カテゴリー別アーカイブ: テレビ

羽生結弦選手の好きな「水平線」から入る感想としては!

今シーズン初めて苺を食べました。

もちろん値段はまだまだお高めでしたが

お気に入りの「やよいひめ」が売り場に並べられ

ついつい手にとってしまった!


約1年ぶりの「やよいひめ」は

みずみずしく甘さが口いっぱいに広がり

やっぱり美味しいですね~♪


もう少し価格が下がると買いやすいけど

でも旬の季節には

苺をたくさん味わって楽しみたいです。


しかし、天気予報によると

まだまだ冬本番は続きますから

10年に一度の強烈寒波が到来だそうで

関東も雪が降るのでしょうかね?


仙台も寒そうな日が続きますから

羽生結弦選手は健康なままケガなく

この冬を元気で乗り切れますように!

羽生結弦選手が不在になる途端にガラガラ問題どうなる?



羽生結弦選手によるスケーター史上初の

東京ドームアイスショー「GIFT」は

なんと、全国の映画館にて

ライブビューイングの開催が決定しました。


もう昨日から

チケットの先行販売は始まっていますが。

こちら公式Twitter


でも、東京ドームは4万人もの収容とみられ

さらに全国の映画館83ヶ所でライブビュとは

羽生結弦選手の動員力はスゴ過ぎ~


初の単独アイスショー「プロローグ」に

21万人もの応募があったとされる

中国方面の噂はまんざらハズレてないかも。


羽生結弦選手が好きなback numberは

今年、5大ドームツアーをやるらしいけど。

いつか羽生結弦選手も夢物語ではないかもね~

羽生結弦選手の楽しむ姿はみんなの幸せ紅白まとめ!



昨日のド深夜にback numberの特集

NHK総合「MUSIC SPECIAL」の

再放送を観ました。


まあ、最後の方は

さすがに深い時間で寝落ちしちゃいましたが

ほぼほぼ観られたと思います。


羽生結弦選手が映ったのは

冒頭の紅白歌合戦の部分だけなので

ほんのチラゆづでしたけど

それでも観られてよかった~♪


そこしか映らないことは分かっていたので

今回はなるべくback numberのことを中心に

番組をじっくり観ました。

羽生結弦選手スタッフ偽アカのツイッター公式バッジ問題!



back numberを意識したのは

自分の中では、ほぼ「水平線」からなので

集中して聴くといろいろ新しい発見がありました。

意外と、ラブソングが多いなと。


もともと「水平線」はコロナ禍により

インターハイが中止になってしまったことを

きっかけに楽曲が作られたそうですから。


だから応援歌の色が濃い楽曲で

でも、いかにも応援歌というわけでもなく

優しく流れるメロディや歌詞からも

深みのある応援歌に感じます。


そういう単純明快な応援歌でないところも

back numberの「水平線」を

羽生結弦選手は好きなんだろうな~と

勝手に思ってました。


しかーし「MUSIC SPECIAL」で流れた曲とは

「水平線」以外は、ほぼラブソングばかりで

そもそも「水平線」から入ると

ちょっと意外な気がしましたね~



紅白歌合戦でもback numberは

2曲目に「高嶺の花子さん」をやることに

羽生結弦選手は「マジか!」と

つぶやいてるのが読み取れます。

スポンサーリンク


だから羽生結弦選手は「高嶺の花子さん」を

かなり好きな曲であろうと察せられ

それを目の前で演奏してくれることに

めっちゃ喜んでるのが伝わります。


「高嶺の花子さん」は

憧れのマドンナにいつか振り向いてほしい

という願望を歌詞にしたもので

男子の切ない恋心を描きます。


こんなにも素敵なマドンナだから

そんな女子と恋に落ちるのであれば

きっとモデルのようなイケメンであろうと

妄想を膨らませる歌詞が出てきます。


そういう恋焦がれるラブソングを

羽生結弦選手が好きだということも

なかなか意表を突かれた気がしますけどね~

羽生結弦選手が口ずさんでた曲とは意外にもラブソング?



そして、番組中にもファンの方々に

back numberのどこが好きかという

質問をしているところが流れます。


だいたいの人が歌詞が好きで

だからと描かれる主人公は強いわけでもなく

寄り添ってくれるような楽曲が多いから

自分と重ねやすく、親近感がもてるみたい。


だからback numberは

女々しいと感じられる曲もあり

そういう素直なストレートさにも

ファンは心魅かれるのでしょうね。


そういえばNHKのFMラジオでも

back numberの特集をやった時に

パーソナリティのパンサー向井さんが

羽生結弦選手について、こう言ってましたね!


「とんでもない才能の持ち主で

もちろん努力もありますけど

『ネタンデルタール人 』って誰かを羨む歌。

羽生さんでもあの感覚共感できるってことなんですよね」


うん、今ならこの主張がとても分かる。

羨む気持ちとか人間の弱さを隠さず

back numberは赤裸々に歌っていますね!

羽生結弦選手はいい子、宮城のアイスショーは満天の星!



そのときヴォーカルの清水依与吏さんも

羽生結弦選手について言ってましたが。


「今でも『スーパースターになったら』

聴いてくれてるみたいで

とりあえずスーパースターのご自覚はないと」


東京ドームのアイスショーをいっぱいにするくらい

羽生結弦選手はスーパースターになっても

ロミジュリを演じた頃やソチの時のように

きっと純真無垢な心は変わらないままでしょう。


だからと順風満帆な人生だったばかりでなく

苦節を人一倍味わうのに、大切なところは

決して変わらないのが羽生結弦選手なんだな!

羽生結弦選手は圧倒的で特別であると一流ほどよく知る!



音に敏感! こちらTwitter動画 ※要スクロール

トロントでの人気! こちらTwitter画像

矢野桂一さんインタまとめ! こちらTwitter

世界は必要とした! こちらTwitter

みなさま、アップをありがとうございます!

すべての記事と動画や画像の転載と転用は、ご遠慮ください。

Please don’t re-upload or edit.



スポンサーリンク

Per favore!


人気ブログランキングへ

ポチッとな!エールになります。