羽生結弦選手FaOI前半は終了アイスショーツアー金沢の異変!

 

羽生結弦選手の出演したアイスショー

「Fantasy on Ice 2018 in KANAZAWA」について引き続き。

 

やっと全編を通じ、テレビ放送されたのを観ることができたので

そちらの感想を中心に、また気づいたことがあり

順を追って書いていきますが

ちょっと時系列どおりではないところがあるとご了承ください。

 

なんせ全編放送は4時間もあり

最後1時間近くはハイライトのようでしたが、そこは断念し

それでも鑑賞するだけで、3時間は掛かってしまうので

なかなか観るチャンスが難しい放送でした。

 

しかも羽生結弦選手が言うとおりに

アイスショーの中身が濃厚なので、流れのままに鑑賞したくて。

 

そうなるとトイレタイムさえ、なかなかままならぬほどに

難しい事態になるミッションでしたが

なんとか全部に目を通して、満足度が高いこと!

FaOI後半戦ツアーは、1週開けて再開されますが

次はメインスポンサーのP&G本社のある

いよいよ神戸公演になりますね~ FaOI公式サイトこちら!

 

 

まず第一印象でステージングが進化しているのが伝わり

動きにキレがあり、さらに華やかさが増しますね~

プル様の登場に、もちろん金沢でも歓声は高まり

そのクライマックスを迎えるのは世界のYUZURU HANYU~♪

今回ちょっとばかりステップアウトしちゃいますが

それでも羽生結弦選手は3Aを軽やかに決めちゃうので

きっと、ネイサンくんが尊敬してくれるー

 

オープニング登場のプル様から、羽生結弦選手の流れは

もう観客のみなさんのエネルギーが大爆発なくらい

待ってました!感が画面を通じて伝わりますね。

 

オープニングアクト「PIECES OF A DREAM」は

ケミストリーの歌声が耳になじむせいか

幕張公演より、ねっとりが目立たないような~

すんなり耳に入る歌声に感じ、デュオが心地よいです。

ケミストリー歌唱のインサートがチラッとあったり

みんなプログラムに慣れたのか、幕張のような必死感ではなく

ゆとりをもって優雅に滑っている印象がありますね~

 

 

羽生結弦選手の登場シーンは

金沢では、盛大にトップスがめくれ上がり

すっかり腹ガバ状態です。

しかし涼しい顔でセルフコレオを滑り

織田信成さんとのハーモニーが美しく重なり

途中から激しさが増し、じっくり魅せますね~♪

 

羽生結弦選手は明らかに口ずさむほど、大きく口元が動きますが

群舞になると「ポケットの中~♪」という歌詞のところで

ポッケに手を入れる振り付けを

悩ましい表情と共に演じてくれてます。

ここが現地レポによると、新しくなったというコメントがみられ

幕張でアップで映らなかったあたりなので

新鮮に感じられることでも、やたら目を引きますよね~

 

2番目で、パートナーはあなた~♪みたいなところがあり

最後は束の間のペアダンスですが、ここは最初だけ映らず。

でも現地レポによるとコストナー選手をくるんと回すのが

タイミングがあわず、2人の笑顔が大きい理由らしい。

だから暗転になってから、羽生結弦選手はコストナー選手を

もう1度くるりんと回しているのでしょうね。

秀さかえさんTwitter動画 林檎の花さんTwitter動画

 

とっても微笑ましくて、素敵なシーンですよね~♪

この2人のペア、大人の可愛らしさがあって好き!

 

 

ソロプログラムは、紀平梨花選手からフレッシュにスタート!

「La Vie En Rose」を演じてくれますが

デコルテを飾るバラの花飾りが素敵ですね~♪

ただオープニング衣装と、ちょっとトーンが似てるような。

続いて、日本女子2人のことを書いちゃいますが

鈴木明子さんと安藤美姫さんはどちらも

May J.さんとコラボプロがありますね~

 

安藤美姫さんは白百合のイメージとされましたが

え~ッ、美姫ちゃんってそうかな?

むしろ深い真紅、黒に近いくらいのバラで

華やかでも棘があるように感じるけど。

あと衣装が、昔のマリリン・モンロー風でセクシーなんだけど

この選曲にあっているのかと…

でも衣装そのものは色といい、デザインといい素敵なので

ちょっともったいない、素肌の露出が多すぎる気がします。

 

あっこちゃんはいつもながら、どちらも衣装は素敵で

特にコラボプロの衣装のスカートが

ロマンチックでありながらも、可愛らしかった~♪

あと「風の神の歌」がめっちゃ良くて、神秘的な感じ!

