羽生結弦選手SEIMEI和のプログラムを極めた最高傑作の条件

 

リオ開催の夏季オリンピックは14日目。

ただし、正式には15日目です。

ここまで1日の誤差が出ちゃいました!

まぎらわしいので、このまま通します。

 

日本は台風が影響することもあり

すっかり季節は、晩夏の色合いが濃くなりましたね~

 

夏前は史上最高に、暑い夏と予想されましたが

少なくとも東京の郊外なら、むしろ近年では比較的

過ごしやすいくらいの夏だった気がします。

 

 

午前中に、陸上男子が4×100mリレーで銀メダルを獲得!

もしかして陸上は、このメダルがリオオリンピック初かな?

 

日本男子がトラック種目で

メダルに届くのは08年の北京大会以来だとか。

同じリレーで前回は、銅メダルだったみたい。

 

そのくらい陸上競技で、日本選手が活躍するのは

まだまだ難しいのが現状かもしれませんよね~

 

 

さて、昨夜はシンクロナイズドスイミングのチーム戦。

フリールーティンに、きっと視聴者の注目は集中したでしょう!

見事にシンクロは、チームでもメダル奪還に成功し

銅メダルに輝きました~

 

シンクロはデュエットでも、銅メダルに手が届き

素晴らしい結果でした!

 

井村雅代ヘッドコーチが帰ってくるだけで

こんなに結果が違ってしまうものなのかと。

それも、驚く声が多いですよね~

シンクロ

ただしチーム戦をみると、ロシアの金メダルは納得します。

シンクロの視点から観戦すると

リオでロシアは、パーフェクトとの評価は分かるかも!

 

選曲と衣装デザイン、表現とすべてが高レベルで調和することで

ひときわ精彩を放つ演技でしたね~

 

あの厳かな選曲はロシアらしく、曲調の壮大な感じが出せるのは

体格に恵まれたロシア選手ならではという感じがするし。

しかも衣装が秀逸で、フリールーティンでは唯一というくらい。

水着に鮮明な寒色系をもってくるのが、さすがと思いました。

 

衣装のブルーは、色調の選び方からして上手だし。

胸元とバックスタイルのデザインが素晴らしい!

特に、エンジェルの羽根のような背中に描かれた模様に

ネットでも大きな反響がみられましたね~

ロシア シンクロ チーム ロシア シンクロ チーム 羽根

さらに演技を観ても、ロシアは流れがありながら

やっぱりメリハリが伝わるんですよね。

 

シンクロは、どこのチームも振付をこなすのが

いっぱいいっぱいの感じになりがちなのに。

チーム戦ながら表情が伝わるのは、ロシアくらいじゃないかな?

 

 

あと日本と接戦と評判だった、ウクライナの衣装も良かった!

振付ではイタリアがおもしろいと思ったけど

イタリアは、他の衣装の方が良かったかな~?

 

日本は中国の直後の演技で、アジア2ヵ国が続いちゃうと

そこは最初、ちょっと残念に感じたけど。

 

ただし、中国と日本が続くことで

日本の衣装の色鮮やかなインパクトが魅力的に活かされたので

これは流れで観ないと、なかなか伝わらないんですよね~

 

今後きっとダイジェストでしか放送されないだろうから。

そこを観ないと、あの彩色にした意味が通じにくい気がします。

ただ中国以外の並びだったら、どうだったかな~?

 

やっぱりロシアやウクライナのようにワントーンにした方が

今回のリオに限っては、水着の色彩として効果的だったかも!

日本 シンクロ チーム

おそらく屋外プールということで

自然光による発色の影響を、強く意識したのでしょうね~

しかし同じように屋外という条件を意識した国が多いから

鮮やかな色彩による衣装に、偏りすぎたのかな。

 

 

そしてデュエットとチーム戦を通して

どちらも日本は、和のプログラムが中心でしたね~

 

これは日本のシンクロは、伝統的な特徴の気がするけど。

シンクロはオリンピックごと観ているつもりだけど。

しかし、そこまで記憶が鮮明ではないので

もしかしたら思い違いをしているかもしれませんが。

 

ただ、他の競技もあわせて和のプログラムを鑑賞すると

やっぱり羽生結弦選手の昨15-16シーズン

フリー「SEIMEI」がダントツに傑出する作品に感じます!

