カテゴリー別アーカイブ: 全日本フィギュア

羽生結弦選手SPスピン不可解ジャッジを世界中が見逃さない!

 

羽生結弦展に出かけてから

1週間ぶりに街中まで足を運びましたが

若干、人出が少なくなってるような~

 

せっかく、そう思ったのに

昨日の東京のコロナ新規感染者は2001人!

2000人超は、今月9日以来となり

金曜日としてはこれまでで2番目に多くなりました。

 

この分だと、来月に入っても

新規感染者が減少に向かうだろうかと心配ですが…

 

東京はオリンピックを開催する気がホントにあるんなら

今のままじゃマズいんじゃないかな~

本音をいえば、目標の新規感染者500人でも

多すぎる気がしますけどね!

 

羽生結弦展をはじめ、イベント中止や縮小が

このところ目立つようになりましたから。

今回も不要不急の外出は自粛するように、自覚することが

もっと一般的に伝わるようになるといいですね!

緊急事態宣言が再びの中やっと羽生結弦展に行って来ました!

 

 

外出から戻って、ネットをみたら

なんとアメリカナショナルが始まってた!

 

てっきり今日からだと思い込んでいたので

ビックリでしたが、女子ショートSPがおこなわれます。

ごく簡単な結果になります。

1位 プレディ―・テネル 79.40点

2位 アリサ・リウ 76.36点

3位 マライア・ベル 72.37点

4位 カレン・チェン 70.99点

女子SP動画集 Blue cosmosさんTwitter

 

演技をまったく見てないとはいえ

この点数、全体的に出てるな~というのが第一印象!

さすがアメリカのナショナルだと思いましたが。

ネットによると、今回アリサ・リウ選手は

高難度ジャンプは跳ばないらしいから

3Aやクワドがない女子の試合になるわけで

こんなにSP70点以上が出るなんて!

 

 

それにしても、アリサ・リウ選手が大人っぽくなってて

それもビックリした!

最初TLでみたとき、アリサちゃんだと気づかなかったくらい。

 

アジア系でも、海外の女子選手って

一気に大人びたりするから驚かされますね~

アリサちゃんは1年で、身長が8センチくらい伸びたらしい!

あと、グレイシー・ゴールド選手も出場したみたいで

どうやら今回では最年長というのをみかけましたが

グレイシーちゃんがそんな立場になるとは

ソチのイメージが強く、光陰矢の如しですね~

 

 

でも、アリサちゃんとテネル選手は

SPノーミスだったということですから

それなら、まだ高めの点数に納得しましたが。

 

テネル選手が1位だったことに喜ぶ意見がみられ

そういえばテネル選手に、ジャッジがシブいというのを

このところ言われるようになりましたね!

テネル選手が冷遇される理由は、いろいろ推測されてましたが

あくまでも傍から見ると意味不明で

どこの国もこういうのあれば、すぐ止めてほしいですね!

羽生結弦選手も体験した後味の悪い試合はなくなってほしい!

 

 

こうなると思い出すのは、全日本でのSPで

羽生結弦選手がスピンでノーカンだったことですが

試合後、日本スケート連盟を通して

競技責任者の文書が発表されました。

 

羽生結弦選手のシットスピンは

「足替え前はシット・ポジション(姿勢)が成立しているが

足替え後は2回転連続したシット姿勢がなく

スポンサーリンク

姿勢が成立しておらず、0点という認定になった」と説明した。

文書によると、ルールでは「シット姿勢のためには

回転脚の大腿部が少なくとも氷面に水平」

「スピンの姿勢が成立するには連続した2回転が必要」

「足替えあり一姿勢のスピンの場合には

SPではどちらか一方の足で姿勢が成立していなければ

0点になる」と定められているという。

 

SP終了後、すぐ説明がなかったのは

「その選手のみがフリーの演技での修正が可能にとなる

公平性にかけますので、競技終了まではお答えできません」

参考にしました詳細記事こちら!

 

 

羽生結弦選手がフリー後に

フジテレビに出演して、演技の本人解説をしてくれたとき

SPについて語った内容になります。

 

「初戦ということで力が入り過ぎていたことがあったので

昨日、それを感じられて良かったなというのが

率直な感想です。」

さらに、スピンについて

「正直いって、もっと丁寧にやればよかったと思っていて

どこが原因とか、ちゃんと聞いてるわけではないので。

まあ、コーチたちとまた分析してやるしかないと思うんですけど

でもまあ、自分自身が気持ちよくやり過ぎていたってのがあるし

まあ、今日みたいにもうちょっと客観視してやってあげれば

もっとプログラム自体が生きてくると思いますし

いいものになってくるんじゃないかと思います」

こちらぴのさんTwitter動画

 

 

ただし、SPのスピンのノーカンについては

元選手やスペシャリストがみても

原因が、明確には分からず!

 

このような判断がつかない、微妙な内容のものであれば

選手に有利な判定をおこなうことが通常になりますが

それをノーカンにしたことでも

大きく物議をかもした理由になると思います。

それから微妙な判定のとき

される選手と、されない選手の偏りを感じられることでも

今回は大きく注目を集めることになったような~

 

特に今回、羽生結弦選手の演技は減点しようがない

演技に感じた人が多い証拠でしょうから。

こういう不当に感じられるジャッジについては

日本中どころか、世界が見逃せなかった気がします。

でも、こうやって多くが採点競技の正当性に

視線や意識が向かうことにより、特定の選手ばかり

不可解な減点をされる不公平ジャッジをなくすためにも

抑止効果として機能するようになれば、とも思います。

 

 

公式練習後インタまとめ! ゆづマミさんTwitter動画

医療関係者の皆様! ぴのさんTwitter動画

ジュエリー! ゆづマミさんTwitter画像 ※要スクロール

かわいい猫ちゃんと一致! 海外ファンさんTwitter画像

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。