カテゴリー別アーカイブ: 宇野昌磨

宇野昌磨選手TCC4回転フリップ成功に初100点超SP結果!

 

シングルは男子の宇野昌磨選手をはじめ

女子は宮原知子選手と本郷理華選手が出場する

チームチャレンジカップが、いよいよ開幕しました!

 

さらにTCCはチームアジアとして

キャプテンに荒川静香さんが登場。

北アメリカやヨーロッパでも、トップ選手が集結します。

 

今回は日テレ系の地上波放送のみ観戦予定ですが

テレビで観る感じでは、どうも音響が気になったけど。

まさか会場音ってことはないと思いたい。

かなりこもっていたような、ズレていたような~

 

 

そして日テレ系による実況にも注目しましたが

女子は荒川静香さんがチームキャプテンだから

解説ができないのは残念だけど。

 

まだTCCは公式試合というわけでないみたいなので

八木沼純子さんでも大目に見られるかな~

鈴木明子さんでも、良かったかもしれないけど。

 

ただ鈴木明子さんは振付師の活動も始めるので

独自の視点の発言により特別感が伝わるから

ゲスト解説の方がいいかもしれないし。

 

あと男子は本田武史さんなので観やすく

男子は織田信成さんか、どちらかの解説であれば安心!

 

日テレ系の局アナは予想以上になじんでいたし。

やはりフジテレビ系が異様なのかもしれないと

再確認したくらい。

 

さすがに、三田友梨佳アナのような声質は

フィギュアスケートにキャスティングしない方が無難だな~と。

 

 

今日はシングルのショートSPが放送され

デニス・テン選手がいたのに第1グループ男子のみカット。

まったく日本選手が絡んでないので、ここは仕方ないのかな~?

 

でも日本の3選手はフルで観られたし。

今シーズン最後の演技になるから、どのプログラムも感慨深い。

 

どうしても直近に開催された世界フィギュア選手権の印象が強く

TCCは緊張感が程よく薄いことでも集大成らしく

ノーミスが目立ち、良質の演技が続きました!

 

だからプログラムの完成度を楽しむ視点でも

TCCは結構楽しめる内容に感じましたよ。

 

 

ただ本郷理華選手は最後の「キダム」はジャンプの失敗など

惜しい結果なので、フリーFSに期待します。

 

宮原知子選手はTCCまで、SPはノーミスってスゴ~イ!

しかもパーソナルベスト73.28点だから

ISUのPBスコアとなる四大陸72.48点を上回りましたね。

 

ただしTCCは非公認により、スコアは参考記録みたいだから。

まあ親善試合と同じような大会なので

プレッシャーも少ない影響からの得点とも考えられるし。

 

 

そうなると宇野昌磨選手の素晴らしいSP結果まで

あくまでも参考記録とは、ちょっとばかり惜しいですね!

 

なんと宇野昌磨選手は自身初のSP100点超えを達成し

105.74点を記録、これはネット情報によると

世界歴代SP最高得点の4番目になるみたい。

 

宇野昌磨選手より高得点は、すべて羽生結弦選手の結果です。

今シーズンのグランプリファイナル110.95点

ボストンワールド110.56点

GPSのNHK杯106.33点

 

次いで宇野昌磨選手となり

あとハビエル・フェルナンデス選手が102.54点で

今シーズンのユーロの記録です。

 

 

しかも今回TCCの宇野昌磨選手による

SP「Legends」はジャンプ構成に注目!

なんと4F、後半に4T+3T、3Aだから、トップクラスの高難度。

 

今回の宇野昌磨選手による4回転フリップは認定され

出来栄え点GOEが0.76加点されてます。

 

さらにさらに、後半4T+3Tコンビネーションジャンプ成功と

こちらは少々メディアの注目度が薄いのは仕方ないですが

スポンサーリンク

宇野昌磨選手は2つのジャンプで世界初の偉業を残しました!

 

ただ初見で観ると4回転フリップは、やや着氷が踏ん張った感。

スロー再生で観た方が流れは綺麗なジャンプでした。

15日のアイスショーで成功した4回転フリップの方が

クリアなので、もっと加点を期待できる精度を高められそう!

 

 

しかも今回TCCでおもしろいと思ったのは

ジャンプは6種類トゥループ、サルコウ、ループ、フリップ

ルッツ、アクセルの順番で難度が上がります。

 

上から2つ目の4回転ルッツ成功のボーヤン・ジン選手は

SP「タンゴ・アモーレ」で93.18点。

現時点の最高難度のジャンプ構成とされ

今回4Lz+3T、3A、4T。

 

2人とも2本目から後半らしく

ファーストジャンプはボーヤン・ジン選手の4回転ルッツの方が

コンビネーションでもあり、当然ながら高得点です。

 

しかし宇野昌磨選手は後半にコンビネーションにすることでも

なんと2人の技術点TESによる基礎点は0.02点差!

だから宇野昌磨選手の演技構成点PCSが

いかに高いのかと読み取れますね。

 

 

それが納得する表現力とスケーティング技術。

やはりステップやスピンは芸術性の高さにより

宇野昌磨選手の方が、流れに乗った演技の印象ですからね~

 

さらに、つなぎやエレメンツの入り方が宇野昌磨選手は美しく

どうしてもボーヤン・ジン選手の演技はぎこちなさが目立つし。

それはそれでボーヤン・ジン選手のキャラに

まだ似合う若さや雰囲気なので、微笑ましく見守れます。

 

ますます宇野昌磨選手がめざすところは正しい方向性に映り

理想とする羽生結弦選手の進む道とは、最高地点であり

確実性の高い印象をを与えますね。

 

しかもSP「Legends」は初期の演技では

宇野昌磨選手の苦戦ぶりが伝わるほどだったのに。

プログラムとしても完成度は高まることが

鮮明に伝わるのが素晴らしいですね!

 

この調子を来シーズンに、そのまま継続できれば

羽生結弦選手のライバルとして

一気に宇野昌磨選手は浮上することは現実的になります。

 

それを羽生結弦選手自身も待ち望むことから

ちょっと明日のFSは楽しみ~♪

 

 

そして注目を集めるロシア女子のシングルは

すっかり宿命のライバルのように扱われがちな

エフゲニア・メドベデワ選手と

エレーナ・ラジオノワ選手が出場します。

 

SPでラジオノワ選手はトリを務めましたが

ジャンプをことごとく失敗してしまい

演技後に笑顔はなく、かわいい顔が曇りました。

 

その結果TCC女子のSPは

1位エフゲニア・メドベデワ選手77.56点

2位が宮原知子選手73.28点

3位がグレイシー・ゴールド選手71.34点

 

残念ながらラジオノワ選手は61.36点か~

シーズンベストがGPSロシア大会の76.69点だから

さぞかし、これは悔しいだろうな!

 

 

あと本郷理華選手は60.43点で

同じチームアジアの

エリザベート・トゥルシンバエワ選手が65.44点!

やっぱり、これも本郷理華選手は悔しい結果だろうし。

 

もう1人クリケット女子は

ガブリエル・デールマン選手も68.45点と

なかなか演技としても迫力がありました。

 

やはり安定して力を出し始めているので

この女子2選手は、来シーズンも目が離せない感じ!

 

しかし本郷理華選手は、明日は得意のFS「リバーダンス」で

巻き返しを期待しちゃいます。

大好きなFS「リバーダンス」も、さっとんの「ため息」も

最後の輝きを目に焼きつけなくちゃ!

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。