ザギトワちゃんのEXと並べたいくらい

あとコリヤダくん妖怪の世界観なら近いものがあり

ちょっと新境地という感じで、あっこちゃん良かったー

 

 

そして織田信成さんは「Nat King Cole Medley」と

ケミストリーとのコラボプロがあり

どちらも両手タノジャンプを跳んでたぞー

しかも両手タノが美しいので驚くほど!

正直ロシア女子はタノジャンプを跳んでもザギトワちゃん以外

あんまり腕の感じが美しくないけど

ザギトワちゃんに次ぐほど、織田信成さんは綺麗だったー

 

両手タノは、教え子に指導できるように習得したらしく

めっちゃ上手にこれからもなっていきそうで

織田信成さんは、また現役に戻って欲しいと

これからもずーっと言われるほどの実力者ではないでしょうか?

もちろん猫足着氷の見事さも変わらず

解説によると膝と足首の柔らかさが、あの着氷を生むらしく

織田信成さんの着氷技術は、今でも世界一といわれるくらい!

 

全体的なジャンプの流れなら、世界一は羽生結弦選手で

特に入りからの流れが美しいとされるので

着氷技術を織田信成さんから体得すれば

まだまだ進化は止まらんかもしれんぞ!

あとハビも調子のいいジャンプは、着氷が美しく

やっぱクリケット組のジャンプ能力の高さは傑出してますね!

ハビはセンチメンタルな感じのプロが新鮮で

あと「ラ・マンチャの男」をやってくれました~♪

 

 

海外女子はコストナー選手と

ジェーニャこと、エフゲニア・メドベデワ選手になりますが

コストナー選手の円熟味に対して

やっぱ、まだまだジェーニャはこれからという感じ!

もちろん現役だけで試合をやると表現力は高いけど

こうやってアイスショーの流れでみると

もうちょっと評価を抑えないと、物足りなく感じちゃうけど…

 

コストナー選手はバイオリニストの宮本笑里さんとコラボした

「You Raise Me Up」の素晴らしいこと!

さらに、もう1曲の円熟味もたまらんが

あと衣装がシンプルでも素敵、特に2曲目のグリーンが好き~♪

ジェーニャは解説といい、ネットといい

すげー高評価なので期待したら、また悲劇の聖女系だった…

セルフプロデュースらしいけど、やっぱエテリコーチは関係なく

その路線が好きなんかな~?

 

 

ジェーニャはタノをつけるジャンプは高さが出てたけど

特に1曲目で、踏み切るとき深ーく沈むので力を溜める感じなのに

ジャンプがめっちゃ高さがなくて勢いがなく

ちょっと踏切とアンバランスなくらい、まだ戻ってないかも~

 

あとセルフプロデュースというわりには

エテリコーチ色が強くてマイムあり、タノあり

悲劇の聖女で新鮮味があんまりなかったけど。

コラボプロ「Memory」も既視感のある路線だし…

いいんだけど、またしてもアイスショーまで似た感じが続くので

ちょっと「Memory」後半は単調に感じられ

だんだんと盛り上がるとか、もっと変化がほしかった!

 

 

特に1部の後半、プル様から始まり

ジェーニャ、ランビエールさん、ヴァーチュ&モイアーと

贅沢なラインナップでみると、ジェーニャはまだまだ若いので

ちょっと評価のわりに見劣りする気がしちゃいました。

しかも、ジェーニャの直後に演じるランビエール様が対照的で

淡々としている感じから始まり

だんだん激しさが増してくる感じが胸に迫り

めっちゃ感動して、号泣してしまうほどいいですね~♪

 

なんとなくストーリー性さえ薄いプロに感じるのに

技術の高さはもちろんですが

特定の誰かを演じてないけど、表現力が素晴らしい感じ。

その直前にみたジェーニャは、対照的に顔芸が満載で

そういう部分だけを表現力といってないと思うけど

やっぱり質が違ってしまいますね~

 

まあ、このラインナップの中であれば大健闘なので

それくらいの視点から褒めないと

ちょっと解説も期待値を上げ過ぎじゃね?

