羽生結弦選手またひとつ段階を上がったのを感じさせる境地!

 

味の素の餃子の新しいテレビCMは

広瀬すずさんが出演するみたいですね~

おそらく冷凍食品のなかでも

味の素は、餃子推しとみた!

 

そのなかでも「しょうがギョーザ」は

パッケージに羽生結弦選手の写真が使われ

つい手に取ってしまいますね~

 

羽生結弦選手の新プロフィールによると

好きな食べ物は「餃子とイチゴとプリン」。

ちびゆづちゃん時代には「いちごとりんごとトマト」だったので

今回はリンゴとトマトがエントリーされてませんけど。

 

子供の頃に、赤い食べ物が好きだったのが伝わり

きっとお母様は免疫力アップなど考えて

身体にいいとされる赤い食品を選んでいたのでしょうね。

 

それから羽生結弦選手は広島カープ好きですから

チームカラーに赤が使われているのが

好きな理由のひとつに挙げていたこともあり

好きな食べ物にも影響してたかも~

ただ羽生結弦選手は14-15シーズンのGPS中国杯で

衝突事故にあって以来

競技では、赤い衣装を身に着けることはありませんが…

羽生結弦選手について最新を知ることができるプロフィール!

 

 

ストックホルムワールドでは、喘息の発作を感じる中

羽生結弦選手は3位に輝く結果を残しました。

 

「もう完全に枠をとって

オリンピックにつなげて行くっていうことが1番だったので

だから勝ち負けではなくて、とにかく日本の枠取りに

全日本王者として最大限貢献するということを

1番の目標にやってきました。」

さらに羽生結弦選手は

出発直前に、仙台で大きな地震があったことでも

こう語っています。

 

「それと、あとはもちろん自分自身

この世界選手権に出るか出ないかっていうことを

ギリギリまで迷いましたし

3月の、あのー来る時にちょうど地震がおきて

えーかなり、えー気持ちの方も

あ、これは出ないほうがいいってことなのかな?とか

いや、そもそもこのような状況の中で僕は出ていいのだろうか?

っていうことをまた改めて悩んで…」

羽生結弦選手の発言を小出しにするフジの懲りない報じ方!

 

「そんなに今回、何か結果結果っていう感じがあまりなくて。

とにかく無事に、何の不安もなく、日本にしっかり帰って

しっかり健康な状態で

この試合を終えられたらいいなっていうふうに思ってます。」

これらの発言からも、いろんなことが重なり

「だから勝ち負けではなくて、とにかく日本の枠取りに

全日本王者として最大限貢献するということを

1番の目標にやってきました。」

という境地に至ったのであろうと感じます。

 

 

だからなのか、羽生結弦選手は試合後とても落ち着き

かつて「負けは死も同然」とまで

言ってた激しさがあまり伝わりませんでした。

 

こういうこと、前にも1度あったな~という感覚があり

それは大ケガを負いながら

平昌オリンピックで66年ぶりの2連覇を果たしたときでした。

試合後、報道ステーションに出た際に

松岡修造さんと語った出来事になります。

 

羽生結弦選手は、今回試合をやって達成感に満ちあふれ

文句をつけたいところが特にないと。

こんなことは初めてであり、とても満足していると。

 

松岡修造さんはジャンプの着氷が乱れたことを例に出すと

それが羽生結弦選手にとっては、今の実力のMAXであり

今回のケガを経たことで、制限があるのを初めて感じて

スポンサーリンク

もしかしたら、このオリンピックが最後になると思えたり

特別なものとして中間点に感じていると。

そのときも、とても羽生結弦選手は冷静であり

オリンピック2連覇したことで子供の頃からの夢が叶った

達成感に満ちあふれるかのようでした。

羽生結弦選手オリンピック2度の金メダル達成感は幸せの結晶

 

 

それから、今回ストックホルムワールドの試合後に

羽生結弦選手による発言になりますが

4回転アクセルを決めたら

辞めてしまうのかという質問についての答えになります。

「そのアクセル決めたと言っても

どう決まったかにもよるんじゃないですかね。

なんか自分が納得できているのかできていないのかとか。

4回転半を凄い頑張ってやっているというか凄いフォーカスして

目標としてやっているというのも

結局は自分の心が満足できるかできないのかっていうのが

たぶん根本だと思うんですよ。

だから、4A跳んだとして満足できるのかっていう内容だったら

もしかしたら考えるかもしれないですし。」

 

今回のストックホルムワールドで

フリー「天と地と」を完璧ノーミスできて

もし優勝できたら、かなり自分の中で満足できていたと思う。

やりきったなと思えただろうと。

 

でも、それは叶わなかったわけで

それで良かったんじゃないか。

「天と地と」は(4回転)アクセル無しの構成により

全日本で、すでに完成しているから。

やっぱり「天と地と」はアクセル込みで

なおかつ、他のジャンプが崩れなかったり

プログラムとして完成させるような練習を

常にしていかなくちゃいけないと考えていると。

羽生結弦選手がめざす最終目標にとっては大きな収穫あり!

 

 

羽生結弦選手はストックホルムワールドで

ちょっとしたトラブルがちょっとずつ続いていって

最終的にほんのちょっとのほころびが全部につながったと。

 

「1つずつほんのちょっとずつずれているだけなので自分の中で。

だから順位だとか、点数だとか

それ以上に自分の中ではやりきれたなという感触もあります」

あくまでも達観し、羽生結弦選手の気持ちの中で

満足できれるかどうか比重を置かれるのが伝わり

またひとつ段階を上がったのかもしれませんね…

参考にしました詳細記事こちら!

共感する意見! sakiさんTwitter ※要スクロール

 

 

事前番組! こちらTwitter動画

平昌FS曲かけ練習! こちら動画

考えるポーズ! yosihideさんTwitter動画

トリノGPFにて! sakuraさんTwitter ※要スクロール

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。