カテゴリー別アーカイブ: 織田信成

羽生結弦選手は優等生というより勝ちたいアスリート気質!

12日に、織田信成さんの復帰戦がおこなわれ

なんと3247日ぶりに

競技会に出たことになると。

参考にしました詳細記事こちら!


フィギュアスケートの国体の予選は

フリーのみでおこなわれ

織田信成さんは146.05点により

みごと優勝を果たしました。

おめでとうございます!


フリーは「もののけ姫」を演じ

冒頭ジャンプ4Tは

惜しくも転倒してしまいましたが

ジャンプ7本中6本を着氷させます。


トリプルアクセルも2本決め

なかなか完成度の高い

演技になったみたいですね~

こちらご本人Twitter


国体の出場は12月1日に最終決定だそうで

もし出場が決まったら織田信成さんは

4回転ジャンプを2本決めたいということです!

こちらプロトコル

羽生結弦選手が火をつけたのか織田信成選手の現役復帰!



そして昨日にかけて

22-23シーズンのグランプリシリーズ

第4戦イギリス大会が開催され

男子は、もう最終結果が出ました。


1位 ダニエル・グラスル 264.35点

2位 デニス・ヴァシリエフス 254.56点

3位 佐藤駿 249.03点

4位 島田高志郎 247.17点

5位 壷井達也 226.13点

6位 ロマン・サドフスキー 219.35点


佐藤駿選手はショート4位につけ

みごとフリーでは表彰台入りを果たしました!

代わりに、首位発進のサドフスキー選手が6位か~

なかなか結果につなげられませんね。


駿くんは、冒頭ジャンプ4Lzを転倒しますが

そのミスを引きずらずに

まとめたらしいのでよく頑張った!


ネットによると、三浦佳生選手の

ファイナル進出が決まるらしく一番乗り。

駿くんも第6戦のフィンランド大会が残り

ファイナルの可能性もあるのでファイトー



さらに、女子ショートの結果になりますが

1位 三原舞依 72.23点

2位 イサボー・レヴィト 72.06点

3位 アナスタシヤ・グバノワ 66.82点


舞依ちゃんが首位発進ですから

これはもしかしたら

GPS初優勝があるかもね~


「戦場のメリークリスマス」を演じ

2本目ジャンプの3F着氷が乱れただけみたいで

自己ベストに迫り、フリーも頑張って!

参考にしました詳細記事こちら!



さて、11日はいろいろあったけど

振付師のシェイ=リーン・ボーンさんと

羽生結弦選手の対談だけでなく

NHK-BSでは「語り亭」の放送もありました。


その中でも気になった発言があり

また、野口美恵さんが出たようですが

でも今回はなかなかいい発言に感じます。

参考にしましたこちらブログ!


「羽生選手が若い時に

『勝ちたいと言っていいんだ』

という空気を作り上げた。


本田さん以降ちょっと『いい子』というか

『自分との闘いです』というか

勝ちたいと言ったらいけない

という空気があったのを変えた。」


正確な言い回しではないですが

ソルトレイク以降バンクーバー後くらいまで

そういう雰囲気があったのではないかと。

なるほど~



ただ、フィギュアスケートについての記憶が

スポンサーリンク

2006年のトリノオリンピックくらい

からしかないので、ソルトレークに関しては

正直なところ分かりませんけど。


でも当初、確かに「自分との闘い」と

発言する選手がやたら多かったかも~

それは、もちろんそうなんですけどね。


羽生結弦選手が「勝ちたい」と言うことで

雰囲気を変えたということは

そういえばその通りかもしれません。


トリノの頃はそういえば

荒川静香さんVS村主章枝さんという

対立関係がバチバチだったような~


それがバンクーバー世代になると

浅田真央さんのライバルは

韓国のキム・ヨナさんに象徴されてたかも。


だから国内選手同士は仲良しみたいな空気が

異様に強調されてたかもしれないな~

と、今になって振り返れば

そんな気がしますね!



そこへ物凄い勢いで駆け上がってきた

羽生結弦選手という新星が

フィギュアスケート界に

突如、現れたわけです。


それまでは、どこかはばかられる

「勝ちたい」という言葉を

堂々と言い放つことに

もしかしたら先輩たちは焦ったかもね~


そして、仲良しこよしのぬるま湯につかってた

先輩ファンたちは心を乱され

それも羽生結弦選手のことを

やたら「生意気」だと評する理由かもしれない。


しかし、羽生結弦選手により

「勝ちたい」と一石を投じられ

男子フィギュア界は新しい局面を

向かえる時代に突入したのでしょう!


だから日本男子は活性化され

国内で勝ち抜くことが難しくなり

そのまま世界のトップ争いにつながるほど

レベルが底上げされたわけです。

羽生結弦選手は社会現象になるほどの衝撃の生中継に!



人によっては羽生結弦選手のことを

優等生と煙たがるような見方があるけど

品行方正なことは確かにそうですが

それ以上に、アスリート気質なんだな~


それに羽生結弦選手は

いい子ぶってるわけではないので

素直に「勝ちたい」という本音を

ぶつけてきたのだと思います。


もしかしたら、いい子ぶってたのは先輩たちの方で

羽生結弦選手の「勝ちたい」という

ストレートさに面喰い

そこから目が覚めたのかもね~


つまり羽生結弦選手とはシニアデビュー当時から

フィギュアスケート界に刺激を与える起爆剤であり続け

それは今もまったく変わってないと思います。

羽生結弦さんはすげぇ後輩への影響もう革命は始まる!



ガムのCM! こちらTwitter動画

有能プロデューサー! こちらTwitter

手足が長いと! Twitter ※要スクロール

告白! こちらTwitter ※要スクロール

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての記事と動画や画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.



スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。