ヴァーチュ&モイアーはアイスショーでも素晴らしく

現地レポでトイレ休憩に立つ人が多くて、もったいないと納得~

アンナちゃんとラノッテさんの鏡を使うプロと

学生風コスプレ衣装により、コラボプロも可愛いし~♪

 

 

でもFaOIの固定メンバーともいえる

プル様、ジョニー・ウィアーさん、ランビエール様に

あとジェフリー・バトル先生はいずれも個性が光り

さらに、どの演技も見逃せない秀逸なプロばかりでした!

スポンサーリンク

プル様は皇帝の風格をもちながら芸術性を極め

ジョニーさんは美しさを追求したエンターティナーで

ランビエール様は技術力の高い繊細なアーティストで

ジェフ先生は振付師の視点で楽しめる上手さ!みたいな~

 

まずプル様はSOIでも書きましたが

他の誰かが演じる「タンゴ・アモーレ」とは別物、別格!

そして「ニジンスキー」はロシアの芸術性の極みという感じ。

ジョニーさんの「スワン」は夢中になったトリノを思い出す。

あのままの衣装で演じてくれましたー

あと「クリープ」でしたっけ?

特に後半が、幻想的な世界観へと誘い込むようで魅惑的です。

 

ランビエール様は先ほども書きましたので

ジェフ先生に注目すると、音を全部拾い上げているところが

さすがで、全部の音がプロで生きている感じでした。

解説でも言いますが、この演技にこの称賛であれば納得する!

これだけの演技を、一度のステージでみられるとは魅力的で

アイスショーではFaOIならではだから

ますます見ごたえがあるのを実感しちゃいますね!

 

 

そしてオオトリを務める羽生結弦選手とケミストリーの

コラボプロ「Wings of Words」では

完成度を上げた演技という印象をもちました。

 

まあ、羽生結弦選手に限らずになるのかもしれませんが

全体的にもステージングにメリハリが生まれた気がして

それが華やかさだったり、見ごたえが増しますね!

羽生結弦選手もセルフコレオのところといい、コラボプロといい

すっかり自信をもって演じている感じがあり

やっぱ今見ると、まだ幕張では探り探りだったかな~?

 

だから精悍な青年に成長したような印象をもち

プログラムも一緒に成長している感じ。

あと泣いているという歌詞の振り付けが明確になり

乙女な部分も演じ分けたりして、いつも器用ですよね~

ただジャンプは1本目3Aは、またステップアウト気味な着氷で

2本目は綺麗に決めますね。

翼を表現するように背後に伸ばす腕も力強く

幕張のときより、ピーンと張り詰めてます!

 

 

だからフィナーレでリベンジしたのかな?

一芸大会のとき、まずランビエール様が4TをSO気味に跳び

さらにハビが4-3で跳ぶので

次に織田信成さんと共に、羽生結弦選手の番がやってきます!

2人の呼吸を合わせるようにタイミングをみながら

カウンターから3Aのサイドバイサイド!

となれば3Aが代名詞になりつつある

紀平梨花選手を次に指名し、なんとかジャンプを決めます。

 

その後に、以前にも書いたように羽生結弦選手が背中を押して

ミーシャ・ジーさんとジェーニャのことを前に出します。

gabbさんTwitter動画

さらに周回になると、羽生結弦選手はプル様を先頭にしたくて

また結局ヴィクトリーランみたいになっていますが

今回は手をつなぎ、くるくるっと羽生結弦選手は回ります。

 

次に全員で記念撮影の準備が始まり

その時間を使って、羽生結弦選手は4T+3Aを跳びます!

ただ3Aは、またステップアウト気味に。

しかし疲れちゃったみたいで前列に並べられた椅子に

女子っぽく、おしとやかに座っちゃいます。

 

すると羽生結弦選手は、担当者にそこじゃないと指摘され

「なにか?」みたいに小首傾げて、とぼけて可愛い~♪

M姐さんTwitter動画

 

 

羽生結弦選手はす~っと滑って後列のセンターに行くと

プル様に入れてもらい、ジェフ先生に挟まれて安心したのか

ちょっと甘えて、プル様の肩に頭をもたれかけると

めっちゃプル様が優しい眼差しで微笑んでみつめてる~

こういうところがあるからプル様はきっと

羽生結弦選手が可愛くて、たまらんだろうな~♪

 

ニコニコで撮影を終えると、アーティストさんたちを

氷上にあげるためにMay J.さんと宮本笑里さんの

手を取って、羽生結弦選手が王子様みたいにエスコートします。

 

それにMay J.さんは申し訳ないみたいに

ファンに向かって、手を合わせてお辞儀して丁寧ですね。

でも王子様の素敵な羽生結弦選手が見られたから、いいんだよー

あと周回を追って滑り出すとき

タオルを観客席に投げるフリをして、ノンノンノンして

めっちゃ羽生結弦選手はこのとき楽しそうですよね~♪

 

Yuzu_Axel_111さんGIF

羽生結弦と宮原知子の日本代表センターで始まるFaOI幕張!

