カテゴリー別アーカイブ: ロシア女子

紀平梨花選手GPF優勝の快挙に女子の熱戦は新時代の予感へ!

 

日曜の朝におこなわれたことで

もしかしたらライスト観戦した人は限られるかもしれませんが

注目の女子フリーFSが開催されましたが

なんと、その直後ジュニア女子の試合がありました。

 

なんとなくシニアより、ジュニアは先におこなわれるような

そんなイメージが勝手にありましたが

テレ朝系でも流してくれたので

まず、ジュニア女子の結果になります。

 

1位 コストルナヤ  217.98点

2位 トゥルソワ 215.20点

3位 カニシェワ 198.14点

ジュニア女子の動画集 Sandra BisencoさんTwitter

ジュニアであろうと、この高得点にビックリですが

トップ選手は来シーズンに何人かシニアに上がってくるから

いろいろ思うところはありますが、ただ現時点で見ると

やっぱり身体がまだ小さいから4回転ジャンプに有利かもね~

 

 

バンクーバーGPFの女子FS結果

1位 紀平梨花 233.12点

FS150.61/SP82.51 TES78.21/PCS72.40

 

2位 アリーナ・ザギトワ 226.53点

FS148.60/SP77.93 TES75.90/PCS72.70

 

3位 エリザベータ・トゥクタミシェワ 215.32点

FS144.67/SP70.65 TES78.06/PCS66.61

 

4位 坂本花織 211.68点

FS141.45/SP70.23 TES74.45/PCS68.00 減点1.00

 

5位 ソフィア・サモドゥロワ 204.33点

FS136.09/SP68.24 TES72.82/PCS63.27

 

6位 宮原知子 201.31点

FS133.79/SP67.52 TES64.23/PCS69.56

女子FSの動画集 Sandra BisencoさんTwitter

女子FSのプロトコル こちら!

 

 

ついに女子は、全員が200点超えになるという

かなりハイレベルな戦いになりましたね~

この点数だけでも、いかに女子が接戦であったかを物語り

その印象通りのシニア女子の戦いでした。

 

第1滑走のサモドゥロワ選手だけリアルタイムでは

演技に間に合いませんでしたが

結局は気になって、ライスト観戦しちゃいました!

でもサモドゥロワ選手は笑顔でフィニッシュしていたことや

トータルスコア200点超えをしていることから

きっと、いい演技だと察せられる雰囲気はありましたが

テレ朝系でみたら予想通り、あと衣装の色が変わりましたね!

 

 

第2滑走の宮原知子選手は緊張の色が濃い印象はありましたが

NHK杯から新しくした衣装が、リンクで映えます。

特に左側の大胆なくらい大きくカットしたデザインと

クールな彩りが、妖艶さを演出する効果を高めますね~

全体を通してみると、ノーミスに見える演技でしたけど

残念ながらキスクラで点数が伸びずに回転不足が心配されますが

3Lzはどちらもとられてしまい、単独はダウングレードになり

さらに3連続冒頭の3Fが回転不足と!をとられてしまいます。

 

しかし最後のエレメンツ、レイバックスピンでは

またしても出来栄え点GOEがなんとオール満点という快挙!

ジャッジ全員プラス5点を出したのって、かつてありましたっけ?

2度目のGOE満点! ごま油のつくねさんTwitter動画

その健闘があったのに、3本もの回転不足はなかなか厳しく

点差を詰められずに6位ということになり

さっとんにとって、ほろ苦い結果に終わりますが

エレガントでありながら凛々しさのある素敵な演技でしたよ!

 

 

続いて第3滑走の坂本花織選手の登場になり

流れのある大きなジャンプで、順調に演技しますが

後半に入ってからのジャンプになる2A+3T+2Tを

最後のジャンプで転倒してしまいます。

スローでみると、セカンド3Tくらいからバランスを崩し

こらえて2Tを頑張ってつけた感じはしますが

織田信成さんいわく3Tかな? つけるの迷ったかもしれないと。

結局コントロールできずに転倒してしまった感じです。

 

でも、それ以外は流れが全体的にスムーズな演技で心地好く

スピンステップもすべてレベル4でそろえられたことでも

キスクラで予想以上に点数が伸びた感じでしたけど

あのジャンプが成功したら、もっと点数が伸びてただろうな~

特に花織ちゃんは4位で終わったことでも

3位との点数差をみてしまうと、めちゃくちゃここの転倒が

もったいない結果に感じちゃいますね!

 

 

リーザ様はザギトワちゃんと紀平梨花選手に挟まれます。

冒頭の3Aは着氷が乱れ、オーバーターンしてしまいますが

ミスは最小限に抑えられたジャンプに感じられます。

 

織田信成さんいわく、世界一のルッツジャンパーであると!

