

同時に、優勝した小松原美里&コレト・ティム組の扱いは

影が薄すぎると反感を買ってますね~

 

アイスダンスを盛り上げたいというのなら

それは、ごもっともな意見に感じられ

小松原美里&コレト・ティム組について

もっと紹介するような報道をすればいいのに。

 

まあ、これだけトピックスになれば

スポットライト症候群と称された高橋大輔選手も

さすがに満足ではなかろうか?

こういうメディアによる偏向報道は

アンチを生みやすい原因というのが

よく分かる代表的な前例になった気がします。

羽生結弦選手どうみたNHK閉幕によりEX感想アイスダンスなど

 

 

今回NHK杯で女子について

スケ連は坂本花織選手推しだったという意見がみられました。

せっかく、いい演技をしたのに

こういう印象をもたれてしまうのは残念なこと。

スポンサーリンク

でも、確かに最終的な女子の結果からも

1位と2位の差は、点数ほど開いてない気がしましたから

スケ連は坂本花織選手推しであった疑念を

メディアの報じ方により、決定づけてしまう可能性を生みます。

 

ただ過去を振り返ると、今回2位だった樋口新葉選手を

シニアデビュー当時はめっちゃゴリ押しをしてた記憶があり

その当時とは、まるで扱いが違ってしまいました。

 

そのメディアの態度に振り回されることなく

新葉ちゃんは、アスリートとしての姿勢に徹し

ひたむきに練習を続けることで

今回トリプルアクセルを着氷したのだろうし。

メディアは、簡単に手のひら返しをするものと見極め

それより自分の信念を一途に貫いた方が

選手として、確実な成長につなげられる気がして

それを新葉ちゃんがみせてくれたと思います。

 

 

そういえば羽生結弦選手も、16-17シーズンだったか

確かヘルシンキワールドでショート5位の結果に

メディアは一斉に、トップ3の元へ行ってしまったとか…

 

それまで現地入りやドローなど

羽生結弦選手をメインに報じてたのに手のひら返しで

でも結局は、世界最高得点で優勝を果たしてしまうというのが

まさに羽生結弦選手のスゴさなんだな~

そういう目に、史上最高のスケーターと称される

羽生結弦選手でさえ味わっているのだから

メディアの態度なんぞ

いちいち気にしちゃいられないのかもしれませんけどね!

 

 

それに羽生結弦選手は、そういう目にあってるからこそ

「羽生結弦 展 共に前へ」を計画したり、風化させないため

いつ何時でも、被災地から目をそらさないことを

発信し続ける根拠になっている気がします。

 

羽生結弦選手のなかでは「ノッテステラータ(星降る夜)」

「天と地のレクイエム」「悲愴」が

被災地への想いが秘められるプログラムなんですね…

「天と地のレクイエム」はそのままだから分かりやすいけど

「ノッテステラータ」と「悲愴」は

改めて、そうなんだと納得するものがあります。

 

しかも、被災地支援について展開するとき

「ノッテステラータ・プロジェクト」と名付けることで

暗闇の中でも明るく瞬く、満点の星空を思い描けるところが

素敵な発想だと思います…

羽生結弦選手になら巻き込まれたい新たなプロジェクト発表!

最後に、報知の「羽生結弦2021カスタマイズカレンダー」

専用販売サイトに、第三者からの不正アクセスがあり

個人情報が流出した可能性があることが判明し

オンライン販売につき中止だそうで、心配ですね…

被害がありませんように! こちら詳細記事

 

 

羽生結弦展の告知! 公式チャンネルの動画

本気を出すと! ゆづマミさんTwitter画像

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。