カテゴリー別アーカイブ: 王子の衣装

羽生結弦選手の受賞により胡散臭さを吹き飛ばす威力を放つ!

 

日本スケート連盟から

ISU ジュニアグランプリ大会およびチャレンジャーシリーズ大会

への派遣中止を決定だそうです!

 

試合がないのはとっても残念だけど

でも選手の安全を考えてくれた方が安心ですからね~

正直、ホッとしました。

こちら日本スケ連公式Twitter

 

羽生結弦選手の誕生日は12月7日。

平昌オリンピックで2連覇が決まったのが2月17日。

そして初代の最優秀選手賞MVSに輝くのが7月12日

ということで、縁の深い数字が3つ並びますね!

 

それからネットの「投げ銭」(ギフティング)が

スポーツ界でも、にわかに注目を集めていますが

選手とファンとの交流を通じて新たな応援コミュニティーを

形成するスポーツ特化型のサービス、だそうです。

 

なんと、きっかけは羽生結弦選手のプーシャワーが

ヒントになっているようです!

「フィギュアスケートの羽生結弦から着想を膨らませた。

『ピーンと来ました。演技終了後に投げ込まれる

ぬいぐるみや花束を見て

デジタル上で応援や愛情の気持ちとして形にできないかと』」

参考にしました詳細記事こちら!

 

 

さて、第1回ISUスケーティング・アワードにて

羽生結弦選手が初代MVSに輝くことで

スポーツニュースやスポーツ紙が一斉に取り上げ

さっそくMVSとしての役割を果たしてますね~

 

おそらく羽生結弦選手が選ばれたことで

一般視聴者の支持率の高さからしても

きっと各局の話題に取り上げられるのだろうし

メディアの注目度をビシビシ感じます!

そして他、ノミネートされた選手たちは

だいたいがラフな普段着で出演してましたが

羽生結弦選手が一番TPOにあったスタイルに感じました。

 

ノータイで、堅苦しくなり過ぎず

だけど表彰式ということで敬意が払われるフォーマルさがあり

昨日も書きましたが

MVSを贈られるにはピッタリではないかと。

しかも、羽生結弦選手がスーツ姿で登場したことで

ISUアワードは格式あるイベントへと引き締まったと思います。

やっぱりMVS受賞者が普段着では

あまり、ふさわしくない気がしますね~

 

おそらく初回ということでも

受賞シーンは、今後何度もリピートされるだろうから

羽生結弦選手のスタイルが正解だと思います!

羽生結弦選手が初代MVS!順当な結果に落ち着く表彰式に

 

 

最終ノミネートを発表した段階でISUアワードは

すっかり胡散臭さあふれる雰囲気に包まれてましたが

羽生結弦選手をMVSに選んだことにより

その淀んだ空気が、一掃された印象に変わりました!

発案者のアリ・ザカリャン氏の発言などにより

それまで怪しさが満載だったのに

もっとも重要な賞に、羽生結弦選手を選ぶことで

一気にクリーンな表彰式に変わりましたからね~

 

ネットでは、もともとアリ氏主導の受賞を予定してたけど

あまりにも批判が大きく

IOCや北京オリンピック関係からの反発もあり

軌道修正されたのでは?という説があるくらい!

 

もちろん真相は分かりませんが

そういう胡散臭いものを吹き飛ばしてしまうほど

羽生結弦選手は清らかで、強い威力があるのを感じました。

政治的であったり、商業的な要素をもっと薄めて

こういう路線で選出が続くのであれば、とは思いますが

スポンサーリンク

ISUアワードは次もやる意味があるのだろうか…?

羽生結弦選手を引っ張りだすISUアワードのプロモーション

 

 

そして、羽生結弦選手がMVSを受賞したときの

英語スピーチが訳されてました。

こんな風に報じられるのも異例なことではないかと。

 

「先ほど同じことを言いましたが、繰り返させてください。

この賞にノミネートされてうれしく思います。質問に答えます。

個人的には、ファンの皆さんの目と声は

すべてにおいてプレッシャーとなります。

私はいつも期待とプレッシャーを感じています。

たとえ、それが単なる練習だったとしても

私はそれを感じています。

正直なところ、時にはそれはきついし

何か自分を閉じてしまいたくなると感じることもあります。

 

でも、そのプレッシャーが私をより強くします。

もし誰からも何も期待されなかったらと思うと、ゾッとします。

なぜなら、その期待度こそ

達成して満足したいと思っているレベルだからです。

もちろん、常に100%納得できる結果を

見せられるわけではありませんが

常に120%の力で彼らの期待に応えようと努力しています。

責任は非常に大きいですが

期待に応えて成功を収めた時の達成感は

言葉では言い表せないほど素晴らしいものです。」

参考にしました詳細記事こちら!

 

 

「フィギュアスケートはスポーツです。

ショーではありますが、私たちはアスリートで、競技です。

1人だけでは競技にはなりません。

多くのアマチュアスケーターがいて競技は成り立っています。

これがスポーツとしてのフィギュアスケートです。

 

日常生活において

ほぼ常にフィギュアスケートについて考えています。

常に、より強く、よりうまくなろうと考えています。

1人のアマチュアスケーターとして、一生懸命、頑張って

自分が望む結果を出したいと思っています。

家族やファン、コーチが私に期待するものをかなえたい。」

次世代の若きスケーターへアドバイスを

「すべてのスケーターは

それぞれが自分が表現したいスタイルを持っています。

それぞれ表現したいこと、できることは違います。

だから私はアドバイスする立場にはありません。

世界のトップスケーターたちの、最高のフィギュアスケートを

見ることを楽しみたいと思っています。」

参考にしました詳細記事こちら!

 

 

無機質なペットボトルをきれいな水玉に…羽生選手に力を引き出してもらっていると感じた時

羽生結弦MVS、成績に加え影響力など貢献度も考慮

羽生 初代最優秀選手賞に「まさか」 揺るぎない実力、絶大な人気を評価

 

おめでとうキャンペーン! アイリンNEWSさんTwitter

日テレ予告! ∞さんTwitter動画 ※要スクロール

ベストコスチューム! 伊藤聡美さんTwitter画像

ISUアワード動画集! ぴのさん動画

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。