わりと順当に点数が伸びた印象があります。

それ以上にリーザ様は、シーズンによって波が激しいので

グランプリファイナルで滑ることに喜びを感じているような

そんな満足感が伝わるほどに

全体的に穏やかな表情が多かった気がします。

 

平昌オリンピックが終わった時点で、あと2年やってみて

その時の状況によって現役生活を考えるといってましたから

その言葉に秘められた激動の波を予感するような

女子FSは、そんな結果が待ち受けていました…

 

 

注目の対戦となる紀平梨花選手とザギトワちゃんの戦いは

まず第4滑走で、アリーナ・ザギトワ選手の登場となります。

ザギトワちゃんいつもより、緊張するような感じはありましたが

その感覚がまんざら外れてなかったような~

冒頭ジャンプは綺麗に決めますが

2本目の3Lzのコンボがセカンド1Tとなってしまうという

なかなか珍しいミスがみられます。

 

これで一気に緊張が高まりますが

それ以外はノーミスに見える演技に映るのに

なんとなく、いつもより元気がないような気がしますね~

そのときはそれが緊張によるものだと思ってましたが…

スポンサーリンク

今思うと、エテリコーチに厳しい表情がなかったし

ある程度は覚悟していたのかもしれませんね~

キスクラでザギトワちゃんも、そんなに表情が変わることもなく

静かに現実を受け入れるかのごとく映りました。

 

でも織田信成さんによるとジャンプが終わって

直ちにステップなど、つなぎに入るところが驚異的なくらいで

ザギトワちゃんのことを素晴らしいと大絶賛してくれます。

 

 

そして最終滑走は、満を持して登場の紀平梨花選手になりますが

もう、いろんなところで見たことでしょうけど

冒頭ジャンプ単独になる3Aの着氷が乱れたことで

ダウングレードの判定になってしまいます。

しかし2本目の3Aは、セカンドを3Tから2Tに変更して

見事にコンビネーションジャンプを成功させます。

この咄嗟の判断ができることが、さすがで

より確実性の高いのを組み合わせられるのが素晴らしいですね~

 

全体を通して、演技が乱れたのはそのくらいで

ただ終盤のFSSpはまたしてもレベル3で取りこぼしがあり

梨花ちゃんの苦手なスピンでしょうかね?

今までクリーンなジャンプを跳ぶイメージがあったのは

ザギトワちゃんや花織ちゃん、リーザ様あたりになりますが

梨花ちゃんは、精度の高いジャンプが跳べるから

GOEがザギトワちゃんより少しずつ上回る印象があります。

 

それが最終的に、高得点につながるのでしょうけど

演技構成点PCSもザギトワちゃんとほぼ互角まで伸びるし

今回も1人だけ150点台を超える高得点を叩き出します。

スケーティングも、FSはプログラムにあっている印象があり

最後まで視線を惹きつける演技になりますね~

 

 

キスクラで全員が大喜びしているのが微笑ましく

梨花ちゃんの喜び方が、まだ無邪気で可愛らしいし

やはり演技以外の素顔はあどけなさがあふれます。

でもキスクラで点数待ちのときに

やたら何度もザギトワちゃんを映すのを、止めてあげて~

ザギトワちゃんはいい演技だったと親指を立て激励して

アスリートらしく、さわやかな対応でしたけど。

 

それにザギトワちゃんは今回の演技前に不測の事態ともいえる

足を負傷するアクシデントがあったらしく…

詳しくロシアでも報じられたみたいですけどね~

参考にしましたリリさんTwitter ゆらさんTwitter① Twitter②

まったくザギトワちゃんは、そんな様子は見せませんでしたが。

軽いとされてますが捻挫をしたらしく

もしかしたら棄権する必要があるほどのアクシデントだとは

なんとも複雑な思いが残りますね…

 

 

それでもミスを最低限に抑えられたことは大変なことだし

ザギトワちゃんは優勝を逃したかもしれませんが

充分なくらいに、称えられるべき戦いぶりだったはず!

それなのに、もうロシアでは厳しい意見があるらしいですが

でも今回はタラソワ先生が肩を持ってくれるみたいだし

それだけでも救いに感じられますね~

参考にしました詳細記事こちら!

 

平昌オリンピック当時より、ザギトワちゃんはロシアで

いかに過酷な状況に置かれるのかと日本でも伝わる気がして。

だから今回もケガをして、エテリコーチたちは止めたらしいけど

ザギトワちゃん自身の希望により出場したみたい…

そのくらい意地になるのでしょうから

ロシアの厳しい現状を海外でも知られると分かることになれば

おそらく内情的に、少しは違ってくると期待したいですけどね~

共感する意見 ふみさんTwitter

羽生結弦選手と同じく理不尽な不遇に遭うオリンピック女王!

 

 

そして自分の筋肉について語るほどマニアックぶりが伝わり

この梨花ちゃんのこだわり方や、リカバリーの咄嗟の判断といい

やっぱり羽生結弦選手を思い出させるものがありますよね~

 

しかも、これだけ細やかな神経が届くからこそ

羽生結弦選手と紀平梨花選手は

どちらもワールドレコードを叩き出すほどの実力をもつことに

とっても納得する理由になりますよね!

日本の男女によるアベック優勝を狙えるチャンスが考えられ

くしくもソチシーズン以来、さいたまで開催されることでも

同じさいたまワールドで再現が夢ではないかもね~♪

 

 

フィンランドは、ヨーロッパの日本!

海外メディアによる称賛の声とは miruruさんTwitter動画

ニノさん知らない人が見ると… 愛弓さんTwitter動画

スクール革命で流れた平成振り返り norakuroさんTwitter動画

17歳の映像を探したらどえらいこと! yosihideさんTwitter動画

今季トランジションのランキングとは! 柚香さんTwitter画像

スポーツジャーナリストの生島淳さんの言葉 hachiさんTwitter

 

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

18-19シーズンのバンクーバーGPF関連のエピソード!

紀平梨花選手バンクーバーGPFいきなりSP世界最高の快進撃!

羽生結弦選手の世界記録保持はそのままなGPF男子FSの結果!

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。