羽生結弦選手こそが最高難度クワドに挑戦し続けている説!

 

今シーズンは、珍しいことにGPS第3戦まで

まったくバンケットの画像など見かけないので

でっきりISUから、自粛するよう達示があったのかと思ったら

中国大会ではバンバン発信されてるー驚いた!

 

これでバンケットの画像などSNSで禁止されてないことが伝わり

どこか、ホッとした気持ちは正直ありますが

なぜスケートカナダでは、せっかく羽生結弦選手がいるのに

写真が1枚もなかったのだろうか…?

 

例えば、シニアデビューしたばかりの

カムデン・プルキネン選手とか、羽生結弦選手が大好きなので

ツーショットでも撮ったら嬉しくて

世界中にお披露目しそうなくらいの勢いを感じたのに。

 

あとナムくんもいたので、なにか羽生結弦選手との

仲良し交流の発信があるだろうと期待したけど

何事もなく、日々は過ぎ去りましたね~

羽生結弦選手以外でも、何もありませんでしたが。

 

これはGPファイナルやワールドを期待して

お楽しみは後にとっておく、ということかもしれん!

中国バンケットでは、日本チームの和気あいあいが伝わり

緊張から束の間でも解放された表情が嬉しいですね~♪

バンケットでも、さっとんが大活躍だし

真凛ちゃんもここでは笑顔が多く観られてよかった!

 

 

そして今回の中国大会で、ボーヤン・ジン選手は

グランプリシリーズ初の優勝になるらしく

意外でしたが、ますますおめでとう気分が高まりますね!

表彰台で金メダルを、自分から掛けにいくところが

めっちゃボーヤンくんは微笑ましいぞ!

こちらbethさんGIF

 

ボーヤンくんの表彰台といえば、シニアデビューの年に

ワールドでいきなり銅メダルに輝きますが

金のハビをスルーして、真っ先に銀の羽生結弦選手に向かい

握手を求めたことが印象深いですね~♪

もともとボーヤンくんも羽生結弦選手好きを公言しますが

それが、ありありと伝わる場面を目にするのも

ファンにとっては嬉しい光景になります。

羽生結弦選手が未来と讃えるほどボーヤンは正統派ジャンプ!

 

 

GPS中国大会は男女とも、納得の表彰台メンバーなことでも

観終わってから気持ちのいい試合だった印象が残りました。

ついボーヤンくんにファイナルへ行ってもらいたいと思いますが

2試合のポイント合計が20ということで

いつもこのくらいが、ボーダーラインになる気がします。

 

ファイナル進出がもう決まったネイサン・チェン選手と

すでに羽生結弦選手はポイント15、ほぼ当確と予想され

あと1試合が残るジェイソン、サマリン、ナムくんが13

アリエフ、エイモズが11で続きます。

この上位メンバーだけで、ボーヤンくんは惜しくもハズレになり

よほど自爆しない限り、みんなファイナル進出の望みはあるけど

あと2試合、どんな展開になるか目が離せません。

2019-20 GPポイント表 スポーツナビの公式サイト

 

 

女子は昨日も書きましたが

やっぱり宮原知子選手に、ファイナル進出してほしい!

 

中国大会に出場したことでも

2試合とも3位だったリーザにばかり意識がいってましたが

あと表彰台組は、テネル選手もいました。

リーザと同じ、2試合終わってポイント22で並びますが

テネル選手は2位があるので、リーザより優先されます。

しかしもう1試合が4位なので、ロシア戦で表彰台に届けば

さっとんが6枠目を射止めることになりますね~

 

エテリ3人娘とザギトワちゃん、紀平梨花選手は固いので

ここに、さっとんが入れば試合としてもおもしろいはず!

スポンサーリンク

表現力で勝負できる、現時点の最高峰となる女子なので

エテリ3人娘の技術に対して、どう挑んでいくか見ものですね~

 

 

そして、今シーズンはエテリ3人娘による台頭から

フリーの4回転ジャンプで逆転というパターンが目立つせいか

なんとなく4Lzに、いろんな意味で注目が集まる気がします。

2試合目でシェルバコワ選手のルッツジャンプが

すべてエッジエラーのアテンションをとられることでも

4Lzが狙い撃ちされているのでは?という噂が流れます。

 

それにエテリ3人娘に限らず、やたら4Lzの挑戦が目立つことから

前々からクワドのなかでも4Lzは

4Loより跳びやすいじゃないかという説が根強くあります。

さらに4Fも、その疑いが濃厚になりますね~

 

おそらく「上で回る族」による4Lzは別物でしょうが

「下で回る族」4Lzや4Fは、4Loより難易度は低いのではないか

という疑問を多くが感じているのが現状だと思います。

その根拠としても、4Loに挑戦する選手は限られているのに

やたら4Lzや4Fに挑戦する傾向が強く

単に点数が高いだけでなく

現実的に跳びやすいのが、その理由になるのであろうと。

 

 

羽生結弦選手は日本人らしく

クワドの難易度順に、律儀に挑戦するのだろうと

当初は単純にそう思っていましたが。

羽生結弦選手が4Loに挑戦を始めてから数年経過しますが

それ以外に、なかなか継続的に挑戦する存在は希少です。

しかも試合で成功した選手は僅かな印象しかありませんね~

これは、ますます4Loの基礎点を見直してほしいですよ!

 

試合で成功させるという意味では、トゥ系ジャンプより

エッジ系の4Loの方が難しいとされるそうです。

ジャンプコーチである本田武史さんも

「Loは右足だけで跳ぶため回転力がつけにくい。

羽生選手は実戦では

もっとも難しい4回転を入れていることになる。」

参考にしましたあさひさんTwitter

 

客観的にみても納得するものがあり、そう多くが感じるなら

羽生結弦選手が気づいてないはずがなく…

フモフモ編集長も記事にしてましたからね~

こちらフモフモ編集長のブログ

得点とか関係なく、ひたむきに挑戦し続ける姿勢を貫くわけで

NHK杯に向けて練習に集中しながらも

羽生結弦選手はどんな想いを今、胸に秘めるのでしょう…

羽生結弦選手も織田信成氏も言葉にしない想いはたくさんある

 

 

モモ博士のブログ 最新記事こちら!

4Lzコレクション! CazruさんTwitter動画

スケカナのプレカン ゆづマミさんTwitter動画 ※要スクロール

TSNのインタビュー yumiさんTwitter動画

ナムくんの胸熱ハグ! おはなさんTwitter動画

 

歴代の優勝の記録 yuzuさぽさんTwitter

嵐と東方神起と同じ扱い ありあさんTwitter

舞台あいさつの監督の言葉 バジルみじんぎりさんTwitter

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての動画と画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.

 

スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。


〜羽生結弦選手と仲間たちの日々を花束にして〜