スポンサーリンク

 

これはネットでも、シンクロのデュエットの段階から

ちらほら意見が目につきましたが。

 

井村雅代ヘッドコーチの戦略は納得する発言ばかりでした。

しかし、総合的にプログラムをみると「SEIMEI」の方が

完成度が高い印象の作品として伝わるくらい。

 

和のプログラムでは芸術性を極め

「SEIMEI」は凌駕するほどの最高傑作と感じます。

なんでだろう? その差を自分なりに考えながら観戦しました。

 

 

ネットでも意見が目立ったのは、和のプログラムなのに振付を

カナダ人のシェイ=リーン・ボーンさんに

依頼したことは大きいはず!

 

羽生結弦選手は、和のテイストに偏り過ぎないことを意識して

あえて振付をシェイ=リーン・ボーンさんに依頼したと。

これは世界的な視点で、和のプログラムを描けたことでも

確かに成功した要因は大きいと思いました。

羽生結弦 FS SEIMEI

ただ「SEIMEI」は、それ以外も理由がある気はします。

まず衣装を考えると、晴明神社の掛け軸に描かれた装束を

ほぼ忠実に再現しているというくらい。

 

それをヒントに考えたのですが

羽生結弦選手は海外生活の経験が

ここにも、生かされているような気がします。

 

 

なんとなく和のプログラムは必要以上に

和テイストを演出するものが、多い気がします。

 

日本人からすると実際はそうじゃないけど

日本を表現するなら、伝えやすくするために

デフォルメに、そういう要素が必要か~みたいな。

むしろ「SEIMEI」は、そういうものを排除した印象です。

 

振付を、シェイ=リーン・ボーンさんにすること以外に

まるで譲ってないというか。

もちろんシェイ=リーン・ボーンさんにより

日本の精神性について、解釈が素晴らしいというのは重要です。

 

必要以上に和テイストを強調しなくても

羽生結弦選手は存在するだけで日本人であることを

ごく自然に表現できると、確固たる自信があったのでは?

 

それは単純に、チームメイトの仲良しハビといると

羽生結弦選手は顔が薄いと感じることを発言したり

どちらかというと、コンプレックスになることも含めて。

羽生結弦×野村萬斎

日本人という本質は変わらないので

必要以上に和テイストを加えずに。

むしろ野村萬斎さんの指導により

古来からの伝統文化や、日本独自の芸術的視点から深めたりと。

 

ひたすら羽生結弦選手は「SEIMEI」の世界観を追究し

その意味が大きく、バランスとしても調和したのでは?

 

だから衣装は、平安時代の色彩感覚のまま。

フィギュアの衣装だから、装飾の華やかさは加えても

伝統色を「かさねの色目」の色彩美で

表現するであろう彩色に徹する雰囲気です。

 

世界の視線を意識しすぎて、つまり媚びてないので

「SEIMEI」の精神性がストレートに描かれた気がします。

野村萬斎「徹子の部屋」教え子の羽生結弦選手について語る?

 

 

さらに海外では、羽生結弦選手自身の魅惑的な美しさや

表現力の豊かさにより神秘性として届き

「SEIMEI」の世界観が理解しやすい条件に通じたのでは?

 

そこが数々の、過去に演じられた和のプログラムと

「SEIMEI」の決定的な違いの気がして。

羽生結弦 FS SEIMEI

なかなか「SEIMEI」を超える作品とは

今後も和プロで登場するのは、難しいであろう予感がします。

福原愛と羽生結弦オリンピックに輝くメダルリレーは仙台へ!

 

 

そして羽生結弦選手は、日テレの24時間テレビに

やっぱり何かしら関係しそうですね!

 

22日の20:54~21:00に24時間テレビ39について

放送があると情報が流れ、にわかにネットが賑やか~

なにか告知か情報解禁なら、さらに嬉しいですけどね!

 

どうなる、日テレの24時間テレビ!

羽生結弦選手の帰国カナダから日本へ真夏の時間は束の間?

羽生結弦選手アイスショーシーズン2016年すべて欠場を発表へ

 

関連する羽生結弦選手の衣装エピソード

七夕に羽生結弦選手SEIMEI衣装は四季の花々が織りなす雅の彩り

羽生結弦選手を彩る桔梗が咲く季節の家紋にまつわる物語!

羽生結弦選手の紋付羽織袴は仙台藩士の誇りを受け継ぐ伝統色?

 

新シーズンに向けて振付関連

羽生結弦選手の新プログラム振付とプロフィール画像の変更とは

羽生結弦選手の新プロCOMING SOON世界中の視線が注がれる!

羽生結弦選手×ジェフリー・バトル名コンビSPバラ1最後の閃光

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です