 

 

なのに最後の最後に、あの3ショット撮影があったわけで…

昨日は現地レポの内容をお伝えしましたが

あれから映像をもう1度観たら、あれれ~

なんか目撃されたのと、ちょっと違うかもー

ちょうど読者の方からコメントをいただき

同じところに気づいた方がいたので

多分、見間違いではないと思うのですが…

こちら動画① 動画②

 

最後に送り出すシーン、羽生結弦選手のことばかり見がちですが

画面の左に目をやるとジェーニャとミーシャが!

その感じをみると、全然ジェーニャが帰りたがる雰囲気ではなく

むしろ3ショットを撮る気満々だと読み取れます。

 

逆にミーシャの方が肩を掴まれ、羽生結弦選手の方を向かされ

ジェーニャに3ショットを撮るように促される感じで

ミーシャがジェーニャに気遣ったとかいうより

従わされているくらいの女王様っぷりですけどね~

えらい印象が違うので驚いちゃいますが

まあ、むしろ従来のジェーニャらしい感じで

ひたすら舎弟のごとく、ミーシャは命令に従うような!

羽生結弦選手アスリートとして報道否定した発言のとらえ方

 

 

ちょっと以前に書いた内容と重なるとこがあるかもしれませんが

羽生結弦選手が、アーティストさんに1人ずつ挨拶した先に

ミーシャとジェーニャが待ちかまえています。

笑顔が消えた羽生結弦選手は

ぶっきら棒に、ミーシャとジェーニャに握手しますが

その後、観客の声援に応えるように手を振り

おそらく挨拶がしたかったのでは?

 

それをいいからという感じで、挨拶の途中なのに

ミーシャが遮り、そのまま強引に3ショットに持ち込むので

まあ、ジェーニャの思うままでしょうね~

ちゃんとお客さんに

羽生結弦選手は丁寧に挨拶がしたかったのでは?

それをいい加減に扱われ、怪訝な表情になった気がします。

羽生結弦選手の気持ちを、思いやる気がないのでしょうか?

 

しかもアーティストさんが最後、客席に向かい挨拶するシーンで

羽生結弦選手は脚光が当たるようにしたかっただろうに…

アーティストさん全員を待たせた上で

その場を、つぶすような真似をしたことになります。

羽生結弦選手は顔をほとんど隠してしまい

一応は3ショットに、しかたないので映ってますね!

あの場から逃れるのは難しいシーンですよね…

 

その間アーティストさんたち、みんなを待たせるわけだし。

その場を素早く処理する方を優先させる感じです…

 

 

まずアーティストさんも、今回は最後になる方がいて

ずっとスケーターのサポートに徹してくれてるわけだから。

羽生結弦選手は、もっともっと丁寧に感謝を伝えたり

観客席に紹介して、盛大な声援を送ってほしかったはず!

それを自分たちの欲求ばかり優先しているのが読み取れ

とにかくジェーニャとミーシャには、がっかりです。

ファンは大事みたいなことをいうけど

そういう扱いをしちゃうのって、本心でしょうかね?

 

これは羽生結弦選手でなくても、気分を害する行為で

ちょっと人間的なマナーとしてもどうなんだろう?

これって、羽生結弦選手が一番嫌がる行為であり

そこに真実の友情があるのでしょうかね?

 

少なくとも、この場面から感じられず

ジェーニャのクリケットクラブ行きに気が重くなる一方だ~

羽生結弦選手クリケットクラブ所属選手で名前が出ないのは?

でもね、羽生結弦選手がファンを大事にしたり

関わる周囲を心から大切に思う人間性は

しっかりと伝わることに、やはり心は救われますね!

羽生結弦選手FaOI金沢千秋楽でプー耳!スリーショットの疑問

 

 

オープニング 秀さかえさんTwitter動画① 動画②

コラボプロ 秀さかえさん動画 ※限定公開

金沢の詰め合わせ Lorando Muffinさん動画

※上は限定公開なので、念のため例のシーンは32分くらいから。

コースチャーさんinstagram画像

 

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です